« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018年12月17日 (月)

垂水の御霊神社でお参り。

垂水に来ると海神社にお参りすることが多いのですが、今回はこちらへ。

20181216_144825

20181216_144827
20181216_144832

2018年12月16日 (日)

「熱帯」(森見登美彦さん)を読んだ。誰も結末を読んだことがない「熱帯」という本のお話で、本当に不思議でジャンル分け出来ない怪作。面白いです!

表紙カバーを取ったら絶対あの幾何学模様だろう、と思ったらそうでした。

20181216_180709

20181216_180758
「この本を最後まで読んだ人間はいないんです」という幻の本「熱帯」を巡るお話で、
作中の森見さんが語った通り
「推理小説ではないし、恋愛小説でもない。歴史小説でもないし、SFでもなく、私小説でもない。ファンタジーと言えばファンタジーだが、それでは何も説明したことにならない」お話です。
もうこれ以上説明できない、、、
しいていうと進々堂と、
神保町のランチョン
だけが現実か、、、
どれが現実でどれが小説でどれが小説内小説でどれが、、、というのが全然わからなくなる入れ子構造です。
千一夜物語を予習しておくといいかも、、、

2018年12月15日 (土)

映画「グリンチ」を観てきた。53歳、、、のグリンチのパンツに驚く、、、そしてパパは?

昔、実写でジムキャリーが演じたそうですが(観てない)、今回はアニメーションのグリンチ。
とにかくソリで滑るシーンが爽快でいいんですよ。さすがイルミネーション。
雪も綿のようだったり。でもソリだと降りるのはいいが登るのは大変?と思ったらそこは自転車のような機構がちゃんとついていて細かい。
驚くなのはグリンチが、パンツ(ブリーフ)はいていて、その上から毛皮のズボン履いて一体化した感じになってること!しかも53歳!で白髪染め(緑に染める)を買っていたりする。
また犬のマックスはけなげでかわいいのだが、、、
ちょっと気になるのはグリンチの心を溶かす少女、シンディ・ルーの家庭構成。
シンディと双子の弟たち、お母さんで、そしてシンディ・ルーもお父さんのことは一切口にしない(願い事ならそういうのもでるのかと思ったらなかったり)。
お父さんはどういう設定なんだろう。って考えるのがもう古い考え方なのかな。
あととにかく料理がおいしそうでした。
シンディ・ルーの願いはエンドクレジットを見るとかなったんですね(さすが発明家)。
同時上映はミニオンのミニミニ脱走ですが、最後の吹き替えた声優のエンドロールで笑った。これはお楽しみ。
グリンチの吹き替えは大泉洋さんでこれはよかったんですが、ベネディクト・カンバーバッチのも聞いてみたかった(字幕がまわりの映画館で全然やってなかったり)

2018年12月14日 (金)

博多火炎辛麺で特製火炎辛麺&満腹セット(ごはんと餃子)を食す。

ここは最近お気に入りでよく行っている。辛さと野菜増しで。

20180908_153236

20180908_153237
20180908_153238

2018年12月13日 (木)

ミスターラーメンで醤油ラーメンジャンボを食す。

かなりの大きさです。スープが美味しい。いつもニンニクを入れすぎてニンニク味しかしなくなるので、今回は自粛。あんまり入れないほうがおいしいです。

20180921_200657

2018年12月12日 (水)

ラーメン天天有でこってりラーメンを食す。

一味入りです。から揚げも付けた。

20181012_185550

2018年12月11日 (火)

餃子の王将で創業50周年メニュー、五目あんかけラーメンを食す。生姜がいい感じで入っている。

最後に生生姜が乗せられるのもいいです。

20181208_124608

あんかけなのでいつまでも温かい。
フェアセットBで餃子も付けました。
20181208_124612

2018年12月10日 (月)

「フーガはユーガ」(伊坂幸太郎さん)を読んだ。ある能力を持った双子のお話だけどあの制限のある能力がこんなに面白くなるとは、、、さすがだ

伊坂幸太郎さんの作品を読むたびにいつもさすがだなーという感想しか出てこない。面白い。
あらすじは
「常盤優我・風我の双子の兄弟は、幼いころから両親の虐待に合うが2人で生き延びてきた。ある幼い日に、二人は自分たちがある特殊な能力があることに気づく。
それは1年のうち1日だけ、あることが起きるというもの。
ただ特に使い道があるわけではなく、ただ使い方をいろいろ調べていた兄弟。
そんなある日、たまたま出会った小学生の女の子が残虐に殺される、、、2人の心にトゲとなって大きくなっても残っていた。
そして優我は、仙台時代のファミレスで、テレビの仕事をしている男に、弟の風我や子供時代のことについて語り始める。」
というもの。
本当に何の役に立つのかわからない能力がこんなに面白くなるのか!と感動。
そして絶対のピンチに駆けつけるあの人とかそのあとに駆け付けることになるあの人にも感動。
めっちゃ面白いです。読んでない方はぜひ。

2018年12月 9日 (日)

風呂水を吸い出すポンプ、めっちゃ役に立ちました!別用途だけど。。。(ミツギロンの湯ポポポン)

ものすごく水漏れして困っていることがあって、なんかポンプないのか?と思ってヨドバシカメラに見に行ったらこれがあった。
Pump
本格的なポンプを試す前にこれでやってみよう、と思って水を汲み出したら、、、
ギリ大丈夫だ!本当にギリギリの排水能力。
水漏れなんかでお困りの方はこれも試してみればいいかと。

没後50年 藤田嗣治展@京都国立近代美術館を観てきた。こんなに作風が変わっていったのかと驚く。

春画・妖怪画展を細見美術館で見た後は、藤田嗣治展を見るために京都国立近代美術館へ。

20181208_141413

20181208_145024
20181208_145041
実は全然藤田さんの絵のことは知らなくて、あのおかっぱメガネ髭の自画像しか見たことなかった。
でも歴史を追ってたくさんの絵を見られて非常によかった。
初期は全然作風が違ったけれど、バックが白っぽい裸婦画が増えて、かつ自画像や猫が出てきたと思ったら、戦場画になって、さらにメキシコで明るい絵になったり。パリの風景や宗教画などもよかった。
機械のような女の子たちの絵が一番よかったり(機械の時代)。
4Fで関連展示もあってそれも興味深かった。
行ってない方はぜひ。

2018年12月 8日 (土)

描かれた「わらい」と「こわい」展 春画・妖怪画の世界@細見美術館を観てきた。春画の復元で毛の一本一本を彫るのに度肝を抜かれる。。。真似ゑもんというスモールライトも。。。

明日で最終日ということで急いで観に行った。

20181208_134641
20181208_134732
春画、私こんなにがっつり観たのは初めてでしたが、もうそのままじゃないか、、、とショックを受けたり。まあ昔の人間だからってついてるものとかやってることが変わっているわけじゃないから、、、というのもあるが絶対放映出来ないレベル。
そしてそのがっつり結合部を復元するプロジェクトの動画があったりしたがあの毛、一本一本彫ってる!(当たり前ですが)衝撃的だ。
そして、昔からやってることは変わらないといえば、酒呑童子の女人化、とかスモールライトを浴びたような真似ゑもんとかまめおとことか。
妖怪ももちろん面白いが、妖怪がそもそもエロになってたり(頭があれとか)。
これはすごいので18歳以上の人はみたほうがいいのでは(とはいえ明日で終了)。

2018年12月 7日 (金)

彩華ラーメン(京都吉祥院店)へ行ってモモチャーシューラーメンを食べた。

モモチャーシュー入り、大を注文。かなりの量です。ニンニクもたっぷり(追加で入れられる)

20170814_173702

20170814_173659
20170814_173256

2018年12月 6日 (木)

松屋でチーズタッカルビ鍋(+増しチーズ)を食す。すごいチーズの量になった。食べすぎた、、、

単品で増しチーズが出てくるところもあるようですが、こちらはちゃんと同時にのってきた。
すごい量のチーズ。

20181205_183349

ご飯は特盛で。
20181205_183351
調子に乗って特盛+増しチーズにしたらすさまじい量になった。
でもとても美味しい。

2018年12月 5日 (水)

なか卯で豚角煮重(大盛り)を食す。

非常に柔らかいお肉でした。玉子焼きがいい感じ。
唐揚げとお味噌汁のセットにした。

20181201_140423

20181201_140425

2018年12月 4日 (火)

松屋でプルコギ定食(小鉢はキムチ)を食す。

なかなか食欲をそそるビジュアル。

20181202_122549

小鉢はキムチにしました。そこそこ辛くていい感じ。
20181202_122554

2018年12月 3日 (月)

「カササギ殺人事件」(上・下)を一気に読む。クリスティを思わせる上巻と、現代の編集者の下巻で非常に面白い。

まずは上巻。名探偵アティカス・ピュントの最新刊、カササギ殺人事件が語られる。
1955年7月、サマセット州で起きた一人の家政婦の死。
一体彼女の死は事故なのか?そしてまた殺人事件が起きる。
アティカス・ピントはどうやって事件を解決するのか、、、
というめっちゃ気になるところで上巻が終わり、、、
そして下巻。その小説の編集者は、結末を読んで激怒する。それは、、、
ってもうこれくらいにしないとネタバレになります。
予備知識なしで読んだほうがいいでしょうね。非常に面白かったです。
しかし2つだけ、、、
アティカス・ピュントの既刊シリーズですでにネタバレ(上巻の最初の方に出てる)しているのと、
日本語ではどうしてもうまく伝わらない、
A stupid cun〇
(一応伏字、だけど抜けてるところを見たらすぐわかる)

2018年12月 2日 (日)

大阪・大正区にある螺旋(ループ?いやヘリカルかな)の千本松大橋を歩いて渡る。

ここは一度歩いてみたかったんですよ。
見事なヘリカルコイル!

20181201_144056

20181201_144137
 
20181201_144356
一番上まで来た。すばらしい眺め。
20181201_144704
20181201_144707
ポケモンGoで見るとただのループなのがちょっと残念。
20181201_144801
渡り切った。
20181201_145519
大体20分以上かかる。なかなか楽しいので是非。

2018年12月 1日 (土)

上桂の大勝軒で濃厚つけ麺の大(330g)とミニ高菜ご飯を食す。

こちらの大勝軒に来るのは初めて。

20181125_125351

ものすごくつけダレが甘いです。ラー油と魚粉で味を調整して、
スープ割にするといい感じ。
20181125_125350
高菜ご飯も注文。
20181125_125352

« 2018年11月 | トップページ

最近のコメント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ