« AX(伊坂幸太郎さん)を読んだ。恐妻家の殺し屋の連作短編集だが、途中で驚く、、、そして最後にあの伏線が効いてるとは、、、 | トップページ | 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカでの感染者数を指数関数とロジスティック関数でフィッティングした。(10/18更新)アメリカと日本は再び増加傾向。アメリカはトランプがあれだから、ですが日本も油断している人多すぎでは、、、 »

2020年7月12日 (日)

増山超能力師大戦争を読んだ。前作は割とほのぼの系でもあったが、今回はハード。ダークマターが超能力の原因とは、、、

前作がとても面白かったので今回も楽しみにしていた。前作でのユーモアも満載なのもよかったですが、、、

めっちゃハードというかシリアスになってる!

超能力がダークマター(DM)要因であると解析された世界。企業がDMを検出する装置などを開発している。

そんななか、DMの痕跡を消す装置を開発した責任者が失踪し、奥さんが増山の事務所に捜索を依頼する。

しかし増山超能力師事務所の面々が何者かに襲われる、、、また増山の家族も。一体なぜ技術者は失踪したのか、裏で糸を引いているのは誰か?

というもの。

重くなりそうなところを明美がうまく落としてくれてそこは面白いのですが、味方だと思っていたあの人がそういうことをしていたとは、、、

(ってネタバレなのでやめる)。そして増山の娘のアリスちゃんについても、次回作でどえらいことになりそうな予感。

(メモは事務所じゃないよね?家だよね?)

ということで次回作も楽しみ。

20200630-223721

 

« AX(伊坂幸太郎さん)を読んだ。恐妻家の殺し屋の連作短編集だが、途中で驚く、、、そして最後にあの伏線が効いてるとは、、、 | トップページ | 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカでの感染者数を指数関数とロジスティック関数でフィッティングした。(10/18更新)アメリカと日本は再び増加傾向。アメリカはトランプがあれだから、ですが日本も油断している人多すぎでは、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AX(伊坂幸太郎さん)を読んだ。恐妻家の殺し屋の連作短編集だが、途中で驚く、、、そして最後にあの伏線が効いてるとは、、、 | トップページ | 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカでの感染者数を指数関数とロジスティック関数でフィッティングした。(10/18更新)アメリカと日本は再び増加傾向。アメリカはトランプがあれだから、ですが日本も油断している人多すぎでは、、、 »

最近の記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ