« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月21日 (土)

ホンダのCM"都市とクルマデビュー"のCMソング, Why can't we be friends?じゃないですか!WARがオリジナルだが、Smash mouth版がめちゃくちゃ好き!

ホンダのこのCMソング聴いてびっくり!Why can't we be friends?のカバーじゃないですか!
オリジナルはWARですが、
私がアメリカに住んでいたころ、WWFのCMにも流れていた!このSmash Mouse版が
大好き!なぜか日本語に聞こえる空耳ソング。

2018年7月20日 (金)

”ψの悲劇”(森博嗣さん)を読んだ。別の新しいシリーズとも完全につなげるんですね。新しい形の○○トリック。

前回のχの悲劇の主人公がまた全然別の形で出てきてあれ?と思ったら、それがトリックのポイントの一つになっていたという、、、
あらすじは
「遺書ともとれる手紙を残し、八田洋久博士が失踪した。失踪して一年、彼と縁のあった人たち、そしてある人物が八田家に集まる。そこで悲劇が、、、」というもの。
最初にも書いてますが、あるトリックの現代版(いや未来版か)が出てきます。
で、完全に別のシリーズ(Wシリーズ)と繋げられているんですね。
どちらもやっぱり真賀田四季につながり、結局これまでのシリーズ全部そうなのか、、、
ある意味ジョジョみたいなものなのかな。
荒木先生はもう今後何かいてもジョジョにつながり、でもそれがいい、という。

2018年7月19日 (木)

導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種(Hammerstad-Morgan,Groisse ,Huray)を計算する自作式をカシオの高精度計算サイトにUP!

高周波になると伝送線路のロスが導体の表面粗さで大きく変わることは知られている。

参考文献はこちらなど。

で、有名なモデルとして

Hammerstad Morgan 、 Groisse 、 Hurayなどがある。

Surfaceroughness
これらを使って電気伝導率の周波数特性を計算する自作式を作った。
こちらです。
導体の表面粗さによる電気伝導率モデル3種
Surfaceroughness1
こんな感じで計算できる。
Surfaceroughness2

王将で50周年限定メニュー 夏野菜の黒酢すぶたを食べた。ちょうどいい酸っぱさでおいしい。

プチトマト、なず、ズッキーニ、オクラなど好きな夏野菜とちょうどいい酸っぱさの黒酢の組み合わせでかなり好きな味でした。これは疲労回復によさそう。

20180715_130930

2018年7月18日 (水)

樹脂に粉を混ぜたときなど混合物の誘電率の計算に使われるMaxwell-Garnettモデルをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP!

Maxwell-Garnettモデルというのがある。
樹脂に粉を混ぜ込んだような場合の誘電率や透磁率を計算するもの。

Maxwellgarnett

場合によっては合わないことも多いが、第一近似としてはよく使われる。
これをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUPしてみた。
こちら。
tanδも計算できるようにしている。

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光@兵庫県立美術館へ行ってきた。上野に続いて2回目。こちらの方が絵が近い!

実は3か月くらい前に上野の国立西洋美術館でも見た(のを忘れていた、、、あの時は人体展を観に行ったついでだったので、、、)。館前のポスターを観てようやく思い出した、、、

でもあの時もよかったので再訪問。
20180716_142428
20180716_143151  
20180716_151406  
前回見たときに哲学者をルーベンスとベラスケスが違った風に描き分けているのと、マルスがなんで裸なのか、なんで母乳が飛んでいるか(!)は予習済みなので、今回はじっくりと絵を見ることができました。
圧倒的に東京と比べて人が少なくて絵が近いので非常に楽しめました。30㎝以下で絵が観られるのはやっぱりいい。
やっぱり東京で美術展見るのは無理がある、、、
一度見た方もお勧め。

2018年7月17日 (火)

浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族を読んだ。 犬神家の一族、よりも○○館の殺人のような本格ミステリか?方程式を使ったら死ぬ、という数え唄が、、、鶴亀算・流水算・年齢算・時計算など登場。

最初は犬神家の一族のパロディらしく閉ざされた村の豪邸で殺人が、、、(テロじゃなくて殺人ですよ!)なんですが、だんだん館シリーズ(十角館の殺人と時計館の殺人など)の様相を帯びてくるシリーズの異色作でした!私館シリーズ大好きなのでおおっ!と思いながら読んでた。
今回は方程式を使ったら死ぬ、というものなので、出てくるのは
など方程式を使わないで計算するものです。
一つ図形で
このどれかが出てきます。
このお話、途中ではほとんど渚がでないのですが、その理由を作者さんがあとがきで書いていてなるほどー、と思った。首尾一貫されてますね。

2018年7月16日 (月)

ようやく念願だった映画「バーフバリ 王の凱旋 完全版」を観てきた。評判に違わぬ面白さ!もちろんツッコミどころも満載。 

バーフバリ 王の凱旋は本当に観たかったけれど、評判になっていたころにはもうどこも劇場でやっていなくて、爆音上映会などがあったときもすぐに満席になって観られず、、、

ところが最近、普通に近所の映画館で上映されていることを知った。
(たぶん皆さんの近所でも上映されていると思う。これを参照)
評判通り、めっちゃ面白かった!
最初に1作目の伝説誕生のあらすじが日本語で上映されるんですが、、、すぐに2作目はその続きになると思うじゃないですか。
全然違う!
というか最初はスポンサー企業の紹介が延々続き不安になる、、、大丈夫かと。
でもその心配が杞憂に終わる。
始まったら、、、1作目の続きじゃなくて、1作目の前日譚が2時間続く(笑)
なんじゃこりゃ!
でもこれがめちゃくちゃ面白い!
のと、お父さんバーフバリ、お前戦ってるのお前の国の国民だぞ、、、、お前が鼻の下伸ばさなきゃこんなことにならない、、、と見てる全員が突っ込む。
そしてなぜか飛ぶ○○にさらに突っ込んだら、、、
なんか泣きそうな展開に(おかしいですよね。こんなにむちゃくちゃなのに泣く展開)
指を切った妻に怒って○○を切る(もうここでバーフバリのとりこに)
2時間たってようやく前作の続き。
あの有名な盾で飛んでいく、、、、のが序の口のすごい戦闘が続く。
もうこれは観るしかない作品です。
上のリンクで上映館探して観てない人はみてください。絶対損しません。
観た人も完全版じゃなかった人はもう一回見よう。

2018年7月15日 (日)

#仮面ライダービルド 第44話の話数を表す数式はモンモール数か!でも!5って記号なのかな。

こちらを参照。

http://integers.hatenablog.com/entry/2016/05/31/160607

英語では!nはSubfactorialとかいうようです。

http://mathworld.wolfram.com/Subfactorial.html

20180715_093126

これまでの数式まとめ https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

#仮面ライダービルド 第44話の黒板の数式はKPZ方程式か!

あまりくっきりとは映らなかったのですが、KPZ equation( Kardar-Parisi-Zhang 方程式)という文字やFeynman-Kacが見えた。

20180715_093236

20180715_093352
この分野は日本の研究者の方々が活躍している分野ですよね。

これまでの数式まとめ https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

2018年7月14日 (土)

映画「ジュラシックワールド 炎の王国」をIMAX 3D次世代レーザで観てきた。

ららぽーとExpocityにある109シネマズで観てきました。

20180714_151324

とにかく、島に一頭取り残されたプラキオザウルスが可哀そうすぎる、、、あれは泣けるシーン。
ブルーもかわいい。が、一番印象的な恐竜はインドラプトル、ではなくて頭ぶつけているあれ(なんていうの?)。
そして結構えぐい人間が食べられるシーンが多かったり。
最後の孫娘の正体と同じ境遇にあるものに対してやったことが、、、
これじゃガメラのギャオス襲来だ。。。
ジェフ・ゴールドプラムの最後のセリフでこのタイトルがなぜこうなったのかが判明する。

2018年7月13日 (金)

積を和から計算するProsthaphaeresisと対数表の動作を実際に計算してみる自作式をカシオの高精度計算サイトにUP!

昨日、Tweetしたこれ。なかなか興味のある方が多かったみたいです。

それで実際の動作がどうなるかをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに自作式として作ってみた。

リンクはこちら。

積を和から計算するProsthaphaeresisと対数表

画面はこんな感じです。
Waseki

2018年7月12日 (木)

ロンフーダイニング(ダイバーシティ東京)で酢豚+麻婆豆腐定食を。辛さはサンダーStyleで。

辛さをMAXのデビルStyleにしようか、と思ったけど初来店なんで様子見でサンダーに。
それでも十分な辛さでした。

20180501_165537

酢豚はサツマイモが入っているというちょっと珍しいもの。
20180501_165811
20180501_164700

2018年7月11日 (水)

名古屋駅のWAVEで名古屋コーチン味噌カツカレーを食す。

名古屋めしをこれでもか、とぶっこんだ感じですが、そんなに味噌とカレーは合わない、、、

20180502_144849

2018年7月10日 (火)

矩形マイクロストリップパッチアンテナの設計式をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP!

ちょっと必要になってパッチアンテナの設計式を作ってみた。

基板の誘電率と厚み、周波数を入力すると、パッチアンテナの幅、長さ、指向性、入力インピーダンス、効率、アンテナ利得などを計算してくれる。

リンクはこちら。

マイクロストリップパッチアンテナの設計(効率・アンテナ利得)

Patchkeisan

Antenna Theory - Analysis and Design (2nd edition)

(Constantine A. Balanis)
という私の種本から式を取っています。

ちゃんと球座標での積分計算とかしてるよ。

2018年7月 9日 (月)

「はるか」(宿野かほるさん)を読んだ。ルビンの壺が割れた、で有名になった作家さんの最新作でAIに恋する男の話。PLUTOを思い出す。

ルビンの壺が割れた、で有名になった(私もキャッチコピーを応募する企画でWebで読んだ)宿野かほるさんの最新作を読んだ。
あらすじは
「小学生のころに海岸で出会った少女、はるかに恋をした賢人。大きくなり2人は出会い、結婚する。しかしその1年後にはるかは交通事故で死んでしまう。人工知能の天才研究者であった賢人は会社を興し、はるかをAIで復元しようとするプロジェクトを立ち上げる。
そしてできたAI、HAL-CAは周囲が驚くほど、はるかを再現しており、、、」
というもの。
AIで死者を復元、というのはよくある話ですが、にこういう結末になるとは、、、さすがにルビンの壺が割れた、の作者さん。
手塚治虫x浦沢直樹のPLUTOを思い出した。
あれもAIが〇〇を、、、という話でしたね。
で、全然メノウのジオードのイメージがわかなかったが、こういうのだそうです。
Geodeagate1025
最後の1文は、私は業者に依頼してやらせた、という解釈ですがどうなんでしょ(あのままだとそれはそれで別の話になる)。

2018年7月 8日 (日)

#仮面ライダービルド 第43話の黒板の数式はクォークを記述するQCD(量子色力学)!閉じ込めと漸近的自由、QGP(クォーク・グルーオンプラズマ)などなど。

こんなところを参照:

20180708_093605

仮面ライダービルド数式解説まとめ

https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

#仮面ライダービルド 第43話の話数を表す数式はexp(π√43)≒884736744でした。有名なexp(π√163)がほとんど整数なのと同じ理由でほとんど整数。

マーティン・ガードナーがエイプリルフールのネタにした、として有名なexp(π√163)
(そのためにラマヌジャン定数として知られている)
それとおなじ理由で
exp(π√43)も整数に近い。
こちらが参考になります。

20180708_093401

仮面ライダービルド数式解説まとめ

https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

2018年7月 7日 (土)

ワールドカップで使っているサッカーボールの対称性の変化知ってます?(ジャブラニ、ブラズーカ・・・)

サッカーボールと言えば、普通は切頂二十面体だと思っている方も多いでしょう。

でもワールドカップで使っているボールは、実は年々対称性が変化している。

私はこれを確か”固体物理”という雑誌で読んだような気がする。。。が原典見つからず。

英語ではこれにくわしい↓

https://crystallomath.wordpress.com/2014/02/14/world-cup-symmetries/

https://crystallomath.wordpress.com/tag/brazuca/

チームガイスト→ジャブラニ→ブラズーカ

とどんどん複雑になっている。

Worldcup20022014

2018年7月 6日 (金)

7/5からの大雨で京都の桂川が氾濫。水位モニターとライブカメラを見る。

さっきiPhoneの緊急速報で桂川が氾濫危険水位にあると来た。
20180705_223353_2
水位をもっと正確にみてみよう。

http://chisuibousai.pref.kyoto.jp/

まずはライブカメラから。
Itv_11
Itv_80
いやもう氾濫してるんじゃないの!水位を正確に見たいが、
あまりにもつながりにくいのでこちらも観てみる。
231000_10_crssect_stagefcst_fldfore
ああもうだめだ、、、

2018年7月 5日 (木)

#又吉直樹のヘウレーカ 、7/4は「本当のことは目に見えないのか?」あの錯視で有名な杉原厚吉さんとふしぎなえの安野光雅さん登場。

杉原厚吉さんと言えばものすごい錯視動画で有名。例えばこれらとか。
ではメモ。
---
又吉さんが廊下を歩く。明らかにおかしい、とぶつぶつ言いながら。
窓に近寄ればどんどん遠くの建物が小さく見えるという。
目に見えたものが本当?本当に自分が見えているのと同じようにみんなが見えているのか?考え出すと怖くなる。
そして杉原厚吉さん登場。
又吉さんの懸念は、目の錯覚、錯視の一つ、デルブーフ錯視だという。
窓枠があって、それと比較して大きさを見ようとしているので、起きる現象だという。
袖口が小さいと腕が太く、大きいと細く見えるのもそれ。
建物の大きさが変わらないことは理性で知っているのに、それでは打ち消すことができない。
理性とは違うところで脳は判断している。
そして街へ出る。まちかど錯視探訪!
まずは理髪店のポール(青・赤・白)。横に回転しているだけなのに上に動いて見える。
次は青果店。バナナが同じ大きさなのに、2房の下が大きくみえる。
ジャストロー錯視という。
バウムクーヘンでも鉄道模型の線路でも起きる。
色の錯覚もある。
オレンジはオレンジ色のネットに、オクラはグリーンのネットに入っている。
色の同化という。ネットの色に引っ張られる。
玉ねぎも黄色とかのネットに入っている(なるほどー!知らなかった)
理性が役に立たない。
目の構造を見る。網膜に映るのは現実と全く同じ。それが神経を通じて脳に送られる。
それにさまざまな処理を脳が加える。そこで錯覚が起きる。
なぜそんなことが起きる?
明治大学の先端数理インスティテュートに向かう。
建物から外を見ると、、、あれ?真ん中に滑り台があるのに斜面を戻っている。
数学を使って作られるという。

脳は何でも直角だと思いたがるために生じる。

そしてあの有名な鏡の錯視。

計算してこうなるはずだ、方程式を解いて作った。そしてあの矢印も。
網膜に映るのは2次元なので、同じような3次元はたくさんある。
これを全て考えていたら脳の処理が追い付かない。瞬時に脳は判断する。決め打ちで。
その時に直角に多いものを考えるのだ。
なぜ脳が直角だと思いたがるのはわからない。
もしかしたら現代社会の人間だけかもしれない。
アフリカ中部の狩猟民族に錯視動画を見せたら、、、錯覚が起きた。
でもよく見ると直角に囲まれて暮らしていた。政府の定住政策で!(これはすごい話)
直角に囲まれないで育った人類は見つけられないだろうという。
(ここから杉原さんの凄い錯視コレクション動画が。もう何が何だか、、、)
杉原さんが若いころ、ペンローズの不可能図形をコンピュータに見せたら、現実に作れると示してくれたという。
ABCの本、が研究を後押しした。

安野光雅さんの本。

ふしぎな絵を最初に刊行。
安藤さんはエッシャーとペンローズに影響を受けたという。
不思議な絵の魅力は、人をだまして喜んでいるという(笑)
見てる人も騙されるのが心地よい。
杉原さんも安藤さんに会えて光栄だと語る。
--
詐欺の被害にあうというのは錯覚の被害だと語る杉原さん。
普段怖い人がやさしくすると、、、というのも錯覚だなあ、という又吉さん。
本当というのは一番最後にある、という錯覚。
答えのないところで探さないといけない、という脳は無理難題を押し付けられている。
ある程度適当に処理しないと、、、、
でも錯視は人の能力でもある。
それはチェッカーシャドウ錯視。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E9%8C%AF%E8%A6%96

脳にとってはそのもの本来の明るさを判断することが大事。
影が落ちていることを除いたときにどうなんだ、を知ることが大事で、それ以外は脳にとってはどうでもいい。それを間違えたというのはおかしい。
錯視のほとんどが脳が正常に働いている証拠。
今、杉原さんは統一して説明する数学の理論を提唱している。
ミュラー・リヤー錯視を例にする。
瞬時に判断するために、ぼかして粗い画像にして中心線を取り出した情報量を元にしていると仮定する。
ぼかして中心線を取り出すと、確かに短くなっている。
見たからと言ってモノを理解したというのは危険。
脳は無理な作業をさせられてそれでも一番最善をつくした解をだしているのだ。
--
実は杉原さんはだまし絵と線形代数、という本も書かれていて買った!
20180422_171516

2018年7月 4日 (水)

松屋で厚切りポークソテー定食を食す。シャリピアンソースがたっぷり。

なかなかの厚切りで、かつソースがたっぷりで満足度高し、です。

20180701_131244

20180701_131246

2018年7月 3日 (火)

Scratch(プログラム言語)でExponential Sums(指数和)の図示をしてみる。

John Cookさんのブログで知った話題。
毎日Exponential Sumsを描いている。
こういうやつです。
Exponentialsum2
Scratchなら簡単に描ける。
リンクはこちら。
説明はこんな感じで
Turbo mode(Shift+green flag) is recommended.
f(n) : Sums of exp(2*pi*i*(n/dd+n^2/mm+n^3/yy)  , n=1 to nmax
Please try dd=11,mm=21,yy=31 or dd=10, mm=7, yy=1
いろんな絵が描けます。
Exponentialsum_2

2018年7月 2日 (月)

蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ―判じ絵―@細見美術館を観てきた。難しすぎる!江戸の人たちは賢すぎ!一番ひどいのが醜女が遠藤、、、

京都の細見美術館で、江戸のなぞなぞ、判じ絵をやっているということで観てきた。

20180630_151529

とんでもなく難しいぜ!これ。
展示の最後の売店で、この「いろは判じ絵」の本を買って後で読んでようやく納得したものがたくさん。
例えば、、、比較的簡単なものですが、これらわかる?
20180701_181028
20180701_181152
20180701_181247
20180701_181307
醜女が遠藤なのはびっくり。(なんでかわかる?)

2018年7月 1日 (日)

#仮面ライダービルド 第42話の黒板の数式はKAM理論(Kolmogorov-Arnold-Moser)に関するもの?

近可積分系とディオファントスの名前が見えた。KAM理論は摂動を受けた近可積分系がもとの可積分系にどれほど近いか?という理論で
Scholarpediaが詳しいです。
こちらの入門資料も。

20180701_093038

20180701_093112
これまでのまとめはこちらです。

#仮面ライダービルド 第42話の話数を表す数式は分割数p(n)でp(10)=42。ラマヌジャンの映画でもおなじみ。

今回は分割数でした。

20180701_090431

ラマヌジャンの映画でも出てきましたね。

分割数とラマヌジャン・ハーディの漸近公式の計算をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに自作式として作った。奇蹟がくれた数式を観てきたので。

計算できる自作式を作っています。こちら。

分割数(映画:「奇蹟がくれた数式」より)

これまでのまとめはこちらです。

« 2018年6月 | トップページ

最近の記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ