パソコン・インターネット

2018年10月12日 (金)

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その3)Mixed Mode S parameterを計算

バランス・アンバランス(あるいは差動(ディファレンシャル)・コモン)のSパラメータを計算したいことは良くある。QucsStudioでも昔のADSみたいな方法で簡単に計算できる。EQNに式を入れるだけ。

Qucs007
こんな感じで入れる。
(P3とP2がよく入れ替わってる計算例があるので注意:
なんかを参照)
こうすると、
Qucs006
このように計算できる。

2018年10月11日 (木)

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その2)SパラメータのTouchStoneフォーマットで出力するには?

またこれも知らないとハマる機能を見つけた。

Sパラメータファイル(Touchstoneフォーマット)をImportするのは簡単。
こうやればいい。DevicesからSパラメータファイルを選ぶだけ。
Qucs004
問題はExportするとき。CSVにExportするのはメニューがあるが、Touchstoneが見つからない!
間違い探しのようだが、ここにある。
Qucs005
Content→Datasetsで右クリックで出てくる。
これはわからんよ、、、(って実はヘルプファイルをよく読むと書いてある)

2018年10月10日 (水)

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その1)まずは何をさておきμの文字化けだけには注意。

自宅でSパラメータまで計算できるフリーの回路シミュレータないかな?と探してみると

かなりよさそうなものを見つけた。
これ。
ADSなどのシミュレータを使ったことがある人ならほとんどマニュアルなしで簡単なモデルなら計算できる。
例えばストリップラインの計算(Sパラメータ)をしたものがこちら。
回路:
Qucs001
計算結果:スミスチャートももちろん出る。
Qucs003
で、問題と言うか知っているひとは知っているのですが、
LTSpiceでも同じ問題があるのですが、μが日本語環境で文字化けして動かない!
Qucs002
カタカナのオになってる、、、
これは0umとμをuに直して入力すればOK.
これ知らないとハマります。
(続く)

2018年10月 9日 (火)

円の弧長,弦長,矢高,半径のどれか2つを与えて残りを計算(カシオの高精度計算サイト自作式)で180°以上、複数解に対応。

以前から、カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにこういう自作式を作ってアップしていて、かなりの人気になっている。

円の弧長,弦長,矢高,半径のどれか2つを与えて残りを計算

で、今日、ユーザの方のコメントでこういうのを見た。
弧長345.1840854矢高125と入力すると弦長114.6153961半径75.63668903中心角261.4814516と表示されるが、

弦長100半径72.5中心角271.7943621もあります、プラスの解が複数ある場合があるようです。当方、模型の制作、検査をしている者ですが数学のレベルが中学生以下なのでこちらの自作式を使用させてもらっています。これは

お願いですが、弦長、半径、既知と弧長、矢高、既知のように解が複数あるときはそれらも表示出来る様にしてもらえないでしょうか、ぜひ御検討お願いいたします。
え!180°以上で使っている人いたのか!と驚いた。しかも模型なのか。
実際、この2つの解って

Enko2018102

のような状態。。。想定していたのはこの絵の通り、180°以下。

Enko201810

使っている人がいるなら修正せねばなるまい。

なんで2つ解があるかというと、

L=r*θ, d=2*r*sin(θ/2), h=r*(1-cos(θ/2))

から計算しているのだが、矢高と弧長だと、
2*h/d=(1-cos(x))/x       (ただしx=θ/2)なのだが、
この関数が、
Enko2018103
こんな形なので、x<πまでに2つ解が出てくる。
(本当は180°以下の中心角が小さいほうだけしかいらないと思っていた、、、)
もう一つ、弦長と半径の場合も180°超えていいなら2つ解がでる。
あとはたぶんないはず、、、
とりあえず修正しましたが、いろんな使われ方をする自作式でおもしろいですな(自分で作ったながら、、、)

2018年9月26日 (水)

macbook proをmacOS Mojaveにアップデート。せっかくなんでダークモードにしてみる。

設定で切り替えられる。夜だと風景も夜になるのでかなり真っ黒。

20180926_204243

もっとも使えそうなのはiPhoneのカメラとの連携。
https://applech2.com/archives/macos-mojave-new-features-continuity-camera.html
とりあえず今のところ不具合はなさそうなので使っていくことにします。

2018年7月 3日 (火)

Scratch(プログラム言語)でExponential Sums(指数和)の図示をしてみる。

John Cookさんのブログで知った話題。
毎日Exponential Sumsを描いている。
こういうやつです。
Exponentialsum2
Scratchなら簡単に描ける。
リンクはこちら。
説明はこんな感じで
Turbo mode(Shift+green flag) is recommended.
f(n) : Sums of exp(2*pi*i*(n/dd+n^2/mm+n^3/yy)  , n=1 to nmax
Please try dd=11,mm=21,yy=31 or dd=10, mm=7, yy=1
いろんな絵が描けます。
Exponentialsum_2

2018年6月13日 (水)

Powerpointで数式入力をLaTeX形式で行う。WordはデフォルトでできるけどPowerpointはちょっと初期設定が必要。

Wordはだいぶ前からLaTeX形式で入力できるようになっているのだが、

Powerpointはちょっと初期設定が必要。
制御文字を使わないといけないのだ。
ちょっと説明がわかりにくけど、数式のデザインのツール、の右下をクリックして、
Powerpoint_latex_2
数式オートコレクト にTeX入力の特殊文字を設定する。(左に\TeX, 右に24C9
を入力してからALT+X)
これで、数式入力時に\Tex + スペースでTeXモードになる。
ではやってみよう。
こんな感じで普通にかける(\beginや\endとするとかってに【】になる。\fracとすると〼マークになる)
Powerpoint_latex2

2018年5月18日 (金)

円柱導体の高周波インピーダンス(表皮効果含む)の計算をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに自作式として作った。

ちょっと必要になって久しぶりに高周波関係の自作式を作ってみた。
実はベッセル関数の複素引数版が必要で、カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにはデフォルトで入っている。便利!
この辺が参考になります。

Skineffect

表皮効果でだんだん抵抗が上がるのと、
内部インダクタンスと外部インダクタンスの和が全インダクタンスになるのでちょっと下がる。
で計算はこちら。

円柱導体の高周波インピーダンス(表皮効果含む)の計算

こんな感じでグラフになる。
94402813825

2018年5月 8日 (火)

Scratch(プログラム言語)でCoupled Map Lattice(CML)を計算してみる。

最近、いろいろGIFアニメをつくるのをよくやっている。
簡単でかつアニメにしておもしろそうなのは、、、結合写像系(Coupled Map Lattice)なんてどうでしょう。
こちらを参考に。
昔、パソコンのスペックが低かった時はこういうのがぴったりのおもちゃだったのでした。
ではスクラッチのリンクはこちら。

Cml

こんな感じでaとgをスライダーで動かせる。ターボモード必須です。
Cmlanime

2018年2月19日 (月)

ソフトバンクが1.7GHz帯を3Gで使えなくしたので、持っているポケットWiFi GL01Pが使えなくなり、代わりに607HWが送られてきた。

ソフトバンクが

一部3Gサービス(1.5GHz帯/1.7GHz帯)提供終了について

としたので、ずっと使っていたPocket WiFi GL01Pが使えなくなった。
どうするかな、と思っていたらYmobileは代替機を送ってきてくれた。

http://www.ymobile.jp/support/relief/nwinfo/1700mhz/

607HWだ(2.1GHz帯を使っていると思う)。
https://wimaxgogo.com/pocket-wifi-607hw/

20180217_121711

これ、最初、何やっても圏外だったのでどういうこと?と思ったが、一枚ペラの移行説明書を見逃していた。その通り設定したら動きました。

より以前の記事一覧

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ