映画・テレビ

2018年8月12日 (日)

#仮面ライダービルド 第47話の話数を表す数式はarctan(1/73)+arctan(1/132)=arctan(1/47)

arctan(1/73)+arctan(1/132)=arctan(1/47)は、例えば
http://xn--w6q13e505b.jp/formula/arctan.html
を参照。

1dcf1bdd05e64781b258a9ec494c09ab

 

2018年8月11日 (土)

映画「ミッションインポッシブル フォールアウト」を観てきた。トムクルーズが最初から最後まで頑張る映画、、、あの年齢ですごいが、ヘリの事故と重なったのは少し気の毒。。。

とにかく最初から最後までトムクルーズが走り回る。パリでの無茶苦茶なバイクのカーチェイス、イギリスでの屋根の全力疾走、流石にいい年齢のトムさんだが気の毒なほど走り回る。

まあ、ストーリーはあってないようなもので、、、なんでプルトニウムがあんなチャチな容器に入ってんだとか、放射線が漏れまくっているとか、原子爆弾が72時間で作れるとか、、、

でもそんなことはあまり関係ない。

最後のヘリのシーンは実際にトムが操縦しているということですが、まあ、、、必ずしも自分でやらなくても良いんじゃないかとか思ったり。でもそれがこだわり。

ヘリの事故があったばかりなので、間違いなくテレビでやっていたら自主規制されていたと思いますが、映画は関係ないですよね、、、(亡くなられた方のご冥福をお祈りします)

2018年8月 4日 (土)

映画「カメラを止めるな!」を観てきた。評判通りめっちゃ面白かった。満員の館内が一体感を持って盛り上がった。

桂川のイオンではちょっと前から上映されていて人気ということを聞いてましたが、今回は昨日から上映が始まったTOHOシネマズなんばで観てきた。

もうこの土日はチケット完売で、私もようやくとれたのが最前列だった。。。
内容はもう評判通りの面白さ。
ネタバレを聞かないように早めに観たほうがいいというのもよくわかる(ばれても面白さが無くなるわけじゃないけど、驚きが無くなるかも)ジャンルが何かもネタバレになるのかな。
ということで私もネタバレは書かないけれど、後半は満員の館内がどっかんどっかん受けまくっていた(って笑いが起きることもネタバレか、、、)全員が一斉に笑うのは結構壮観。
ポン!が鉄板でした。
そしてみんなが笑っているけど私一人えづいているシーンとか、、(私はあれはだめなんですよ)
監督の娘役さんが私の知っている人に瓜二つで驚く(年齢が違うので別人、、、)のと、カメラ助手の女性がかわいいのと、女性プロデューサの顔の比率に驚愕する、、、
写真の伏線とかを観るとやっぱりジャンルは家族愛かも。。。
まあとにかくいいものを観た感が半端ない。
皆さんもぜひ。なかなかチケットとれないかもですが。

2018年7月29日 (日)

#仮面ライダービルド 第46話の話数を表す数式は3^3+36^3+37^3=46^3

こちらを参照。

20180729_092921

仮面ライダービルド数式解説まとめ

https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

#仮面ライダービルド 第46話の黒板の数式はペンローズ・ホーキングの特異点定理?話の中でワームホールが出てきたのに合わせて。

このあたりが参考になります。

20180729_093044

20180729_093130
仮面ライダービルド数式解説まとめ

https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

2018年7月22日 (日)

#仮面ライダービルド 第45話の黒板の数式は量子情報関係かな。Popescu-Rohrlich boxなどのワードが見えた。

この辺が参考になります。

20180722_093537

仮面ライダービルド数式解説まとめ

https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

#仮面ライダービルド 第45話の話数を表す数式は、オイラーの定数γを使って3^(2/γ)=44.9968...≒45

γ=0.57721566490153286...です。
ここに出てきた近似式は知らなかった、、、ラマヌジャンあたりが考えたのだろうか。
→と思ったら違った。こちらを参照

20180722_093031

仮面ライダービルド数式解説まとめ

https://twitter.com/i/moments/914391838487973888

2018年7月21日 (土)

映画「未来のミライ」を観てきた。なんというか、、、細田監督が子育てが大変で、誰か助けてくれないかなー、出来れば親族がいいな、先祖とか子孫とか、のような話?

面白いのは面白いんですが、あまりにもクライマックスがないとか、未来ちゃんが来た意味が結局よくわからない、とか賛否両論ありそうな映画でした。

なんというか、、、細田監督が子育てが大変で、誰か助けてくれないかなー、出来れば親族がいいな、先祖とか子孫とか、という想いをそのまあ映画にしたような。
いろいろツボを。
・くんちゃんが投げるのはベヘリット?
・お母さんはたい焼きにバターを塗る、、、そして体形を揶揄されると怒る(なんでだ(笑))
・結局未来ちゃんはなんで現代に来たの?ひな人形を片付けるためだけ?
 未来で大変なことが起きていて、それをなんとかするために来たのかと思いきや
 そうでもない(笑)。
・お母さんの子供時代がくんちゃんよりひどすぎる、、、
・ひいおじいさん、福山雅治さんか!
・未来ちゃんは現代と過去に同時に存在できないのに、くんちゃんはなぜ存在できる?
・結局あのインデックスはなに?最初に戻るけどなんで過去に来たのかが全然わからん。
 犬が人間になる理由もわからん、、、
全部、くんちゃんが観ている夢、というならわからんでもないですが。
しかしオープニングとエンディングの山下達郎さんの声はとにかくよかったです。

ホンダのCM"都市とクルマデビュー"のCMソング, Why can't we be friends?じゃないですか!WARがオリジナルだが、Smash mouth版がめちゃくちゃ好き!

ホンダのこのCMソング聴いてびっくり!Why can't we be friends?のカバーじゃないですか!
オリジナルはWARですが、
私がアメリカに住んでいたころ、WWFのCMにも流れていた!このSmash Mouse版が
大好き!なぜか日本語に聞こえる空耳ソング。

2018年7月16日 (月)

ようやく念願だった映画「バーフバリ 王の凱旋 完全版」を観てきた。評判に違わぬ面白さ!もちろんツッコミどころも満載。 

バーフバリ 王の凱旋は本当に観たかったけれど、評判になっていたころにはもうどこも劇場でやっていなくて、爆音上映会などがあったときもすぐに満席になって観られず、、、

ところが最近、普通に近所の映画館で上映されていることを知った。
(たぶん皆さんの近所でも上映されていると思う。これを参照)
評判通り、めっちゃ面白かった!
最初に1作目の伝説誕生のあらすじが日本語で上映されるんですが、、、すぐに2作目はその続きになると思うじゃないですか。
全然違う!
というか最初はスポンサー企業の紹介が延々続き不安になる、、、大丈夫かと。
でもその心配が杞憂に終わる。
始まったら、、、1作目の続きじゃなくて、1作目の前日譚が2時間続く(笑)
なんじゃこりゃ!
でもこれがめちゃくちゃ面白い!
のと、お父さんバーフバリ、お前戦ってるのお前の国の国民だぞ、、、、お前が鼻の下伸ばさなきゃこんなことにならない、、、と見てる全員が突っ込む。
そしてなぜか飛ぶ○○にさらに突っ込んだら、、、
なんか泣きそうな展開に(おかしいですよね。こんなにむちゃくちゃなのに泣く展開)
指を切った妻に怒って○○を切る(もうここでバーフバリのとりこに)
2時間たってようやく前作の続き。
あの有名な盾で飛んでいく、、、、のが序の口のすごい戦闘が続く。
もうこれは観るしかない作品です。
上のリンクで上映館探して観てない人はみてください。絶対損しません。
観た人も完全版じゃなかった人はもう一回見よう。

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ