« 世にも美しき数学者たちの日常(二宮敦人さん)を読んだ。加藤文元さん、千葉逸人さん、黒川重信さん、、、などの非常に面白いインタビュー満載。素数大富豪や食べられるゼータ関数にも触れられてたり。 | トップページ | 「消滅」(恩田陸さん、文庫版上下)を読んだ。 »

2019年4月16日 (火)

アンデッドガール・マーダーファルス2を読んだ。前作に引き続き、めっちゃ面白い!

今回はなんとホームズ(ワトソン、マイクロフトも)とルパンも登場。その他有名人(有名怪物?)もオールスターキャストで登場!

1899年のロンドン。アルセーヌ・ルパンがフォッグ亭のダイヤを盗むと予告状を出した。その警備を依頼されたのは、シャーロック・ホームと怪物専門の探偵、鳥籠使いこと輪堂鴉夜、真打津軽と馳井静句たち。さらにロイズ保険機構の不穏なエージェントたちも加わる。

前半は青崎有吾さんらしい論理的なトリックでのルパンの盗みが主体だが、、、

後半はもはやジャンプ漫画の王道バトルのようだ!オールスターキャストが場所を分かれてバトルを繰り返す。

静句さんの本気の戦闘モードがかっこいい。そして無敵のはずの津軽を窮地に陥れるばけものの正体は、、、

黒幕の正体が(前作でもわかってましたが)ここでホームズと出会ってはっきりします。

そして3巻、、、はまだ出てないんだな、、、

早く読みたい。

 

 

« 世にも美しき数学者たちの日常(二宮敦人さん)を読んだ。加藤文元さん、千葉逸人さん、黒川重信さん、、、などの非常に面白いインタビュー満載。素数大富豪や食べられるゼータ関数にも触れられてたり。 | トップページ | 「消滅」(恩田陸さん、文庫版上下)を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世にも美しき数学者たちの日常(二宮敦人さん)を読んだ。加藤文元さん、千葉逸人さん、黒川重信さん、、、などの非常に面白いインタビュー満載。素数大富豪や食べられるゼータ関数にも触れられてたり。 | トップページ | 「消滅」(恩田陸さん、文庫版上下)を読んだ。 »

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ