« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その11) 中二病用語、ブルースカイ・カタストロフィを生じるGavrilov Shilnikov modelを計算してGIFアニメに。 | トップページ | 増山超能力師大戦争を読んだ。前作は割とほのぼの系でもあったが、今回はハード。ダークマターが超能力の原因とは、、、 »

2020年7月11日 (土)

AX(伊坂幸太郎さん)を読んだ。恐妻家の殺し屋の連作短編集だが、途中で驚く、、、そして最後にあの伏線が効いてるとは、、、

伊坂さんの過去の作品に出てきた殺し屋も(本人か噂かはありますが)出てきます。連作短編集の、最初(AX、BEE、Crayon)は殺し屋の話とは言え家族の話も挟まれてユーモアもあったり楽しいのですが、”EXIT”で「え!」と驚く、、、これは予想もしてなかった。

一体どうなるんだ?と思ったが最後の”FINE”でまた「あれがここにくるのか!」と驚く。

これは何言ってもネタバレになりそうなのでここまで、ですが、一番驚いたのは「古山高麗雄」さんが実在の人物で本も実在ってことでした!

20200625-214431

 

 

« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その11) 中二病用語、ブルースカイ・カタストロフィを生じるGavrilov Shilnikov modelを計算してGIFアニメに。 | トップページ | 増山超能力師大戦争を読んだ。前作は割とほのぼの系でもあったが、今回はハード。ダークマターが超能力の原因とは、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その11) 中二病用語、ブルースカイ・カタストロフィを生じるGavrilov Shilnikov modelを計算してGIFアニメに。 | トップページ | 増山超能力師大戦争を読んだ。前作は割とほのぼの系でもあったが、今回はハード。ダークマターが超能力の原因とは、、、 »

最近の記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ