« 神崎川駅で降りて三津屋商店街をぶらぶら | トップページ | 「幻夜」を読んだ。 »

2009年12月 6日 (日)

「白夜行」を読んだ。

とんでもなく遅ればせながら読んでみた。これは望月三起也の「ジャパッシュ」というか、星野之宣の「妖女伝説」のような読後感(何でも昔の漫画に結びつけるのが私の悪い癖。。。)

しかしPC8001→88→98と時代が変わっていくのがパソコンファン(死語)の私としては面白かった。偽造カードの鉄粉の話も時代を感じさせる。あと恐らくデンソー時代に東野さんが関わったような仕事の話(データベースとか)もでてきますよ。

しかしこれを映画化とかテレビドラマ化したのはすごいな。見てないけど(なら言うな)。

« 神崎川駅で降りて三津屋商店街をぶらぶら | トップページ | 「幻夜」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「白夜行」を読んだ。:

« 神崎川駅で降りて三津屋商店街をぶらぶら | トップページ | 「幻夜」を読んだ。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ