« 東山魁夷展 本当の「あお」に出会う @京都国立近代美術館を観てきた。本当に青い!(小並感)唐招提寺の障壁画が良かった! | トップページ | 平安神宮神苑に行ってきた。 »

2018年8月31日 (金)

あのタイの洞窟から少年たちを救い出したのはソフトウェア無線が一役買っていた。Maxtechという無線でアナデバのAD936xを使っている。

Daring Thailand cave rescue: The technology behind it

という記事を読んだ。あのタイの洞窟に閉じ込められた少年たちの救出劇は記憶に新しいが、その無線にはソフトウェア無線(SDR)が使われていた、というもの。
具体的にはMaxtechという製品で、
メッシュネットワークを使ってホップ通信(届かないところには無線機を介して通信)をし、数十MHzから6GHzにもわたる広い帯域の中で一番通信できるところを探して通信する(通信状態が悪ければ帯域を狭めたりもする)。
これはなかなか救命用の無線としてすごいと思います。
そのテクノロジーの中心となるのがアナログデバイセズのAD9364。
Ad9364fbl
主な性能は
  • 12ビットDACとADCを内蔵した、RF 1×1のトランシーバ
  • 帯域:70MHz~6.0GHz
  • TDDとFDD動作をサポート
  • 調節可能帯域幅(BW):200kHz以下~56MHz
  • デュアル・レシーバ:6つの差動または12つのシングルエンドの入力
だそうだ。
評価ボード:
Adfmcomms4ebz_front
こういうのって、なかなか商用通信(携帯電話・WiFi/BT)に対して数がでないけれど
大事なアプリケーションですね。

« 東山魁夷展 本当の「あお」に出会う @京都国立近代美術館を観てきた。本当に青い!(小並感)唐招提寺の障壁画が良かった! | トップページ | 平安神宮神苑に行ってきた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

I want acquire a pair of shoes,but I don't know which webstore is better.
Who can give me some recommend?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/67113269

この記事へのトラックバック一覧です: あのタイの洞窟から少年たちを救い出したのはソフトウェア無線が一役買っていた。Maxtechという無線でアナデバのAD936xを使っている。:

« 東山魁夷展 本当の「あお」に出会う @京都国立近代美術館を観てきた。本当に青い!(小並感)唐招提寺の障壁画が良かった! | トップページ | 平安神宮神苑に行ってきた。 »

最近のコメント

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ