« 契沖の碑を観てきた@尼崎 | トップページ | 大宮神社でお参り。 »

2018年11月 2日 (金)

双蛇密室(早坂吝さん)を読んだ。途中まではらいちシリーズとは思えない本格?だったが真相に驚愕というか脱力というか、、、

援交探偵 上木らいちシリーズですが、本当に途中までは本格ミステリかと思った!
あらすじは、「らいちのお客様、藍川刑事は二匹の蛇の夢を子供のころから見続けていた。一歳のころ、自宅で二匹の蛇に襲われた事件からだと藍川が話したところ、らいちはその矛盾点を指摘する。両親が何かを隠していると感じた藍川は自宅へ向かい、過去の二つの密室事件を両親から告白される。果たして夢の正体はそれなのか?」
というもの。
で、本当の真相は、、、これすごいのかすごくないのか判断に迷う、、、驚愕であることには変わりないけど、脱力と言えばそうで、、、

« 契沖の碑を観てきた@尼崎 | トップページ | 大宮神社でお参り。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/67297561

この記事へのトラックバック一覧です: 双蛇密室(早坂吝さん)を読んだ。途中まではらいちシリーズとは思えない本格?だったが真相に驚愕というか脱力というか、、、:

« 契沖の碑を観てきた@尼崎 | トップページ | 大宮神社でお参り。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ