« 裁く眼(我孫子武丸さん)を読んだ。 | トップページ | 松屋で牛肉と筍のオイスター炒め定食を食す。かなり濃い、というか塩辛い?でもご飯が進む辛さ。 »

2019年7月30日 (火)

恋と禁忌の述語論理(プレディケット)を読んだ。あの”その可能性はすでに考えた”や”探偵が早すぎる”の井上真偽さんのデビュー作だが、まさか数理論理学がミステリになるとは、、、

数学者や物理学者が探偵役というのはたまにあるが、まさか論理学者が探偵とは、、、、

天才論理学者の硯は、甥の詠彦から持ち込まれる、すでに別の探偵が解決している事件の真相が正しかったかどうか、を論理学で解き明かす。

(これは文系の人にはつらいだろうなあ、、、私もあんまり記号論理学には詳しくないけど)

聖ペテルブルグのパラドクスやバナッハ・タルスキの定理、古典論理、直感主義論理、様相論理やゲンツェンの定式化とかの話題が、隠し味じゃなくて推理に使われているという斬新なもの。

そしてなぜ詠彦がそんなに殺人事件に遭遇するのかの真相は、、、ああなるほどそういうことか!と納得。

あの上苙丞も出てきますが、その顛末があれ?と思ったらそれも上の真相と関わるという。

なかなか万人向けというわけではないですが、面白かったです。

20190728-195526


« 裁く眼(我孫子武丸さん)を読んだ。 | トップページ | 松屋で牛肉と筍のオイスター炒め定食を食す。かなり濃い、というか塩辛い?でもご飯が進む辛さ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁く眼(我孫子武丸さん)を読んだ。 | トップページ | 松屋で牛肉と筍のオイスター炒め定食を食す。かなり濃い、というか塩辛い?でもご飯が進む辛さ。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ