Fallen Physicist, Rising Engineer まとめリンク:

<ドラマに出てきた数式シリーズ>

新ガリレオ(ドラマ)に出てきた数式まとめ + α

物理学者が変身する仮面ライダービルドに出てきた数式解説まとめ

<カシオの高精度計算サイトの自作式>

カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに投稿した自作式まとめ:

  ランキング2位:「円の弧長,弦長,矢高,半径のどれか2つを与えて残りを計算」をkeisan.casio.jpにUP!

  ランキング1位:運命数の計算(やりすぎコージー都市伝説より)をカシオの高精度計算サイト、keisan.casio.jpの自作式として作ってみたよ。

<Excel VBAで数値計算>

Excelマクロ(VBA)で数値計算-複素TDGL方程式、蔵本シバシンスキー方程式、ピタゴラスの三体問題、シュレーディンガー方程式、FPU問題などなど

Dormand-Prince(ルンゲ・クッタ8次)の有名なルーチンDOP853をExcel VBAに移植

Excel VBAで複素数/FFTが使えるライブラリ

<超高次ルンゲクッタ>

35段14次のルンゲクッタ法をPARI/GPに実装、ローレンツ方程式を計算し、通常の4次、そして8次、オイラー法と比較してみる。

<Scratch>

Scratchまとめ:Numerical Calculation

<もろもろ所感>

電子レンジは、水分子の固有振動数(共振周波数)を利用しているのではないです。

世界で最も恐ろしい試験は「マクローリン展開の剰余項を求めよ」→GeoGebraでマクローリン展開してみる。

Powerpointで数式入力をLaTeX形式で行う。WordはデフォルトでできるけどPowerpointはちょっと初期設定が必要。」

京都vs滋賀の決め文句、琵琶湖の水止めてやる!は、、、京都の疏水事務所で管理してるから滋賀県民には止められない

長谷工コーポレーションのCM、一体何に”気づいた?”なのかというと、、、

41個以上の正方形を見つけられるか??? - わたしも思いついた! 42個目も思いついたぞ(Squareは正方形だけじゃない)。

Fallenphysicistrigingengineer

2021年5月18日 (火)

素数階段ならぬナベアツ階段(ナベアツ数 Nab(x)をxの関数としてプロット)を擬ナベアツ関数(quasi-Nabeatsu function)と比較(加藤文元さんの1ページ論文を見て。Pythonで計算)

加藤文元さんがナベアツ数の解析をされているのを初めて知った。

 

 

おお、これは素数階段みたいだ。ということでPythonで描いてみよう。ついでに最後にquasi-Nabeatu function (nab(x))として記載されているものとも比較しよう。とりあえず10^5くらいで数分かかる。

Nabeatsu

Pythonのコードはこちら:

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

x=100000
count = 0
n = range(1, x+1)
Nab = []
qNab = []
for k in range(1, x+1):
    if k % 3 == 0:
        count += 1
    else:
        if '3' in str(k):
        count += 1
    Nab.append(count)
    q = k - (2/3)*k**np.log10(9) - 1
    qNab.append(q)

plt.figure(figsize=(12,8))
plt.bar(n, Nab, label = 'Nab(x)')
plt.plot(n, qNab, label='quasi-Nab(x)', color = 'Red')
plt.grid()
plt.title("Nabeatsu Numbers Nab(x)", fontsize=24)
plt.xlabel('x', fontsize = 18)
plt.ylabel('Nab(x)', fontsize = 18)
plt.tick_params(labelsize=18)
plt.legend(fontsize=18)
plt.xscale("log")
plt.yscale("log")
plt.show()

2021年5月17日 (月)

新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(5/16更新) 日本も韓国も全然増加スピードが落ちない。イギリスもなんかちょっとずつ増えて行ってる。 

まずはリニアスケール。

日本の増加が半端ない。韓国も何気に増加していっている。しかし増加が収まっていたのがイギリスだけと思っていたらイギリスも徐々に増加していっている。変異種のためか?

Coronaww202105161

 

次はログログプロット。これも日本の傾きが一番急だなあ。次が韓国。

Coronaww202105162

 

日本の詳細ログログプロット。第二波に近い感じで増加という感じか。第三波よりはましだが、、、

Coronaww202105163

2021年5月16日 (日)

高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2021年5月16日 IEEE Microwave MagazineとMicrowave Journalの記事が被った!チップレスRFID。マイクロ波シミュレータの元祖COMPACTの歴史、6Gでグラフェンが重要?そしてEETimesのJunko Yoshidaさんが引退

IEEE Microwave Magazineの今月号、

https://ieeexplore.ieee.org/xpl/mostRecentIssue.jsp?punumber=6668


Chipless RFID Printing Technologies: A State of the Artという記事が出てる。

Chiplessrfid

電池もいらないで、情報をパターンとして描いて受け取った信号をさまざまな周波数で共振させることで情報を読み取り側に渡すもの。

こちらは工法主体。

一方、Microwave Magazineの今月号は、

https://www.microwavejournal.com/publications/1

Design of a Cobweb Shape Chipless RFID Tag

という記事が出ていて被った!珍しい。でもこっちはパターンが主。

Chiplessrfid2

あと、マイクロ波の回路シミュレータの元祖(ADSの前、MDSのさらに前)のCOMPACTの開発の話が出ていた。偉大なり。

The Birth of Commercial RF/Microwave CAD

Compactf2

Microwave MagazineのほうにはUWBを使った広帯域誘電体スペクトロスコピーも出てた。

UWBでタグ(RFID)と言えばApple AirTagも分解されてましたね。

AppleのUWB利用を忘れものタグ(位置タグ) AirTagの分解(iFixitの写真を解説、5/9修正、UWBとBluetoothのアンテナの位置を完全に間違えていた。てことは表側はほぼ100uFの高分子キャパシタが5つが中心)

グラフェンが6Gで大きな役割を果たすというIDTechEXの分析。ほんとかな、、、

Graphene to Play an Integral Role in 6G Technology

Qorvoが出している電源管理回路のDummiesシリーズ。

Power Up Your Power Management Knowledge

ZigbeeがMatterに。普及するのかな、、、

 

The Connectivity Standards Alliance Unveils Matter, Formerly Known as Project CHIP

 

EEtimesの名物エディター、Junko Yoshidaさんが引退!えーそうなのか。記事をいつも興味深く読ませてもらってました。

Au Revoir, Junko

2021年5月15日 (土)

UWBに使われるアンテナ、PICA(ピカ、Planar Inversed Cone Antenna)に2つ穴があるのはまさにスライムアンテナ。ピカチュウの耳から給電すれば5Gミリ波アンテナの水平垂直偏波ができる!

UWB(Ultra Wide Band)、AppleがiPhone11から採用し、AirTagが発売されたことでちょっと盛り上がっている。

AirTagはこちらを参照:

AppleのUWB利用を忘れものタグ(位置タグ) AirTagの分解

で、UWB用のアンテナについて調べていてこれを見つけた。

Ultra-Wideband Antenna and Design

その中でPICAというのがある。Planar Inversed Cone Antennaで、円錐アンテナが逆方向向いていてP板に形成されているようなものだが、、、その中で2つ穴が開いているのがまさにスライム!

Pica

3つ穴タイプは、うーん、キョーダイン、ゲッターロボ、仮面ライダーフォーゼ???

PICAなんでピカチュウもできそうではある、、、

5Gミリ波アンテナは水平(H)と垂直(V)偏波使うので、、、耳から給電すればPichachu-PICAができる!

Pica2

2021年5月14日 (金)

ホワット・イズ・ライフ?生命とは何か(ポール・ナース)を読んだ。評判通り面白い!ウイルスも親戚と思えるように?そして科学を重視しない政治やワクチン拒否にもちくり。一番驚いたのはポールさん自身の生まれ。コロナの中でこそ読みたい本。

あちこちで評判を聞いていて、これは読まねば、と思ってようやく読めた。

確かにこれは面白いです。細胞・遺伝子・自然淘汰による進化・化学としての生命・情報としての生命、の5ステップを説明したのち、生物学で世界をいかに変えることができるか、についての問題提起があり、そしてポールさんの生命とは何か?についての考えが述べられています。

多く挟まれる自分、あるいは別の学者たちのエピソードが非常に面白いです。特にポールさん自身が行った細胞周期についての発見のエピソードはわくわくする感じ。ダーウィンのおじいさんの話も知らなかったので面白い。

一番驚いたのはポールさん自身の生まれというか、出自というかですが、、、ドラマみたいだ。

あとイギリス人らしく、政治やウイルス拒否する人への皮肉も。

読んだ後はウイルスですら親戚と思えるような気がするほど、生命はお互いに関連づいていて祖先も同じ、ということに気付かされます。

コロナの中でこそ、こういう本を読んで生命に思いをはせるのがいいのでは、と思います。

20210512-142853

2021年5月13日 (木)

マイクロ波工学 第4版(David M.Pozar)を買った。あのMicrowave Engineering 4th edition の邦訳。高周波(マイクロ波、ミリ波)でいい教科書ないですか?日本語で!と聞かれてずっと「ない」と言っていたのがこれからはこれを読め!と言える。

昔は小西さんの本とか(まあ元ネタはいろいろ今ならわかりますが)それなりの数の高周波の教科書が書店に並んでいたことがあった、、、が、今はあまりないし、あってもちょっと初歩的すぎる?というのもばかり。

で、高周波(マイクロ波、ミリ波)でいい教科書ないですか?と聞かれることが多いのだが、

洋書ならPozarのとか、と言ってたら日本語じゃないと読めないと言われ(!)

じゃあ「ない」と言ってた。

スマートフォンの時代になってから完全に日本は高周波技術で立ち遅れたからなあ、、、

まあないだろうな、と思っていたらたまたま書店で見つけた。

これ!

20210512-142936

おお、PozarのMicrowave Engineering 4th edition が邦訳されてた!早速買った。

もちろん、今の時代(5Gとか)から見ると古いところも多いですが、すべての基礎はここから。

これ全部読んどけば大抵の新技術にはひるむことなくついていけると思う。

難点は高いことだけ、、、

 

2021年5月12日 (水)

京都の壬生寺でお参り。

本当に人がいないので安全にお参りです。

20210509-124208 20210509-124210 20210509-124231 20210509-124240 20210509-124309 20210509-124340 20210509-124326

2021年5月11日 (火)

松屋で厚切りトンテキ定食(シャリアピンソース、ご飯大盛無料)をいただく。大盛にすると肉の量が足りないがソースがたっぷりなので大丈夫。

玉ねぎの酸味がいい感じのシャリアピンソース。バターもいいですが、まあ肉はそこまで柔らかくは、、、でも十分です。

ただ大盛りご飯だと肉の量とのバランスがイマイチでご飯が残る。。。がソースが大量なので最後はソースご飯で十分

美味しくいただけます。

20210509-120733 20210509-120735

2021年5月10日 (月)

新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(5/9更新) 緊急事態宣言が延長だが、やはり日本の伸びが一番ひどい。

まずはリニアスケール。こう見ても日本の伸びが一番ひどい。緊急事態宣言が出ててもこれか、、、延長もやむなしか。

とはいえイギリス以外は特に減ってないですが。

Coronaww202105093

 

ログログプロット。もうイギリスはグラフから外してもいいかなと。こう見ても日本の増加が一番ひどいな。

Coronaww202105092

日本の詳細ログログプロット。とはいえ第三波の始まりよりは第四波はまだましなのか、、、

Coronaww202105091

2021年5月 9日 (日)

なか卯で鶏天おろしうどん(冷)としらすご飯のセットをいただく。暑い日だったのでちょうどいい涼しさに。

この日は相当暑かったうえにかなり歩いてちょっと汗をかいた。なのでうどんも冷で注文。

これがとても涼しくてよかった。しらすご飯もちょうどいい塩気で塩分補給できた。鶏天もからっとあがっていて美味しい。

20210504-124203 20210504-124205 20210504-124204 20210504-124206

2021年5月 8日 (土)

餃子の王将の5月限定メニュー ニラ玉ラーメンをいただく。ピリ辛でニラ玉+もやしがシャキシャキでなかなか美味しい。

久しぶりに餃子の王将へ。限定メニューのニラ玉ラーメンを食べに来たのだ。

ニラも卵も好きなのでこれはとても美味しい。ちょっとピリ辛なのもいいです。

20210503-113842 20210503-113839

フェアセットBで餃子1人前にして注文で完食しました。

2021年5月 7日 (金)

任天堂スイッチのナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミングのおそらくアルゴリズムを記述する中間ノードンというのを見てみた。これは子供が楽々複雑なプログラムをして大人がてこずるパターンかな。

任天堂が面白いソフトを出すそうだ。

https://www.nintendo.co.jp/switch/awuxa/index.html

スイッチを使ってプログラミングの考え方を学ぶようなもので、既存の言語などではなくてオリジナルでスイッチの機能を活かしたものになっているようです。

で、ノードンというものを並べて線で結ぶ感じのプログラムで、

入力ノードン、中間ノードン、出力ノードン、モノノードンに分かれている。

どうやら中間ノードンというのが動きやセンシングの裏で動く、アルゴリズムを記述するメイン部分になるようだ。

ということでノードンたちを見てみると、

Switchprogramming

うわ、確かにこれだけあればいろんなことができそうだが、大人でプログラム組めるような人が逆にこんがらがって

子供の方がめちゃくちゃ複雑なアルゴリズム書きそう。

どんなものが出てくるか楽しみ。

※どこかの記事でScratchと比べられていましたがだいぶ違いそう。

 Scratchって私もやっているけど数値計算、シミュレーションもできる普通のプログラミング言語としても使えるので。。。

https://scratch.mit.edu/studios/304773/

 Scratch_numerical_calc

金井戸神社(三栖神社御旅所)、伏見でお参り。

巨椋大橋を渡って来た後はこちらへ。ここも誰もいない、密にならずにお参りできる場所でした。隣に川が流れていて落ち着く。

20210504-121613 20210504-121628 20210504-121634 20210504-121709 20210504-121719 20210504-121721

2021年5月 6日 (木)

巨椋大橋を歩いて渡る(帰り)。ヨシ原が枯れていて模型飛行場があるサイド。

さて帰り道。

20210504-114831 20210504-114959

こちらには模型飛行場がある。

20210504-115041 20210504-115045

ラジコンヘリが飛んでいた。

Heli

20210504-115424 20210504-115429 20210504-115246

京都大学の防災研究所の施設がある。

20210504-120309 20210504-120100

結構往復すると疲れます、、、(てかここまでたどり着くのにすでに数時間かかっているし)

本当に誰もいない(自転車で通り過ぎる人はいるが)ので密に全くならないのでお勧め。

 

2021年5月 5日 (水)

地球と月の間の万有引力より太陽と月の間の万有引力の方が強いのか!知らなかった、、、

たまたま月の軌道の摂動計算の話を調べていてこれを見た。

https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B7EEA4CEB8F8C5BEB1BFC6B0.html

  • 実際に計算してみると、地球が月を引っ張る引力は、太陽が月を引っ張る引力よりも小さいことがわかります。

え!そうなの!

実際に計算してみよう。わからない定数はWolframAlphaが教えてくれる。例えば

Sunmoon3

のような感じ。

で月・太陽・地球の位置関係は

Sunmoon2

のようになるので(惑星の大きさはスケール通りじゃないです)どう見ても地球のほうが強そうだが、

実際に計算するとこうなる。

               
  太陽 地球        
質量(kg) 1.9884E+30 5.9724E+24 7.3458E+22        
太陽からの距離(m)   1.4960E+11 1.4921E+11 地球は平均、月は一番近づくとき  
地球からの距離(m)     3.8500E+08        
半径(m) 6.9634E+08 6.3781E+06 1.7371E+06        
               
万有引力(太陽と地球) 3.54E+22 N   万有引力定数G    
万有引力(地球と月) 1.98E+20 N   6.6743E-11  m3 kg−1 s−2  
万有引力  (太陽と月) 4.38E+20 N          

うわ!本当だ。倍くらい太陽の引っ張る力の方が強いのか!知らなかった、、、

 

«巨椋大橋を歩いて渡る(行き)。ヨシ原が青く京都競馬場が見えるサイド。

最近の記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ