« やよい軒で「ビーフステーキ定食」を食す。かなりの肉の量。 | トップページ | 「ゾンビ対数学」を読んだ。生き残るためにロジスティック方程式、犬と兎問題、犬とアヒル問題、ロトカ・ヴォルテラ方程式などを計算する! »

2018年9月 3日 (月)

「王とサーカス」(米澤穂信さん:創元推理文庫版)を読んだ。これはミステリの賞総なめなのも納得の凄い作品!

「さよなら妖精」の太刀洗万智が主人公ですが、前作を読んでいなくても大丈夫です。
勤めていた新聞社を辞め、フリージャーナリストとしての初仕事でネパールへ向かった万智。安ホテルに滞在し、そこであのネパール王族殺害事件に出くわす(これは現実にあった事件です。)。現地で知り合った少年にガイドを頼み、取材を開始する万智。王族殺害時に王宮にいた軍人にインタビューをとるが、、、、
その直後にその軍人が死体で発見された。しかもその背中には奇妙な文字が、、、
一体、、軍人が殺されたのは王族殺害事件と関連するのか?そしてそれは万智がインタビューをしたからか?万智の身にも危機が迫るのか?
というあらすじ。
これは殺人そのものよりも、そのあとの真相に衝撃を受ける。ジャーナリズムとはなんなのか?世界に伝えることにどういう意味があるのか?などなど。サーカスの意味を考えさせられる。
そして背中の文字。私も英語圏にしばらくいたから、あの文字はおや?と思ったんですが、そういうことか、、、

« やよい軒で「ビーフステーキ定食」を食す。かなりの肉の量。 | トップページ | 「ゾンビ対数学」を読んだ。生き残るためにロジスティック方程式、犬と兎問題、犬とアヒル問題、ロトカ・ヴォルテラ方程式などを計算する! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/67123558

この記事へのトラックバック一覧です: 「王とサーカス」(米澤穂信さん:創元推理文庫版)を読んだ。これはミステリの賞総なめなのも納得の凄い作品!:

« やよい軒で「ビーフステーキ定食」を食す。かなりの肉の量。 | トップページ | 「ゾンビ対数学」を読んだ。生き残るためにロジスティック方程式、犬と兎問題、犬とアヒル問題、ロトカ・ヴォルテラ方程式などを計算する! »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ