« Ank: a mirroring ape (佐藤究さん)を読んだ。これはすごい、、、間違いなく今年読んだ中でベスト1。近未来の京都で、ゾンビとしか思えない市民の殺し合い、京都暴動が起きるSFホラー。 | トップページ | 高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2019年10月24日 Qualcommが5G関連企業に200Mドル出資&5Gの利点を プレゼン、放熱機構がすごいMicrosoft Surface Laptopや60GHzセンサが搭載のGoogle Pixel 4 分解 »

2019年10月24日 (木)

夜行(文庫版。森見登美彦さん)を読んだ。熱帯では一冊の本での不思議でしたが、これは連作銅版画での不思議?というかホラー?ファンタジー?

本当に不思議でぞっとするけれど続きが気になってしょうがないお話でした。あらすじは、「十年前、同じ英会話スクールに通っていた六人は鞍馬の火祭を見物に出かけ、、、その際に長谷川さんが姿を消す。

それから十年。また火祭に集まった五人はそれぞれの十年に起きた不思議な旅先でのお話を次々と語りだす。尾道、奥飛騨、津軽、天龍峠。全員が岸田道生という銅版画作家の連作、夜行を目にしていた。一体、長谷川さんに何が起きたのか、、、そして十年後、また、、、」

というお話。

とにかく、それぞれのお話が最後まで語られなくてぞっとする。それが次々やってきてそして最後の真相(というか、本当に真相なのかも?)で本当に不思議な気分になる。

感想がものすごく描きにくいお話ですが、この感覚は同じ森見さんの熱帯と同じ。森見さんにしか書けない作品と思います。

20191022-145127

 

 

« Ank: a mirroring ape (佐藤究さん)を読んだ。これはすごい、、、間違いなく今年読んだ中でベスト1。近未来の京都で、ゾンビとしか思えない市民の殺し合い、京都暴動が起きるSFホラー。 | トップページ | 高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2019年10月24日 Qualcommが5G関連企業に200Mドル出資&5Gの利点を プレゼン、放熱機構がすごいMicrosoft Surface Laptopや60GHzセンサが搭載のGoogle Pixel 4 分解 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Ank: a mirroring ape (佐藤究さん)を読んだ。これはすごい、、、間違いなく今年読んだ中でベスト1。近未来の京都で、ゾンビとしか思えない市民の殺し合い、京都暴動が起きるSFホラー。 | トップページ | 高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2019年10月24日 Qualcommが5G関連企業に200Mドル出資&5Gの利点を プレゼン、放熱機構がすごいMicrosoft Surface Laptopや60GHzセンサが搭載のGoogle Pixel 4 分解 »

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ