« 映画「グリンチ」を観てきた。53歳、、、のグリンチのパンツに驚く、、、そしてパパは? | トップページ | 垂水の御霊神社でお参り。 »

2018年12月16日 (日)

「熱帯」(森見登美彦さん)を読んだ。誰も結末を読んだことがない「熱帯」という本のお話で、本当に不思議でジャンル分け出来ない怪作。面白いです!

表紙カバーを取ったら絶対あの幾何学模様だろう、と思ったらそうでした。

20181216_180709

20181216_180758
「この本を最後まで読んだ人間はいないんです」という幻の本「熱帯」を巡るお話で、
作中の森見さんが語った通り
「推理小説ではないし、恋愛小説でもない。歴史小説でもないし、SFでもなく、私小説でもない。ファンタジーと言えばファンタジーだが、それでは何も説明したことにならない」お話です。
もうこれ以上説明できない、、、
しいていうと進々堂と、
神保町のランチョン
だけが現実か、、、
どれが現実でどれが小説でどれが小説内小説でどれが、、、というのが全然わからなくなる入れ子構造です。
千一夜物語を予習しておくといいかも、、、

« 映画「グリンチ」を観てきた。53歳、、、のグリンチのパンツに驚く、、、そしてパパは? | トップページ | 垂水の御霊神社でお参り。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「グリンチ」を観てきた。53歳、、、のグリンチのパンツに驚く、、、そしてパパは? | トップページ | 垂水の御霊神社でお参り。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ