« 今TBSで”世界の超S級危険生物コレクション”見てたら、手話で会話するゴリラ、ココが子猫を失ったときの映像が、、、悲しすぎる、、、 | トップページ | 国際宇宙ステーションのAMSで暗黒物質かも?という現象が見つかった? »

2013年4月 4日 (木)

素数ものさしとゴールドバッハ予想 そしてものさしと定規の違い

目盛りが素数だけという”素数ものさし”が京大生協(昔お世話になりました)で発売になっているとのこと。

http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130329000097

 

20130329135909sosuu

こりゃ面白いな。

この物差しで任意の自然数を測ろうとすると、、、

ゴールドバッハ予想が正しければこれでなんでも測れる(?)

ゴールドバッハ予想というのは、、、

”4以上の全ての偶数は、二つの素数の和で表すことができる。”

てことは、

”7より大きい奇数は三つの奇素数の和で表せる”

ことも簡単に言える。なので、これで大丈夫。

でも、、、、ゴールドバッハ予想、証明されてないんだけど、、、

(4x10^18までは実際に確かめられているそうなんでものさしの話は大丈夫!)

http://www.ieeta.pt/~tos/goldbach.html

 

--

 

とはいえ、実際に使うときには差で測るんでしょうが。何種類か方法がありますが、例えば

 

1=3-2、2、3、4=7-3、5、6=11-5、7、8=11-3、9=11-2、10=13-3、11、12=17-5、13、14=17-3、15=17-2、16=18-2、17、18かな。

 

--

 

でどうでもいいですが、物差しと定規の違いって知ってますか?

 

テレビで見たのは

 

物差しは端が0になっていて、長さを測るもの。長いものを測るときは端が0なので、端をメモってそこからまた当てて、、、と何回も当てて測れる&長さが保証されてる。定規は、、、直線を引くもので端は0じゃない、とのこと。しかも長さが保証されてない。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E8%A6%8F

 

 

« 今TBSで”世界の超S級危険生物コレクション”見てたら、手話で会話するゴリラ、ココが子猫を失ったときの映像が、、、悲しすぎる、、、 | トップページ | 国際宇宙ステーションのAMSで暗黒物質かも?という現象が見つかった? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『幻のマスキングテープ』が、≪…「素数ものさし」…≫になっていそうだ。
この原型は、絵本「もろはのつるぎ」(有田川町ウエブライブラリー)がある。

≪…正の整数で1以外の数…≫を、【 整数で1以外の数 】の素数を【+ -】の数の進む方向が【10までの刀模様の物差し】がオモシロそうです・・・

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  ⦆( ) * ) * ) * * * の模様は、右に進む  表 裏 表 裏 表 裏 表 裏 表 裏
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 * * * ( * ( * ( ) ⦅ の模様は、左に進む 表 裏 表 裏 表 裏 表 裏 表 裏

透明なスケールなら、表裏で模様が完成する。
[1]の模様(刀札)の[ ⦆]と [10]の模様(刀札)の[⦅ ]が 物差しの数の進む方向 + - を決め、数直線のイメージになる。
 自然数を『刀札』に割り当てジグザグ模様から素数に + ‐ を持たせ整数を理解できそうだ。  『幻のマスキングテープ』の 10までを物差しとするものだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今TBSで”世界の超S級危険生物コレクション”見てたら、手話で会話するゴリラ、ココが子猫を失ったときの映像が、、、悲しすぎる、、、 | トップページ | 国際宇宙ステーションのAMSで暗黒物質かも?という現象が見つかった? »

最近の記事

最近のコメント

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ