« 松屋で店舗限定のビーフ100% 200gのエッグビーフハンバーグステーキ定食を食す。 | トップページ | 松屋で豚と茄子の辛味噌炒め定食(W定食)を食す。 »

2018年9月24日 (月)

「QJKJQ」(佐藤究さん)を読んだ。猟奇殺人鬼一家が逆に殺される作品、、、と思いきや全く様相が変わる興味深いもの。

第62回江戸川乱歩賞ということで前々から読みたかったのをさっき読み終えた。
これはなかなかすごい。。。あらすじは、「女子高生の亜李亜は、猟奇殺人鬼の一家に生まれた。自らは自作のナイフで人を殺し、父は血を抜いて殺し、母は撲殺、兄は噛みつきで殺す。しかしある日、部屋で兄の惨殺死体を発見する。父を連れて再度現場を見に行ったが、忽然と死体が消えていた。さらに翌日には母もいなくなり、、、」
というもの。密室ミステリ?と思ったがそのあとから全く様相が変わります。
人はなぜ人を殺すのか?という哲学的な作品にチェンジ。
そしてQJKJQの意味が明らかになる。。。
(私も最初から一人かけてる、と思っていたが、かけていた人が全然違った。。。
なんとなく姑獲鳥の夏を思い出した(見たくないものは見ないの逆で、見たいものを見る?)のと、あとゴールデンスランバーもかな(国家の、、、)。
読んだことのないようなミステリで、この作者さんの他の作品もぜひ読みたい。

« 松屋で店舗限定のビーフ100% 200gのエッグビーフハンバーグステーキ定食を食す。 | トップページ | 松屋で豚と茄子の辛味噌炒め定食(W定食)を食す。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/67199272

この記事へのトラックバック一覧です: 「QJKJQ」(佐藤究さん)を読んだ。猟奇殺人鬼一家が逆に殺される作品、、、と思いきや全く様相が変わる興味深いもの。:

« 松屋で店舗限定のビーフ100% 200gのエッグビーフハンバーグステーキ定食を食す。 | トップページ | 松屋で豚と茄子の辛味噌炒め定食(W定食)を食す。 »

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ