« 東宝特撮映画DVDコレクション「三大怪獣 地球最大の決戦」を見た。 | トップページ | グレイ・スコットモデルをExcelでルンゲクッタ5次で計算。 »

2009年12月18日 (金)

「宇宙消失」を読んだ。

久しぶりにグレッグ・イーガン作品を読みました。

量子力学の観測問題とか人間原理が小説になるとはいつもいつもアイデアがすごいなあ。サスペンスっぽい部分もあるのがいい。しかしこんなことができたら、これはラッキーマン(ラッキーだけで敵に勝つ)のように反則で何でもありですな。

最後のほうはなんとなく人類補完計画みたいなイメージかな。

« 東宝特撮映画DVDコレクション「三大怪獣 地球最大の決戦」を見た。 | トップページ | グレイ・スコットモデルをExcelでルンゲクッタ5次で計算。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙消失」を読んだ。:

« 東宝特撮映画DVDコレクション「三大怪獣 地球最大の決戦」を見た。 | トップページ | グレイ・スコットモデルをExcelでルンゲクッタ5次で計算。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ