« 映画「スペシャルアクターズ」を観てきた。カメラを止めるな!の上田慎一郎さん監督作品。これも大どんでん返しがあって、絶対ネタバレだめなやつ!想像以上に面白かった! | トップページ | 夜行(文庫版。森見登美彦さん)を読んだ。熱帯では一冊の本での不思議でしたが、これは連作銅版画での不思議?というかホラー?ファンタジー? »

2019年10月23日 (水)

Ank: a mirroring ape (佐藤究さん)を読んだ。これはすごい、、、間違いなく今年読んだ中でベスト1。近未来の京都で、ゾンビとしか思えない市民の殺し合い、京都暴動が起きるSFホラー。

私のオールタイムベストな作品の一つが高野和明さんの「ジェノサイド」なのですが、このAnkもそれに匹敵する衝撃を受けた。

20191021-173324

 

あらすじは

「先進的なカウンセリングAIを開発し、大富豪となったシンガポール人、ダニエル・キュイはある日突然引退する。そのころ、チンパンジーの研究者である鈴木望は、ミラリング・エイプという論文を公開するが、誰からも反響はなかった。ただ一人、ダニエル・キュイを除いては。

一方、サイエンスライターであるケイティ・メレンデスはダニエルの後を追い、その過程で鈴木望にインタビューする。望はダニエルからの莫大な資金援助をうけ、亀岡に巨大なチンパンジー研究施設、KMWPを建設、センター長になり、世界中から超一流の研究者を呼ぶ。

そんな中、KMWPでは南スーダン共和国のジェバから負傷して声も出せないチンパンジーを引き取る。そのチンパンジーのある能力に気付いた望は、アンクと名付けて実験を続けるが、、、

そして、、、

2026年、京都で大暴動が起きる。京都暴動。人種国籍を超えて目の前の他人を襲う人々、、、次々と人が殺され、殺していく。

一体原因は何なのか?アンクの能力とは、、、

というもの。このあらすじだけでも面白そうですが、実際読むと色んな情報がちりばめられていてさらに面白い。

知っておいた方がいい予備知識は、、、

京都大学 霊長類研究所。

https://www.pri.kyoto-u.ac.jp/index-j.html

今西錦司さんに始める霊長類研究。

https://langint.pri.kyoto-u.ac.jp/ai/ja/publication/TetsuroMatsuzawa/080723_1.html

2001年宇宙の旅

 

ある反復遺伝子。

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/166842/1/apk04000_036.pdf

ワオキツネザルが出すある種の鳴き声

http://anthro.zool.kyoto-u.ac.jp/evo_anth/evo_anth/symp9907/oda.html

 

知らなくても説明が詳しいですが、知っているとより楽しめるかと。とにかくお勧めです。

今野敏さんも解説で激賞してます。

 

« 映画「スペシャルアクターズ」を観てきた。カメラを止めるな!の上田慎一郎さん監督作品。これも大どんでん返しがあって、絶対ネタバレだめなやつ!想像以上に面白かった! | トップページ | 夜行(文庫版。森見登美彦さん)を読んだ。熱帯では一冊の本での不思議でしたが、これは連作銅版画での不思議?というかホラー?ファンタジー? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「スペシャルアクターズ」を観てきた。カメラを止めるな!の上田慎一郎さん監督作品。これも大どんでん返しがあって、絶対ネタバレだめなやつ!想像以上に面白かった! | トップページ | 夜行(文庫版。森見登美彦さん)を読んだ。熱帯では一冊の本での不思議でしたが、これは連作銅版画での不思議?というかホラー?ファンタジー? »

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ