映画・テレビ

2019年1月13日 (日)

「アリ―/スター誕生」を遅ればせながら観てきた。これ4度目のリメイクか!なぜか日本の競馬が出るのと、ガガ様が余り必要ないところでも脱ぐ。

ガガ様の歌はさすがによかった。しかし、脱ぐとはいっても大事な部分は微妙に隠して見せないんだろう、さすがに、と思ってたらばんばん出し始めたり、、、最後のバスルームのカットいるのか?とおもったり。そしてなぜか日本の競馬の映像が出る。

まあそれはそれとしてブラッドリー・クーパー演じる酒とドラッグで破滅していくロックスターもかっこよかった。年の離れた兄のサム・エリオットも渋い。
サタデーナイトライブもグラミー賞も本物か!そして賞を渡す役目は本人役で登場のホールジー。
この前、ボヘミアンラプソディを観に行ったときも音楽の良さに感動したけど、これも同じくよかった。
ストーリーは悲劇的ですが、、、というかあの授賞式のシーン、私だったら恥ずかしくてその場で死んじゃうかも、、、

2018年12月23日 (日)

「シュガーラッシュ・オンライン」を観てきた。部屋着のディズニープリンセスたちに驚く、、、そしてサマーウォーズのラブマシーンのような気持ち悪いラスボス、、、そしてドリフト走行。

エルサのシャツの文字が「Just let it go」なのに笑った。

Wrechitralph21
自撮りの記念撮影(このシーンは本編にはありません)
Wrechitralph2
3D CG化されてなかったキャラも全然違和感なく、リトルマーメイドもモアナもムーランも、武闘派のシンデレラも白雪姫などなどが大活躍。最初は1シーンだけかな、と思ったら最後の最後で、、、という。ディズニーもなかなか攻めてる。
壊れたゲーム、シュガーラッシュの修理用部品を求めてインターネットの中へ向かうラルフとヴァネロペ。そこでであるポップアップ広告とポップアップブロッカーに最初から笑わせられる。
 
そしてe-bayでの落札のお金を求めて暴力的カーレースゲームの中へ。
(こんなやつかな、、、)
その女ボス、シャンクがめっちゃかっこいい。
ヴァネロペとドリフト満載のカーチェイスを繰り返すシーンは痺れる!
インターネットに残りたいと思うヴァネロペと元のゲームに帰りたいラルフがすれ違い、そして恐ろしい怪物を生み出す。
ってこれはホラーだ。こんな気持ち悪いラスボスないですよね。
一匹一匹描いたというサマーウォーズのラブマシーンを思い出す。
ピンタレストのあれが武器になるとは、、、
エンドクレジットも爆笑のパンケーキミルクシェークゲーム。
エンドクレジット後も、、、え!Frozen2(アナと雪の女王2)の予告?
と思ったら、、、脱力(笑)
めちゃ面白かったですが、吹き替え版で一つだけ文句が。
前作もそうですが、ハートのメダルのフォントがPCフォント丸出し!
もともとは手書きの文字なのに、、、それだけ直してほしかった。

2018年12月15日 (土)

映画「グリンチ」を観てきた。53歳、、、のグリンチのパンツに驚く、、、そしてパパは?

昔、実写でジムキャリーが演じたそうですが(観てない)、今回はアニメーションのグリンチ。
とにかくソリで滑るシーンが爽快でいいんですよ。さすがイルミネーション。
雪も綿のようだったり。でもソリだと降りるのはいいが登るのは大変?と思ったらそこは自転車のような機構がちゃんとついていて細かい。
驚くなのはグリンチが、パンツ(ブリーフ)はいていて、その上から毛皮のズボン履いて一体化した感じになってること!しかも53歳!で白髪染め(緑に染める)を買っていたりする。
また犬のマックスはけなげでかわいいのだが、、、
ちょっと気になるのはグリンチの心を溶かす少女、シンディ・ルーの家庭構成。
シンディと双子の弟たち、お母さんで、そしてシンディ・ルーもお父さんのことは一切口にしない(願い事ならそういうのもでるのかと思ったらなかったり)。
お父さんはどういう設定なんだろう。って考えるのがもう古い考え方なのかな。
あととにかく料理がおいしそうでした。
シンディ・ルーの願いはエンドクレジットを見るとかなったんですね(さすが発明家)。
同時上映はミニオンのミニミニ脱走ですが、最後の吹き替えた声優のエンドロールで笑った。これはお楽しみ。
グリンチの吹き替えは大泉洋さんでこれはよかったんですが、ベネディクト・カンバーバッチのも聞いてみたかった(字幕がまわりの映画館で全然やってなかったり)

2018年11月24日 (土)

映画「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」をIMAX GT 3Dで観てきた。めちゃくちゃ面白かった!まさかこんな展開になるとは、、、

IMAXで観ようとExpocityまで。

20181124_121544

一言で言ってめちゃくちゃ面白かった!
展開が早いし、意外な人が裏切るし、そしてあの炎の戦い。登場人物も息を切らしていたけれど、観てるこちらも息が切れそうに。
そして蛇に変身する美女は、クラウディア・キムさん(スヒョンさん)。
あのアベンジャーズでも女医として出演されてました。
こんなところで終わるか!というものすごく続きが気になる終わり方でした。
これ何部作になるんだろう。

2018年11月18日 (日)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた。めっちゃよかった!ライブエイドの再現で泣きそう。そして天体物理学者ブライアン・メイの論文を探す。

まあまずはこのライブエイド出演時のクイーンの映像を見よう。
これを完全再現!
We♡U2も!
ボヘミアンラプソディで、マルチトラックしまくるのもツボ!

皆そこそこ似てる、、、がフレディはそこまで最初は似てないな、と思ったけど最後の方にはもうフレディにしか見えなくなってきた。We are championで泣きそうになったり、、、

20世紀フォックスのテーマをブライアンとロジャーが弾いているのもツボ。

あとコーヒーメーカーはやめろ!に笑った。

マイクマイヤーズは絶対わからない(レコード会社の重役)。

そしてブライアンメイ。天体物理でPh.Dを取得しているということで論文はこれ。

Brianmay

https://spiral.imperial.ac.uk/bitstream/10044/1/1333/1/May-BH-2007-PhD-Thesis.pdf

ブライアンメイがなんで6ペンスコインをピックに使っているかもちょっとやってほしかったな、と思ったりした。

まあフレディの映画だから。

とにかく、薄いファンの私でも大興奮の映画でした。めっちゃ面白かった。

欲を言えば一緒に歌いたかった。。。爆音上映会でも行って叫びたい!

2018年11月10日 (土)

映画「GODZILLA 星を喰う者」を観てきた。橋本幸士さんが黒板の相対論の式を監修。だが、、、どうも全員の行動原理がよくわからん、、、

第一話、第二話とも観たので完結編も観ようとMOVIXへ。
カードのプレゼントがあった。

20181110_170115

途中で黒板のシーンがあって、特殊相対性理論の式が出ていて、エンドロールで橋本幸士さんが監修だとしった。

第一話のエンディングが結構よかったのでずっと見続けたのですが、、、 どうもこの最終話は登場人物の誰にも感情移入できなかった、、、

そもそもギドラはなんで見えてるのに赤外線で検知できないんだ、とか一方方向だけの相互作用なんてあるのかとか気になってしかたない。
一番よくわからないのがハルオは一体何がしたかったんだ、ということで、、、
ラストも、別に文明が進もうがどうしようがゴジラはまだ○○なんだから、、、
若い女の子を妊娠させて、悪いと思って恋人と心中みたいにしか見えなかったり、、、
あ、映像はすごくよかったです。ただ脚本が、これまでも破綻しているという批判があったようですが、私は結構好きだったのが、今回はどうも私も納得できない感じ。

2018年11月 4日 (日)

映画「ヴェノム」をIMAX次世代レーザー3Dで観てきた。めっちゃ面白い!そしてエンドクレジットの後のものは何?と思ったら、、、

IMAXで観るとこのポスターもらえます。

20181103_154023

トレイラーであの衝撃的な変身シーンを観て絶対面白そうだ、と思って期待してた。

期待を裏切らない面白さでした!

とにかく、ヴェノムが悪くてでかくてかっこいい。本当に人を食っちゃう(さすがに露骨には見せないですが、、、)。

サンフランシスコ市内でのカーアクション(というかバイクアクション)がもうびびるほどの凄さ。

そして自分の弱点をペラペラしゃべるヴェノム。

しかし寄生された人が死んだり何もなかったりするのはどういう区別があるんだろうか。

あとどうでもいいですが、ミシェルウィリアムズはなぜか日本の女子高生のようなミニスカートをはいていた。

最後の敵は最強の同類、ライオットですが、、、

実はエンドクレジットの最初で刑務所に入っていたのもそうなはず、、、赤毛のサイコパスは

Cletus Kasady

でした。

で、もう一つのエンドクレジットが謎、、、と思ったらこの映画の予告編だったらしい。

Spiderman : Into the spider-verse

2018年9月22日 (土)

#せやねん #メチャ売れ デオコ 薬用ボディクレンズが紹介されていた。女性の加齢臭向けというか若い女性の匂いをつける製品。

かつみさゆりさんがロート製薬にやって来た。
ラクトンという成分が若い女性特有の甘いにおいだとか。
35歳を超えるとぐっと減る、、、(わからないでもない)
180214_04
加齢臭の原因成分を除去し、ラクトンを補うような製品とのことでした。
個人的には大人の女性の香りはそんなに悪くない、、、若けりゃいいというもんでもないですが。
次に研究所で説明を受ける。
高粘度にして香りをしっかりつけるために白泥が配合されているとのこと。
担当者は平塚裕実さん。臭いにおいが好きとか(美人・変態博士とさゆりちゃんに紹介される(笑))。
ラクトンを見つけたのも平塚さん。

2018年9月17日 (月)

映画「プーと大人になった僕」を観てきた。まさに子供時代を忘れた大人が観たら本当にしみじみするお話。

いやー、想像通りのいい話でした。ユアン・マクレガーよかった。ただティガーにイライラする(笑)。いい加減にしろお前は!ハチミツべたべたのプーも大概だが、、、

で、象の怪物は字幕ではズオウ、になってましたが全然違う発音していたので調べると

Heffalump

ということでした。elephantにHがついてなんか変な感じに変形したものらしい。なのでゾウがへんな感じになってズオウ。
ヒイタチも違うなあ、と思ったら
Woozles
らしい。
プーさんとロビンが最後の方で抱き合うシーンはさすがにうるうる、、、したがやっぱり爆笑。
号泣するという感じではないですが、本当にしみじみいいお話です。
おそらくみんなが期待しているとおりのものが観られるので、ぜひどうぞ。

2018年9月16日 (日)

映画「アントマン&ワスプ」を観てきた。量子もつれが主題の映画?クマムシも登場。そして最後はあの映画の最後につながる!

最初出てくるマイケルダグラスとミシェルファイファーが若い?どうやってるの?と思ったらこうでした。

そしてアントマンはなんでアベンジャー インフィニティ・ウォーに出てなかった?と思ったら自宅に軟禁されてFBIに監視されてたから、、、、

FBIのアジア人の捜査官リーダー役がいい味だしている。最後は笑った。
今回の敵はゴーストことエイヴァ。なかなか可愛い女優さんでした(ハナ・ジョンカーメン)、ってレディ・プレイヤー1に出てた人か!
壁をすり抜けるゴーストと小さくなって消えるアントマン、ワスプとの闘いはかっこよかった。
そして今回のテーマは量子エンタングルメントか、ってあんまり量子の世界は再現されてない、、、でもローレンス・フィシュバーンは量子力学の授業をしていた。
Cbl02452_r97fdb49
、、、でも巨大クマムシ(こっちが小さくなっているだけですが)はよかった。
車が小さくなったり大きくなったりするのもやっぱりいい。ドラゴンボールのカプセルみたいだ。
ワザー、というのは
これらしい。
子役の子もほんとにかわいいな。
これをインスタに貼っているのは笑った。
Ari
残念ながら次のアベンジャーズでは大きくなっている設定で別の人になるらしい。
そしてラスト。
アベンジャー インフィニティ・ウォーを観てない人にはなんで消えたのか全くわからないはず、、、そしてアントマン&ワスプも帰ってくるかどうかも?
アベンジャーズの次の映画絶対観ないと。

より以前の記事一覧

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ