« ようやく念願だった映画「バーフバリ 王の凱旋 完全版」を観てきた。評判に違わぬ面白さ!もちろんツッコミどころも満載。  | トップページ | プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光@兵庫県立美術館へ行ってきた。上野に続いて2回目。こちらの方が絵が近い! »

2018年7月17日 (火)

浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族を読んだ。 犬神家の一族、よりも○○館の殺人のような本格ミステリか?方程式を使ったら死ぬ、という数え唄が、、、鶴亀算・流水算・年齢算・時計算など登場。

最初は犬神家の一族のパロディらしく閉ざされた村の豪邸で殺人が、、、(テロじゃなくて殺人ですよ!)なんですが、だんだん館シリーズ(十角館の殺人と時計館の殺人など)の様相を帯びてくるシリーズの異色作でした!私館シリーズ大好きなのでおおっ!と思いながら読んでた。
今回は方程式を使ったら死ぬ、というものなので、出てくるのは
など方程式を使わないで計算するものです。
一つ図形で
このどれかが出てきます。
このお話、途中ではほとんど渚がでないのですが、その理由を作者さんがあとがきで書いていてなるほどー、と思った。首尾一貫されてますね。

« ようやく念願だった映画「バーフバリ 王の凱旋 完全版」を観てきた。評判に違わぬ面白さ!もちろんツッコミどころも満載。  | トップページ | プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光@兵庫県立美術館へ行ってきた。上野に続いて2回目。こちらの方が絵が近い! »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく念願だった映画「バーフバリ 王の凱旋 完全版」を観てきた。評判に違わぬ面白さ!もちろんツッコミどころも満載。  | トップページ | プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光@兵庫県立美術館へ行ってきた。上野に続いて2回目。こちらの方が絵が近い! »

最近のコメント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ