« ホワイトラビット(伊坂幸太郎さん)を読んだ。これは絶対だまされる!帯の全てを、疑え!で疑って読んでいたのだが全く真相が違っていた! | トップページ | Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その9) 三体問題の周期解いろいろ(3) 1223個見つかった解のうち、I.A68(0.5),I.A2(4),I.B59(0.75) »

2020年7月 7日 (火)

Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その8) 三体問題の周期解いろいろ(2)13個見つかった解のうち、クラスI.A.1のbutterfly I

先日はピタゴラスの三体問題と8の字解を計算した。

シンプレクティック8次公式のExcel VBAのプログラムソース

今回は、ついで見つかった13個の解についてやってみよう。

なんと三体問題の新しい解が13個も見つかっていた!さっそく計算して図示&GIFアニメ化

 

初期値は

x0=[-1, 0.306893,0, 0.125507,1,0.306893,0, 0.125507,0,-2*0.306893,0,-2*0.125507]

で、m1=m2=m3=1とする。

クリックするとアニメが始まります。

3body02

 

なかなか面白い動き。

 

次はこちら:さらに見つかった1223個の解

1223個の新しい三体問題の周期解が見つかったということで、私もExcel VBAにルンゲクッタ8次のDOP853を移植したもので計算してみた。なかなか面白い動きをする。

« ホワイトラビット(伊坂幸太郎さん)を読んだ。これは絶対だまされる!帯の全てを、疑え!で疑って読んでいたのだが全く真相が違っていた! | トップページ | Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その9) 三体問題の周期解いろいろ(3) 1223個見つかった解のうち、I.A68(0.5),I.A2(4),I.B59(0.75) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイトラビット(伊坂幸太郎さん)を読んだ。これは絶対だまされる!帯の全てを、疑え!で疑って読んでいたのだが全く真相が違っていた! | トップページ | Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その9) 三体問題の周期解いろいろ(3) 1223個見つかった解のうち、I.A68(0.5),I.A2(4),I.B59(0.75) »

最近の記事

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ