« 松屋で1週間限定のお肉1.5倍増量の“豚肩ロース”の生姜焼定食を食す。めちゃくちゃ肉の量が多い!マヨネーズもたっぷり。 | トップページ | 富野由悠季の世界@兵庫県立美術館を観てきた。ファーストガンダム、あんなに1話目から人が死んでたのか、、、ライディーン、イデオン、ザンボット3、そしてラ・セーヌの星などの絵コンテなどが満載でした。 »

2019年10月14日 (月)

映画「蜜蜂と遠雷」を観た。よかった!原作を読んだ時も言葉で音楽が表現されてる、と思ったが本当に音楽があるとそれ以上の感動がある。 楽譜が電子ペーパーだったり書き込まれた紙だったりも。

原作読んだ時もすごいと思ったけれど、やはり音楽が付くとさらにすごくなる。

特に春と修羅のカデンツァの4人4様の曲(楽譜も電子ペーパーだったり描きこまれた紙だったり、ピアノも奏者によって違う)がよかったー。

原作と4人はぴったり重なると思いましたね。特に新人の風間塵役の鈴鹿央士くんが天真爛漫な感じで。俺はガンダムで行く!で世界に飛び出した赤崎ウィンくんも貴公子ぽくていいし、松坂桃李くんも顔のアップとかだけの芝居も多く、ものすごく感情移入できる(この中では立場的に自分に近いし、、、)。

何より松岡茉優さんがよかったー。最後の方の松坂くんとの会話で泣きそうになる。

(ブルゾンちえみさんも、あの役か!というものすごくいい役で出てます)

平田満さんの役もめちゃくちゃいい。あと、、、謎の片桐はいりさんも。

原作とちょっと違うのは、母親の役割とプロコフィエフの2番と3番が入れ替わり、とか爆弾がない(おそらく自粛)などで、テンポが良くなるように切られている部分もあるが気にならない。

入れ替わっているのはこちら参照。

https://keiho31.com/mitubati-to-enrai-prokofev-3361

 

確かに映像化だとこっちのほうが盛り上がるかも?

とにかくよかったので、原作読んだ人も読んでない人にもおすすめです。

原作を読んだ時の感想がこちら。

蜂蜜と遠雷”(恩田陸さん)をようやく読んだ。これはすごいですわ、、、小説で音楽が表現されてる。

 

20191013-135758

 

« 松屋で1週間限定のお肉1.5倍増量の“豚肩ロース”の生姜焼定食を食す。めちゃくちゃ肉の量が多い!マヨネーズもたっぷり。 | トップページ | 富野由悠季の世界@兵庫県立美術館を観てきた。ファーストガンダム、あんなに1話目から人が死んでたのか、、、ライディーン、イデオン、ザンボット3、そしてラ・セーヌの星などの絵コンテなどが満載でした。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松屋で1週間限定のお肉1.5倍増量の“豚肩ロース”の生姜焼定食を食す。めちゃくちゃ肉の量が多い!マヨネーズもたっぷり。 | トップページ | 富野由悠季の世界@兵庫県立美術館を観てきた。ファーストガンダム、あんなに1話目から人が死んでたのか、、、ライディーン、イデオン、ザンボット3、そしてラ・セーヌの星などの絵コンテなどが満載でした。 »

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ