« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その6) ピタゴラスの三体問題を計算してFuncAminationでGIFアニメにしてみる。 | トップページ | 松屋でお肉たっぷり回鍋肉定食(小鉢はキムチ)を食す。ちょうどいい辛さで美味しい。 »

2020年7月 3日 (金)

Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その7) 三体問題の周期解いろいろ(1) 8の字解

昨日、ピタゴラスの三体問題が計算できるようになったので、いろいろな三体問題も初期値と質量を変えればすぐに計算できる。

有名なのは8の字解

シンプレクティック8次公式のExcel VBAのプログラムソース

ついで見つかった13個の解

なんと三体問題の新しい解が13個も見つかっていた!さっそく計算して図示&GIFアニメ化

さらに見つかった1223個の解

1223個の新しい三体問題の周期解が見つかったということで、私もExcel VBAにルンゲクッタ8次のDOP853を移植したもので計算してみた。なかなか面白い動きをする。

といろいろある。まずは8の字解かな。

昨日のプログラムで、m1=m2=m3=1として、初期値を

x0=[ 0.97000436,-0.5 * 0.93240737,-0.24308753,-0.5 * 0.86473146, -0.97000436,-0.5 * 0.93240737,0.24308753,-0.5 * 0.86473146,0,0.93240737, 0,0.86473146]

とする。

計算結果はこちら。クリックするとGIFアニメが始まります。

3body01

続く。

« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その6) ピタゴラスの三体問題を計算してFuncAminationでGIFアニメにしてみる。 | トップページ | 松屋でお肉たっぷり回鍋肉定食(小鉢はキムチ)を食す。ちょうどいい辛さで美味しい。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その6) ピタゴラスの三体問題を計算してFuncAminationでGIFアニメにしてみる。 | トップページ | 松屋でお肉たっぷり回鍋肉定食(小鉢はキムチ)を食す。ちょうどいい辛さで美味しい。 »

最近の記事

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ