« 松屋で厚切りポークソテー定食を食す。シャリピアンソースがたっぷり。 | トップページ | 7/5からの大雨で京都の桂川が氾濫。水位モニターとライブカメラを見る。 »

2018年7月 5日 (木)

#又吉直樹のヘウレーカ 、7/4は「本当のことは目に見えないのか?」あの錯視で有名な杉原厚吉さんとふしぎなえの安野光雅さん登場。

杉原厚吉さんと言えばものすごい錯視動画で有名。例えばこれらとか。
ではメモ。
---
又吉さんが廊下を歩く。明らかにおかしい、とぶつぶつ言いながら。
窓に近寄ればどんどん遠くの建物が小さく見えるという。
目に見えたものが本当?本当に自分が見えているのと同じようにみんなが見えているのか?考え出すと怖くなる。
そして杉原厚吉さん登場。
又吉さんの懸念は、目の錯覚、錯視の一つ、デルブーフ錯視だという。
窓枠があって、それと比較して大きさを見ようとしているので、起きる現象だという。
袖口が小さいと腕が太く、大きいと細く見えるのもそれ。
建物の大きさが変わらないことは理性で知っているのに、それでは打ち消すことができない。
理性とは違うところで脳は判断している。
そして街へ出る。まちかど錯視探訪!
まずは理髪店のポール(青・赤・白)。横に回転しているだけなのに上に動いて見える。
次は青果店。バナナが同じ大きさなのに、2房の下が大きくみえる。
ジャストロー錯視という。
バウムクーヘンでも鉄道模型の線路でも起きる。
色の錯覚もある。
オレンジはオレンジ色のネットに、オクラはグリーンのネットに入っている。
色の同化という。ネットの色に引っ張られる。
玉ねぎも黄色とかのネットに入っている(なるほどー!知らなかった)
理性が役に立たない。
目の構造を見る。網膜に映るのは現実と全く同じ。それが神経を通じて脳に送られる。
それにさまざまな処理を脳が加える。そこで錯覚が起きる。
なぜそんなことが起きる?
明治大学の先端数理インスティテュートに向かう。
建物から外を見ると、、、あれ?真ん中に滑り台があるのに斜面を戻っている。
数学を使って作られるという。

脳は何でも直角だと思いたがるために生じる。

そしてあの有名な鏡の錯視。

計算してこうなるはずだ、方程式を解いて作った。そしてあの矢印も。
網膜に映るのは2次元なので、同じような3次元はたくさんある。
これを全て考えていたら脳の処理が追い付かない。瞬時に脳は判断する。決め打ちで。
その時に直角に多いものを考えるのだ。
なぜ脳が直角だと思いたがるのはわからない。
もしかしたら現代社会の人間だけかもしれない。
アフリカ中部の狩猟民族に錯視動画を見せたら、、、錯覚が起きた。
でもよく見ると直角に囲まれて暮らしていた。政府の定住政策で!(これはすごい話)
直角に囲まれないで育った人類は見つけられないだろうという。
(ここから杉原さんの凄い錯視コレクション動画が。もう何が何だか、、、)
杉原さんが若いころ、ペンローズの不可能図形をコンピュータに見せたら、現実に作れると示してくれたという。
ABCの本、が研究を後押しした。

安野光雅さんの本。

ふしぎな絵を最初に刊行。
安藤さんはエッシャーとペンローズに影響を受けたという。
不思議な絵の魅力は、人をだまして喜んでいるという(笑)
見てる人も騙されるのが心地よい。
杉原さんも安藤さんに会えて光栄だと語る。
--
詐欺の被害にあうというのは錯覚の被害だと語る杉原さん。
普段怖い人がやさしくすると、、、というのも錯覚だなあ、という又吉さん。
本当というのは一番最後にある、という錯覚。
答えのないところで探さないといけない、という脳は無理難題を押し付けられている。
ある程度適当に処理しないと、、、、
でも錯視は人の能力でもある。
それはチェッカーシャドウ錯視。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E9%8C%AF%E8%A6%96

脳にとってはそのもの本来の明るさを判断することが大事。
影が落ちていることを除いたときにどうなんだ、を知ることが大事で、それ以外は脳にとってはどうでもいい。それを間違えたというのはおかしい。
錯視のほとんどが脳が正常に働いている証拠。
今、杉原さんは統一して説明する数学の理論を提唱している。
ミュラー・リヤー錯視を例にする。
瞬時に判断するために、ぼかして粗い画像にして中心線を取り出した情報量を元にしていると仮定する。
ぼかして中心線を取り出すと、確かに短くなっている。
見たからと言ってモノを理解したというのは危険。
脳は無理な作業をさせられてそれでも一番最善をつくした解をだしているのだ。
--
実は杉原さんはだまし絵と線形代数、という本も書かれていて買った!
20180422_171516

« 松屋で厚切りポークソテー定食を食す。シャリピアンソースがたっぷり。 | トップページ | 7/5からの大雨で京都の桂川が氾濫。水位モニターとライブカメラを見る。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/66901469

この記事へのトラックバック一覧です: #又吉直樹のヘウレーカ 、7/4は「本当のことは目に見えないのか?」あの錯視で有名な杉原厚吉さんとふしぎなえの安野光雅さん登場。:

« 松屋で厚切りポークソテー定食を食す。シャリピアンソースがたっぷり。 | トップページ | 7/5からの大雨で京都の桂川が氾濫。水位モニターとライブカメラを見る。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ