« 奈良の明日香村を歩く(その4)飛鳥寺で飛鳥大仏を見る。 | トップページ | 京都アバンティ地下のこがね家で黒とんこつチャーシュー麺を食す。 »

2019年5月15日 (水)

美を競う 肉筆浮世絵の世界@京都文化博物館を観てきた。江戸時代の女性の髪型の様々な鬘の模型があって、櫛とかかんざしとかどうつかっているかわかった。すごい!めっちゃおしゃれだ!

もちろん、肉筆での浮世絵のタッチとか色使いとかも興味深いのですが、それより私が初めて認識したのは江戸時代の女性の髪形。

鬘でものすごくたくさんの江戸時代に流行った髪型を展示しているのですが、それが櫛やかんざしの使い方がえぐいほどすごい。

あの時代でめっちゃおしゃれ!今のファッションの多様さにも決して負けてない。

おしゃれの飽くなき追及はすごいなと思って、そこから浮世絵も髪型ばかり見てたら、、、ああ、そうやって描き分けてるのか、と超納得。

20190512-12340420190512-123326

20190512-123102 20190512-125141

« 奈良の明日香村を歩く(その4)飛鳥寺で飛鳥大仏を見る。 | トップページ | 京都アバンティ地下のこがね家で黒とんこつチャーシュー麺を食す。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良の明日香村を歩く(その4)飛鳥寺で飛鳥大仏を見る。 | トップページ | 京都アバンティ地下のこがね家で黒とんこつチャーシュー麺を食す。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ