« 「白銀ジャック」を読んだ。 | トップページ | 「ガラス張りの誘拐」を読んだ。 »

2011年3月 8日 (火)

「家守」を読んだ。

歌野さんの短編集です。ハッピーエンドにさよならを、とも被る全部アンハッピーエンド。表題の家守と、ピグマリオンをモチーフにした人形師の家でが特によかった。人形師は、好奇心が旺盛なのも考えものというか、これは子供よりお母さんがひどいというかなんというか。

« 「白銀ジャック」を読んだ。 | トップページ | 「ガラス張りの誘拐」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「家守」を読んだ。:

« 「白銀ジャック」を読んだ。 | トップページ | 「ガラス張りの誘拐」を読んだ。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ