« 阪急神戸線のイラストが素敵と思ったら、中村佑介さんのイラストか! | トップページ | 松屋で回鍋肉定食(小鉢はキムチ)を食す。ご飯が進む一品。 »

2019年6月24日 (月)

「いまさら翼といわれても」(米澤穂信さん)を読んだ。久しぶりの古典部、折木の「やらなくてもいいことなら」がなぜそういう考えになったのかや、中学で嫌われていた理由、そしてえるが行方不明になる表題作など登場人物の鍵となる短編集。

久しぶりの古典部だ。匣の中の失楽 、、、ではなくて生徒会選挙の不正を描いた箱の中の欠落、中学のときにホータローが嫌われる原因となった卒業制作の謎を描いた鏡には写らない、ホータローの昔の走れメロスの読書感想文が出てくるわたしたちの伝説の一冊、そして千反田えるが合唱の前に行方不明になる表題作、など各メンバーの過去に関わる鍵となる作品が並ぶ短編集です。

特にやらなくてもいいことなら、やらない。やらなくてはいけないことなら手短に、というポリシーがどうやって生まれたか、の長い休日は私もこういうこと昔あったなあ、、、とかホータローにシンパシーを感じるお話。

20190623-172030

« 阪急神戸線のイラストが素敵と思ったら、中村佑介さんのイラストか! | トップページ | 松屋で回鍋肉定食(小鉢はキムチ)を食す。ご飯が進む一品。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急神戸線のイラストが素敵と思ったら、中村佑介さんのイラストか! | トップページ | 松屋で回鍋肉定食(小鉢はキムチ)を食す。ご飯が進む一品。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ