« 松屋でお肉どっさり焼き牛めし(お肉たっぷり焼き牛めしの大盛り)と豚汁を食す。 | トップページ | 三宮のマルナカさんでホルタマ丼Wを食す。美味しい! »

2020年4月 8日 (水)

濱地健三郎の霊なる事件簿(有栖川有栖さん)を読んだ。有栖川さんの新しい探偵シリーズだが、霊視ができる探偵というのが面白い。

霊なる、とかいて「くしびなる」と読むそうです。

外観から三十代なのか五十代なのか謎の探偵、濱地健三郎さんが霊視の能力と鋭い推理力で事件を解決する

短編集。助手のユリエも最初は霊とは関わらなかったが、事件に巻き込まれていく中でやがて、、、という。

・ホラー作家の元を夜ごと訪れる幽霊の目的は?

・殺人事件の容疑者が同時刻に複数の場所にいたのは生霊か?

などなど、霊は絡みますが種々のミステリとしても楽しめる作品。

かなり濱地さんが魅力的で、こういう落ち着いた探偵はなかなか最近なくていいです。

まだこのシリーズ続くそうなので楽しみ。

20200405-145624

 

 

« 松屋でお肉どっさり焼き牛めし(お肉たっぷり焼き牛めしの大盛り)と豚汁を食す。 | トップページ | 三宮のマルナカさんでホルタマ丼Wを食す。美味しい! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松屋でお肉どっさり焼き牛めし(お肉たっぷり焼き牛めしの大盛り)と豚汁を食す。 | トップページ | 三宮のマルナカさんでホルタマ丼Wを食す。美味しい! »

最近の記事

最近のコメント

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ