« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

松屋で牛肉と筍のオイスター炒め定食を食す。かなり濃い、というか塩辛い?でもご飯が進む辛さ。

事前にかなり濃い、と聞いていたのでご飯を特盛で。確かに塩辛い!がご飯が進む。特盛にして正解。

20190727-150417

 

2019年7月30日 (火)

恋と禁忌の述語論理(プレディケット)を読んだ。あの”その可能性はすでに考えた”や”探偵が早すぎる”の井上真偽さんのデビュー作だが、まさか数理論理学がミステリになるとは、、、

数学者や物理学者が探偵役というのはたまにあるが、まさか論理学者が探偵とは、、、、

天才論理学者の硯は、甥の詠彦から持ち込まれる、すでに別の探偵が解決している事件の真相が正しかったかどうか、を論理学で解き明かす。

(これは文系の人にはつらいだろうなあ、、、私もあんまり記号論理学には詳しくないけど)

聖ペテルブルグのパラドクスやバナッハ・タルスキの定理、古典論理、直感主義論理、様相論理やゲンツェンの定式化とかの話題が、隠し味じゃなくて推理に使われているという斬新なもの。

そしてなぜ詠彦がそんなに殺人事件に遭遇するのかの真相は、、、ああなるほどそういうことか!と納得。

あの上苙丞も出てきますが、その顛末があれ?と思ったらそれも上の真相と関わるという。

なかなか万人向けというわけではないですが、面白かったです。

20190728-195526


2019年7月29日 (月)

裁く眼(我孫子武丸さん)を読んだ。

我孫子さんの作品を読むのは本当に久しぶり。あらすじは

「漫画家になりそこね、路上で似顔絵を描いていた鉄雄。ある日、テレビ局からの急な依頼を受け連続殺人事件裁判の法廷画を描くことに。

2人の男性を自殺に見せかけて殺した犯人と目されるのは誰もが目を引く美女。鉄雄は見たままを描き、どう見ても悪人とは思えない絵になる。その法廷画がテレビで放映されたその日、鉄雄は何者かに襲われて怪我を負う。一体、鉄雄の絵には何が描かれていたのだろうか・・・」

というもの。法廷サスペンスで、一体何が絵に描かれていたのだろうか、と気になるところですが、うーん、こういう○○○ものになるとは思わなかった。

けれど、最初からそういうことが描かれているので、それはフェアな作品ではあります。完全に論理ミステリと思って読むと?ですが、そうじゃないと思うと大変面白かったです。
20190715-171600

 

2019年7月28日 (日)

NHKスペシャル シリーズ スペース・スペクタクル  第2集 見えた!ブラックホールの謎を見てます。速記メモ。

なぜかアインシュタインのそっくりさんと櫻井翔さんが登場。

2019年4月10日。天文学史上画期的な発見が報告された。M87の中心の巨大ブラックホールの写真だ。

Thum_01

重さは太陽の65億倍。超巨大ブラックホールだ。

全てを吸い込むと思われていたブラックホール。それが物質を大量に吹き出していることも分かった。ブラックホールがあるからこそ、生命が誕生したということも考えられている。

アインシュタイン(そっくりさん)が聴いているのはBounce beat。嵐の曲だが、ブラックホールが歌詞に出てくる。

魔の天体というイメージがあるが、生命とブラックホールが関連するとも考えられている。

村山斉さんが解説。重力が強いため光さえも出てこれない。

秒速約11㎞がないと地球の重力からも抜けられない。地球よりずっと重くなると、光の速さでも抜けられないところが出てくる。

真っ暗に見えるためにブラックホールと呼ばれ、アインシュタインの一般相対性理論から出てくる。

しかし、シュバルツシルトが考えたもので、アインシュタインは懐疑的だった。

ではどうやって観測したのか?

国立天文台の水沢観測所。2018年6月、本間教授。ブラックホールの証拠がすべてそろう日。

朝食がチョコワ?(黒い穴の開いたシリアル)

Chokowa

おとめ座に望遠鏡を向け、その中のM87銀河。観測データは中心にブラックホールがあることを示していた。

その姿をとらえるには、地球から月面にテニスボールを置いたものを見分ける能力が必要。

そこで、地球サイズの電波望遠鏡を作った。世界の8つの電波望遠鏡で同じ天体を観測すれば、地球規模の望遠鏡になる。

300万の視力に相当する。

2017年4月。世界同時の観測が始まった。

観測したデータは1か所に集められるが、ここからが正念場。

このままでは画像はぼやけている。鮮明にしないといけない。

焦点を結ばせるものを後処理で行う。1年以上かけて画像処理のプログラムを作った。

2018年6月6日。ようやく準備ができた。ぼんやりと明るい部分と暗い部分が見えた。

さらに処理を進めると、だいぶ輪っかに近くなった。

アメリカのハーバード大学でも異なる手法で画像の鮮明化を図っていた。

それが日本の画像と同じになれば、、、

アメリカ・日本・ヨーロッパ・中国で同様な画像が得られた。

中央の暗い部分がブラックホールの本体。太陽から冥王星までが含まれる規模。

その周囲を明るいリングがある。これはいったい何?

どんどん周りからガスを集めてくる。吸い寄せられてくるガスが明るく輝くことで非常に明るい天体になる。

ガスは摩擦で高温になり、光り輝く。

ガスの明るさが上下で異なるのは、回転していて近づいてくるのが明るく、遠ざかるのが暗くなっている。

地球から見てガスは縦方向に回っている。輝いている温度は60億度。宇宙随一の高温。

村山さん曰く、中央には特異点があり、まだ我々には理解できない。大体こうじゃないか、はわかっている。

引っ張られて伸びていく、麺棒で伸ばしたようなスパゲッティ化現象。

外から見るとブラックホールに近づくと時間が遅くなるように見える。

ほとんどの銀河の中心には巨大ブラックホールがあると考えられている。天の川銀河の中心にも。

宇宙に数千億個ある銀河の中心にはほぼ存在する。

ハワイ、マウナケア山。

松岡良樹さん、ブラックホールハンター。

宇宙が始まったときのブラックホールがどういうものだったかを知ることが大事という。

遠くの宇宙を観測することで宇宙の始まりが分かる。

すばる望遠鏡で観測している。ブラックホールの黒い部分は直接は見られない。

そこで周りのガスの光を手掛かりに探す。

それでも極めて遠くにあるため、普通の星とは区別が難しい。

ようやく当たりが見つかった。クェーサーだ。

129.9億光年先にある。oku-nenとプログラムにかかれている(笑)

M87銀河の10000倍の明るさ、モンスターブラックホール。

松岡さんのグループは100個もの初期ブラックホールを見つけた。

なぜ太古のブラックホールは激しい?

大量のガスが存在しているためと考えている。

現在のブラックホールはあまりものを飲み込んでいないものが多い。

さらに驚くべきものが見つかった。

ラス・カンパナス天文台(チリ)で、エドアルドさんが発見したのは128億年前のブラックホール。

大変驚いた。中央にとても明るい光があり、そこから2方向にガスが放出されていた。

吸い込むだけでなく、放出していた!

5000光年にもわたるサイズで。

ジェットと呼ばれている。

太古のブラックホールでジェットが見つかる例が見つかりだしている。

筑波大学の大須賀健さんが研究している。

100億年前の(おお、fortranだ)現象をシミュレーションしてみた。

摩擦で高温になると強い磁力が生まれ、磁力線が巻かれエネルギーが蓄えられる。磁力線が逃げ場を求めて、それと共にガスが噴出される。

ジェットのスピードは光に近いスピードで吹き出す。

入る前のものが吹く出すのがジェット。

http://www.isas.jaxa.jp/j/forefront/2011/lukasz/index.shtml

このジェットは我々と無関係ではない。

オランダ宇宙研究所のオーロラ・シミオネスクさん。

https://news.mynavi.jp/article/20151021-a055/

ブラックホールの画像が役に立つという。

ルーマニアで生まれ、17歳で物理オリンピックで金メダル。天才物理少女と呼ばれ、30歳でNatureに論文が掲載。Jaxaでも研究。

X線天文衛星すざくを使い、M87銀河周辺を調べた。

元素の分布に注目した。鉄、マグネシウム、珪素、硫黄が見つかった。その比率は宇宙のどこでも同じようになっていた。

太陽系でも同様。

なぜ似通っている?ブラックホールが大きな役割を果たしたと考えている。

水にインクを落とすと、ムラができる。ムラのない状態にするには、もちろんかき混ぜればいい。

これがブラックホールと関連していると考えている。

http://www.jaxa.jp/press/2013/10/20131031_suzaku_j.html

超新星爆発で元素が吹き出すが、10光年にもわたっている。鉄とカルシウムも離れている。

何かがかき混ぜないと、、、

どうやってかき混ぜた?

アメリカ マサチューセッツ州。コンピュータを使った研究が行われている。

MIT。(これはC++か)

数千人がシミュレーションに関わった。

ブラックホールが決定的であることが分かった。

100億年前、宇宙はいまの1/3くらいだった。星が次々に生まれ、爆発を起こして死んでいく。

生まれた元素は宇宙空間にばらばらに漂っている。

銀河の中心の超巨大ブラックホールがそこから大量の物質をジェットで吹き出している。生命に欠かせない元素が

宇宙の隅々まで届けられる。

我々は星のかけらだという村山さん。100億年前には星のベビーブームが起きたという。

材料はどこでもそろっているのだから、環境さえあれば他の星にも生命がいる?

 

 

映画「アルキメデスの大戦」観てきた。面白かった!菅田将暉くん演じる天才数学者が数学で戦争を止めようとするお話。そのクライマックスのあの数式の自作式をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP!

冒頭からびっくりする迫力のシーン(ネタバレになるのでかかない、、、)。ここでぐっと心をつかまれる。手が、、、戦争の悲惨さが伝わる。

そして菅田将暉くんの演技がやはりいい。櫂直は数学者というより計算の天才という感じですが、

計算尺じゃなくて巻き尺を持ち歩いて何でも測る。

計算尺を持ち歩いていたのはエンリコ・フェルミさんと風立ちぬの堀越さんですが。。。

計算尺を持ち歩いていた物理学者と言えば、、、あのエンリコ・フェルミ大先生ですよ。

その菅田くんがせん断応力とかミーゼスとか語るのも面白い。波による強度も。

https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00324/contents/014.htm

Archimedes04

そしてクライマックスのあのシーン。めっちゃよかった。ので数式(鉄の総量から戦艦の建造費を予測する式)を

予告編から拾ってみてみた。

Archmedes01

f(x)はこんな感じ。

Archmedes03

f(x)のグラフ。

Archmedes02

そしてこれをカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUPしてみた。こちら。

戦艦の鉄の総量と建造費の関係式(映画アルキメデスの大戦より) 

Archmedes04

これ、二階の微分方程式から導いていたので、後でどんな方程式になるか見てみよう。

あと柄本佑くん、やはりこういう役がめちゃくちゃいい。どんどん魅力的に見えてくる。

浜辺美波ちゃんはめちゃくちゃかわいい。そして木南晴夏さんがものすごいチョイ役で出ている。

大物俳優さんたちのうさんくささ(褒め言葉)が映画に華を添える。

そして田中泯さんと菅田くんのシーン。これはちょっと泣きそうに(最後のあれも)

さすがにVFXは山崎貴さんだけあって凄いし、そもそもお話が面白い。

これはお勧めです。

2019年7月27日 (土)

松屋でうな丼ダブルを食す。土用の丑の日に合わせ。。。山椒が大サービス。

甘ったるくなくてちょうどいい感じのタレ。さすがに小満津さん監修と言う感じ。

牛丼チェーン店のうなぎ系ではトップかな。

20190726-175941 20190726-175943

なぜか山椒の小袋が大量についてくる。まあダブルなんで2つだけ使用。

20190726-175940 20190726-175938

2019年7月26日 (金)

松のやで1週間期間限定のスパイシーカレーソースロースかつ定食を食す。

松屋系列でもあり、思っていた以上にスパイシー(辛いというよりスパイスの風味が強い)なカレーソースがかかっていました。

なかなか。1週間限定がもったいない。

20190725-212301 20190725-212303

2019年7月25日 (木)

大将軍八神社でお参り。

名前がかっこいい神社。

20190406-123712 20190406-123714 20190406-123742

2019年7月24日 (水)

なか卯で親子丼イタリアン(大盛)を食す。

なか卯は通常の親子丼のレベルが高いので、こういうアレンジ物は全部個人的にはいまいち、、、という感じですが、

今回はトマト好きなのでなかなかおいしかった。

20190721-115928 20190721-115926

2019年7月23日 (火)

王将で夏野菜の黒酢すぶたを食す。ズッキーニやナス、オクラ、プチトマトなど大好きな野菜が入っていてうれしい。

特にズッキーニが本当に好きで、これが王将で食べられるとは。美味しいです。

フェアセットBに餃子3個追加(つまり1人前)で注文。

20190715-114545 20190715-114543 20190715-114537

2019年7月22日 (月)

神獣の都 京都四神異譚録(小林泰三さん)を読んだ。京都を舞台に神獣、玄武・青龍・朱雀・麒麟・白虎とその眷属が戦う!小林さんのぐちゃぐちゃ度は低めだが小林さん流のラノベで面白い!

最近ではアリス殺しのシリーズがヒットしている小林さんですが、あれにもかなりえぐいぐちゃぐちゃな殺され方とか出てるし、ウルトラマンが実際にいたらどんな悲惨が被害を受けるか、というAΩでもぐちゃぐちゃでしたが、、、

今回は割とソフト。でもめっちゃ面白い。

あらすじは

「失恋旅行で予備知識全くなく京都を訪れた滝沢陽翔。そこで本気の殺し合いを始めた謎の異能集団に遭遇してしまう。彼らは神獣、玄武・青龍・朱雀・麒麟・白虎の眷属であった。
一般の人間には入れないはずの結界内に入れた陽翔。そして襲われていた少女をかばう。実は彼も火の一族の子孫ではあったが、、、修行も何もしておらず血も薄まっているのでなんの能力も使えない(ここがなろう系とは違うところですね。そこはさすがに小林さん)。ある裏切りによって引き起こされる未曾有の大災害から日本を救うため、陽翔は否応なく非日常に巻き込まれていく。そこにアメリカの組織(CIAとは関係ない!)と某国の組織も入り乱れ、、、神獣の大戦争が始まる。一体日本を、世界を救うことができるのか?」

というもの。

京都のよく知っているところ、巨椋池とか、伏見港とか中書島とか糺の森とかが戦闘の舞台になってそこを想像するだけでも楽しい。

これすごくアニメ化に向いている話と思うんですが、なんかすぐアニメ化されそう。

20190721-153839

2019年7月21日 (日)

映画「天気の子」を観てきた。これは評価が分かれるかも。以前の新海誠監督作品に戻ったような(雲のむこう、約束の場所とかほしのこえとか?)。でも君の名は。とプリキュアファンにもお楽しみがあり。とはいえ主人公に全然感情移入できない。。。

予想通りかなりの混雑ぶりでした。

20190720-134622 20190720-112454

あらすじは、

「島から東京に家出してきた16歳の男の子、帆高。仕事を探すが未成年には無理、、、そこでフェリーで出会った怪しい男が経営する会社で、オカルトライター(ムーですよ!Tシャツもムー)の手助けをして暮らす。そんななか帆高は100%の晴れ女、陽菜(18歳?)と出会う。そのころ東京は異常なほどの雨が続いていたが、彼女が祈るとその近くだけは晴れになる。

彼女は小学生の弟・凪(モテモテの二股野郎!)と二人暮らし。母親は去年死んだという。二人は100%晴れにできる能力を仕事にしようとWebで依頼を募集し、お金に変えるとともに人々を笑顔にしていくが、その能力には秘密が、、、」

というもの。

小道具が実在するものを一杯使っていてリアルな感じをだしている。チキンラーメンとかコイケヤのり塩ポテトチップスとかビールとか。

ビッグマックとか(これが重要なシーンで)、CCレモンとか(これもある意味大事)、バーニラ、バニラとか。

あと、街の風景と言うか移動がストリートビューというか、とてもリアルで、なのでカー?チェイスもとてもリアルに。

君の名は。のファンにもうれしい、主役の2人がさりげなく出ている(2人はそれでもすぐわかるんですが、四葉とあと2人出てるというのをエンドクレジットで見て驚く。思わず検索してしまった)。

あ、プリキュアファンもうれしいかも。初代!(これ本物じゃ、、、とか思ったりした)

面白いのはそうなんですが、ちょっと引っかかるのが2点。

1点目は、全く主人公の帆高くんに感情移入できない!そもそもなんで幸せそうな島から家出して帰らないとか言ってんのか全然わからん。ラスト見てもものすごく大切に育てられているように見えるし。むしろ、帆高くんの両親に感情移入して気の毒にずっと思っていた。

やってることもむちゃくちゃだし。。。○○拾ったり警察に追われたときももうちょっとやりようがあるだろうと。世界も陽菜も両方助けようとする行動を一切しない。実際の自分ならそうだろうけど、主人公なら何とかして、、、と。いやそれが新海さんの狙いだろうが。

2点目はやはりラストというか、ある意味バッドエンド(かハッピーエンドか意見が分かれると思う)。

まあ前の新海誠さん作品に戻ったと言えばそうなので、驚きはしないが、、、雲のむこう、約束の場所、が近いのかな。雲だし。

君の名は。は全員がハッピーだったが、今回はそれができない状況でどうするか?ということで、これが受け入れられるかどうか興味深いですね。

2019年7月20日 (土)

松屋で店舗限定のごろごろチキンのバターチキンカレー+味玉を食す。親子カレーだ!うまし。

店舗限定だが、割と近所に販売しているところがあると知っていってみた。

これは、、、なかなかおいしい。辛さはないが、ちゃんとしたバターチキンカレーの味だ。

せっかくなんで味玉も注文して、親子カレーにしてみた。これもまた美味しい。

20190719-190022 20190719-190021 20190719-190024

2019年7月19日 (金)

横山崋山展@京都文化博物館を観てきた。初めて知った画家さんですが、すごい人がいたものだ。

線が太くてタッチが活き活きとして、でも描写が細かい。なぜこの人が今まであまり知られていなかったんだろうと思う。
特に祇園祭の山鉾の描写がすごい。

20190715-121549 20190715-121417 20190715-121317 20190715-121300よk

2019年7月18日 (木)

かつやでカレーうどんカツ定食を食す。炭水化物+炭水化物。丼じゃなくて豚汁付きの定食にしてみた。

うどんがごはんに乗っているというのはどう考えてもおかしい、、、というので丼じゃなくて定食にしてみた。うどん+ごはんは関西人はありだし。

20190713-153514 20190713-153515 20190713-153517 20190713-153518

うどんというかカレーが結構辛めのキーマで、意外。普通のカレーうどんのルーでもよかったような気もするがそれだと

完全にカレーうどん定食なってしまうのかな。

関西人は焼きそば+ごはんとかうどん+ごはんはありなので、全然違和感はない。むしろご飯大盛りにすればよかったとか思ったり。

2019年7月17日 (水)

吉野家で牛皿麦とろ御膳を食す。

元気のないときにはやはりとろろは最強。オクラもついて美味しい。

20190714-135940 20190714-135943 20190714-135941

2019年7月16日 (火)

抽象世界&ジャコメッティとI @国立国際美術館(大阪・中之島)を観てきた。

現代の抽象芸術展ですが、かなり面白かった。展示数はそんなに多くないので何回も見直したり。あとジャコメッティ展も、矢内原さんを何回も描いていて、それが面白かったり。入場料も900円と安いのでお勧め。

20190714-142113 20190714-141906 20190714-141914 20190714-142937 20190714-142116 20190714-145928 20190714-145924

2019年7月15日 (月)

ジェリーフィッシュは凍らない、を読んだ。ああ、それであの時間差とか破れてる、とかが、、、おかしいと思ったんですよ、、、真相は気づかなかったけれど。

「そして誰もいなくなった」「十角館の殺人」に挑戦するミステリ、ということで期待して読んだ。確かにこの手があったか!と思うようなミステリ。

20190713-192859

あらすじは「真空気嚢という歴史を変える発明により作られた飛行船ジェリーフィッシュ。その発明者である、ファイファー教授たち技術開発メンバー6人は新型ジェリーフィッシュの飛行性能試験を行っていた。ところがその最中に1人が変死しさらに試験機が勝手に自動操縦され雪山へ不時着する。脱出不可能な雪山で次々と犠牲者が、、、」という話と、章を交互にして事件が終わった後の出来事として警察のマリアと蓮が次々とでる新たな謎に立ち向かう話になってます。登場人物は全て他殺としか思われない殺され方をしていた。一体誰が犯人なのか?

で、最初、、、、真空気嚢が人間から作られていて(エヴァみたいな)、それが犯人という脱力ミステリじゃないか(最初の数ページ読んだ感想)と思ったが、もちろん全然違う。。。(なんでそんなことを思ったか恥ずかしい、、、)。

章が変わるときは日付に気をつけろ、というのがよくあるミステリの読み方ですが、これは時間。

時間が最初からあれ?と思うのが多かったんですよ。なんで2時間ほっとくの?とか。あと外から見ないとわからないのに?とか無線とか女子も同じ?とか。

そういうことかー!やっぱり思わず読み返す。

なかなか面白かった。

 

2019年7月14日 (日)

尼崎城へ行ってきた。VRシアターで、本当の尼崎城がとても巨大だったことに驚く。中ではゲームとかなかなか凝った作りになっている。

工事中はよく通りかかっていたが、完成してから中に入るのは初めて。

20190713-150504 20190713-143745 20190713-143820 20190713-143912

中ではいろいろな展示(VRを使ったものなど)があったり、実際にコスプレしたりするコーナがあったりと凝っている。

20190713-144204 20190713-144506

VRシアターで、実際の尼崎城がものすごく巨大だったことに驚く。

でも復元されたものも、天守閣の形が〇△〇のような形(名前忘れた。。。なんとか風)で再現されている。

ここではチャンバラゲームとか、刀や銃も持てる(重いのに驚く)。

結構楽しいので、機会があれば行ってみては?

20190713-150342  20190713-150734

2019年7月13日 (土)

トイ・ストーリー4(字幕版)を公開初日に観てきた。今どきらしく、ヒロインが強い!あと小さな婦警さんかわいい。ホラーもあり。そしておそらく最終作になるのかな。

仕事終わりに遅めの時間で公開初日に観てきました。トム・ハンクスの声が聴きたいので字幕版で。あとキアヌ・リーヴスがすごい役で出ている。

20190712-191209

トイ・ストーリー3は、So long, partnerで号泣した私ですが、今回は号泣作品というよりは、おもちゃの存在意義というか子供から捨てられたおもちゃは不幸せなのか?というテーマで、結構重かったりする。

ストーリーは、

「前作でアンディからボニーに受け継がれたおもちゃたち。ボニーの幼稚園体験入学に付いていったウッディは、そこでボニーを助け、ごみ箱の中の素材、プラスチックのスプーンやアイスの木へらからボニーが自らおもちゃ、フォーキーを誕生させるのを見る。

しかしごみから生まれたフォーキーは自分がおもちゃであることが理解できず、すぐにごみ箱に捨てられに行こうとする。必死に止めるウッディ。そんな折、ドライブ(といってもキャンピングカーだ。うらやましい)旅行しているボニー一家の車からフォーキーが逃げ出す。飛び降り探すウッディ。そして見つけたが、その帰り道でウッディは20年前に別れたボー・ピープの痕跡を古道具屋で見つけ、、、」

というもの。古道具屋の人形が全部ホラーだ。。。

そして再会したボーが異常にかっこよくなっている。アラジンでもそうでしたが、最近は女子キャラをめっちゃ強く描くのが主流なんだな。

あとボーの友達のギグル・マクディンプルズという小さな婦警キャラがかわいい。あの折りたたみハウスごと欲しい。本当に80年代に売っていたとか。

悪のボスだと思っていたギャビーギャビーの哀しみ、そして最後のあのシーンはやっぱりうるうるした。

ウッディがどういう選択するかが今回の最大の山場だが、あれでよかったのだろう。

今回はトイストーリーで初めて(?)明確なロマンスらしきものがあったりする。しかもある意味2組か。(2組目はびっくりするが)

キアヌ・リーヴスがあのキャラやっているのはカナダ出身だからか!めっちゃはじけている。

おそらくこれで最後(これ続けようとするとそうとう無理な展開になりそう、、、って今回のボーもそうか、、、)になるだろうからトイストーリーファンは観たほうがいいです。

2019年7月12日 (金)

天下一品(豊中店)で唐揚げ定食、麺大盛りこってりを食す。

元気がなくてへろへろ、、、だったのでここでこってりを。

大概、これで元気がでる。

20190616-130317 20190616-130318 20190616-130319

2019年7月11日 (木)

京都駅構内の30番ホーム(嵯峨野線)の麺家さがので鶏天カレーうどん(特盛)を食す。

ここは結構好きで、ちゃんと座って食べられるお店。とり天とカレーが美味しい。

20190615-125543 20190615-125544 20190615-125546

2019年7月10日 (水)

リンガーハットで野菜たっぷりちゃんぽんを食す。ドレッシングがいいなあ。ゆず胡椒としょうががありますが、ゆず胡椒が人気なのは知ってますがしょうがもいいのだ。

このドレッシング、スープに混ざらないのでしょうがもゆず胡椒もどちらもたっぷり交互にかけて野菜だけ先に食べるのがお気に入り。

20190512-111058 20190512-111056 20190512-111054

2019年7月 9日 (火)

すき家でニンニクの芽牛丼(大盛+キムチ)を食す。

シャキシャキ感が以前より上がった気がして美味しい。辛さはちょっと足りないかな?ということでキムチも追加。

20190707-140137 20190707-140138 20190707-140141

2019年7月 8日 (月)

狩人の悪夢(有栖川有栖さん)を読んだ。火村英生シリーズ。亀岡はよく知っているので想像しながら、、、

あらすじは”悪夢を題材にしたホラー、ナイトメア・ライジングが大ヒットし、ハリウッドで映画化までされることになった超人気作家 白布施。有栖川は彼と対談をし、亀岡にある彼の家、夢守荘を訪問することになった。そこには悪夢を必ずみる部屋があるという。

しかし泊まった翌日、白布施の今は亡きかつてのアシスタントが住んでいた家で、彼の知り合いだったという女性が右手首のない状態で矢に射抜かれて殺されていた。犯人は彼女のストーカーか?壁に彼のものらしき血の手形がついていた。事件は簡単に解決すると思われたが、、、”

というもの。

これは動機が印象深い作品で、実際こんなことに自分が遭遇したらどうするだろう、と思って読んでた。さも自分のように語れるか、とか。

会社はどうなるんだ、とか。

最後の最後で、本編とは関係のない明るい話題があるのが救い。
20190707-180327

2019年7月 7日 (日)

松屋で玉子で食べる四川風麻婆豆腐定食(半熟卵)を食す。美味しいがもうちょっと辛いほうが、ということで七味唐辛子を大量にかける。

豆腐だけじゃなくて茄子も入っていてうれしい。花椒の風味も感じるけれど、もう少し辛いほうが、ということで七味を大量に投入して食すとちょうどいい辛さに。

20190705-191248 20190705-191247 20190705-191244

2019年7月 6日 (土)

印象派からその先へ 世界に誇る吉野石膏コレクション@兵庫県立美術館を観てきた。カエルがいない!が安藤忠雄さんの大リンゴがあった。

吉野石膏さんってあのタイガーボードの会社ですよね。音をしっかりカットして、の。

 

 

どれも集められた方のセンスが感じさせられる絵で、非常によかった。広告にも使われているルノワールのシュザンヌ・アダン嬢の肖像が特によかったし、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレーだけでなくゴッホ、ピカソの絵なども観ることができた。

まあそれはそれとして、なんとカエル君がいなくなった!

20190706-150256 20190706-150051 20190706-150321 20190706-150719 20190706-150252 20190706-150808

しかし3階に安藤忠雄さんの巨大青りんごがあったり。

20190706-150738 20190706-154530 20190706-155025 20190706-154434

2019年7月 5日 (金)

河童ラーメン本舗(千日前本店)で河童定食を食す。

何度も言ってますが、私はここのラーメンが一番好き。

 

20190203_1327472

 

河童定食にすると天むすと唐揚げがつく。そしてキムチ食べ放題。

 

 

20190203_132745

 

 

2019年7月 4日 (木)

岩屋ビーフで大劇場丼(肉増、ご飯大盛り、わさびごはん)を食す。

肉増にするとものすごい標高になります。

 

わさびごはんはいいアクセントになってお肉と合う。

 

 

20181223_135701

 

 

 

20181223_135704

 

 

 

2019年7月 3日 (水)

ブーメランストリート(吹田)をぶらぶら。

吹田に行ってひさしぶりにここを通った。
故・西城秀樹さん追悼以来か、、、
20190323-16520820190323-165157

 

2019年7月 2日 (火)

三豊麺で特製濃厚魚介つけ麺 特盛を食す。

山盛も以前は同じ値段だったんですが100円UPに。でも特盛は同じ値段でやっぱりお得。

20190428-125815 20190428-125816_1 20190428-125817_1 20190428-125818_1

2019年7月 1日 (月)

ココイチで大人のスパイスカレー THE チキベジ(大盛 3辛)を食す。赤タマネギのピクルスが甘い。

スパイスカレーシリーズもだいぶこなれてきて、これはなかなかおいしかった。赤タマネギのピクルスがいいアクセント。

20190627-201448 20190627-201449

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

最近のコメント

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ