« なか卯で激辛冷やし坦々うどんを食す。結構辛い。 | トップページ | かつ丼 玄でかつとじ丼 Wかつ W卵を食す。 »

2018年6月21日 (木)

「透明カメレオン」(道尾秀介さん)を読んだ。本当の真相に驚く。ああ、それで最初の方に違和感が、、、

声は素晴らしいが、容姿はさえない恭太郎はラジオパーソナリティ。
番組終わりにいつも向かい、始発まで飲むバーifに集まるのは一癖も二癖もある面々。
恭太郎は彼ら・彼女らの話を面白おかしく作り替え、ラジオで語っていた。
ある大雨の夜、びしょ濡れの美女がバーに飛び込み、「コースター」、、、とだけ喋った。
そのうち、、、
その美女に「ある殺害計画」を手伝わされることになる。
意味不明の指示に振り回されるifの常連の面々。
そのうち恭太郎は彼女に心をひかれていく、、、
というのがストーリー。
ある殺害計画の真相よりも、本当の真相が驚くというか、ああ、最初の方でホワイトデーなんかに違和感があったのはそういうことか!となんかしみじみ。
途中までは笑えて、最後に泣ける小説です。

« なか卯で激辛冷やし坦々うどんを食す。結構辛い。 | トップページ | かつ丼 玄でかつとじ丼 Wかつ W卵を食す。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なか卯で激辛冷やし坦々うどんを食す。結構辛い。 | トップページ | かつ丼 玄でかつとじ丼 Wかつ W卵を食す。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ