« ようやく探していたストロガッツ先生の「Infinite powers」買った!微分・積分の歴史から、ウサイン・ボルトやHIVとの闘い、など興味深い題材がたくさん。 | トップページ | 高校野球発祥の地記念公園@豊中を通りかかる。 »

2019年6月16日 (日)

「ヒッキーヒッキーシェイク」(津原泰水さん ハヤカワ文庫)を読んだ。面白かった!幻冬舎との一件がなければ手に取らなかったと思うので、あれはあれでよかったのかも。担当編集者さんも辞めずにすむ売れ行きみたい。

幻冬舎との一件で興味があって読んでみたのですが、そういうこととは無関係に面白かったです。むしろ、これが売れなかった幻冬舎のやり方はどうなのよ、とか思う。

あらすじは「引きこもり支援センター代表のカウンセラー、JJこと竺原丈吉は引きこもり四人、パセリ、セージ、ローズマリー、タイムに「不気味の谷を超えたい」をあるプロジェクトに引っ張り込む。JJの狙いか、金か、悪意か、それとも、、、」というもの。

もちろん、パセリ、セージ、ローズマリー&タイムはサイモン&ガーファンクルのスカボローフェアから。

 

で、四人のキャラが立っていて(引きこもっているのに立っているのもおかしいが)、特にパセリこと芹香さんの成長が一番素敵で、特に最後のほうの弟さんとの○○○☆○○○○○の企画のシーンは、私も子供のころこんなこと考えていたことがある(誰しもある)のですごく楽しかった。

そして竺原がなぜカウンセラーになったか、や最後の引きこもりたちへのミッションもまだわくわくする。

これはまだまだ売れていきそうな予感。

20190616-172351

« ようやく探していたストロガッツ先生の「Infinite powers」買った!微分・積分の歴史から、ウサイン・ボルトやHIVとの闘い、など興味深い題材がたくさん。 | トップページ | 高校野球発祥の地記念公園@豊中を通りかかる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく探していたストロガッツ先生の「Infinite powers」買った!微分・積分の歴史から、ウサイン・ボルトやHIVとの闘い、など興味深い題材がたくさん。 | トップページ | 高校野球発祥の地記念公園@豊中を通りかかる。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ