« 福知山の「かき末」に行ってきた。 | トップページ | ハイライト(今度は衣笠店)に行ってきた。 »

2009年1月 7日 (水)

「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読んだ。

エヴァンゲリオンの最終話でも、「誰か助けてください」、でもありません。オリジナルの世界の中心で愛を叫んだけものです。

表題作は短い作品だけど、全部のテーマがヴァイオレンス(死語?)に満ちて、表題作から派生したものとも読めるなあ。狂気とか悪意がどこから来てるかとか。

しかし天国を作るためには天国以外を全て犠牲にしてもいいのかとか。

裁判での最後の言葉は介入した瞬間の話なのかな。

« 福知山の「かき末」に行ってきた。 | トップページ | ハイライト(今度は衣笠店)に行ってきた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読んだ。:

« 福知山の「かき末」に行ってきた。 | トップページ | ハイライト(今度は衣笠店)に行ってきた。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ