« 洛西竹林公園で竹の土中の地下茎標本(NHK ガッテンから寄贈されたもの)を観てきた。 | トップページ | アンデッドガール・マーダーファルス2を読んだ。前作に引き続き、めっちゃ面白い! »

2019年4月15日 (月)

世にも美しき数学者たちの日常(二宮敦人さん)を読んだ。加藤文元さん、千葉逸人さん、黒川重信さん、、、などの非常に面白いインタビュー満載。素数大富豪や食べられるゼータ関数にも触れられてたり。

二宮さんといえばホラー、というイメージしかなかったのですが、この本では魅力的な数学者にインタビューして数学の魅力についてわかりやすく解説してくれています。

まずは黒川重信さん。

数学の問題を解くということは人生とは何か、を考えるのに等しいとの問いに、うん、そうですね、と答えられた。

加藤文元さん。ものすごく暇で「おもしろい数学教室」を読んで自力でヘンゼルの補題を導いた。「ものすごく暇」。

http://sci.tea-nifty.com/blog/2016/09/2keisancasiojpu.html

千葉逸人さん。

子供のころ何を考えていたか?「まあ別に、何も。うんこのこととか」

そこからロマンティック数学ナイトや数学教室 和の皆さんにもインタビュー。素数大富豪や食べられるゼータ関数のことにも触れられています。

(堀口智之さん、タカタ先生、松中宏樹さん、ゼータ兄貴)

そしてカオスの津田一郎さん。

「数学という学問は、誠実という言葉が非常に当てはまる学問だと思います。」

「数学は何かのために作ったわけじゃないんですよ。心の赴くままにやったものなんです」

「心は数学です。」

淵野昌さん。

「サハロンを人間だと思ってはいけない。宇宙人みたいなものだと思わないと、やっていけないよ。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%8F

阿原一志さん。

「阿原くんは竹槍を持って戦っているんだね。」

「コンピュータなんかやっていても論文にならないぞ」

ハイプレインはこちら:

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/3375.html

高瀬正仁さん。

「今の数学はね、面白くないですよ」

どれも面白く、お勧めです。

20190414-212516

« 洛西竹林公園で竹の土中の地下茎標本(NHK ガッテンから寄贈されたもの)を観てきた。 | トップページ | アンデッドガール・マーダーファルス2を読んだ。前作に引き続き、めっちゃ面白い! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洛西竹林公園で竹の土中の地下茎標本(NHK ガッテンから寄贈されたもの)を観てきた。 | トップページ | アンデッドガール・マーダーファルス2を読んだ。前作に引き続き、めっちゃ面白い! »

最近のコメント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ