« 大国主神社(木津の大国さん)でお参り。 | トップページ | すき家で牛丼トリプルニンニクMIX メガ盛りを食す。とんでもないニンニクの量で 想像以上にニンニク三昧。ブレスケアがついてくるのも納得。 »

2020年8月 8日 (土)

「レプリカたちの夜」を読んだ。これはなんなんだ、、、SF?ファンタジー?ミステリの賞をとっているけどミステリじゃない、、、なんかすごい世界観。

帯で伊坂幸太郎さんが「とにかくこの小説を世に出すべきだと思いました」と語る作品。第2回新潮ミステリー大賞受賞ということですが、ミステリー?かと言えば???謎は多いですが。

あらすじは「動物レプリカ工場(そもそもこれはなんだ)に勤める往本は夜中、動くシロクマを目撃する。工場長はスパイだと断言し、殺せと往本に命じる。そこから往本の周りでおかしなことが起きはじめる。トラックにひかれたはず、と言われたが記憶がない。パーティーに出ていたはずと言われるが記憶がない、、、そうこうしているうちに工場長が、、、そしてシロクマが、、、、一体レプリカとは何なのか?往本の身に何が起きているのか?」というようなものですが、

本当に何が起きているかわからないです。不条理小説というかなんというか、SFなのかファンタジーなのか。

読んでいる間ずっと不思議な感じで、ラストもこれで終わりなのか、真相はこれでいいのか???と謎が残ったり。

ちょっとこの作者さんの別の作品も読んでみたい。

20200807-201649

 

« 大国主神社(木津の大国さん)でお参り。 | トップページ | すき家で牛丼トリプルニンニクMIX メガ盛りを食す。とんでもないニンニクの量で 想像以上にニンニク三昧。ブレスケアがついてくるのも納得。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大国主神社(木津の大国さん)でお参り。 | トップページ | すき家で牛丼トリプルニンニクMIX メガ盛りを食す。とんでもないニンニクの量で 想像以上にニンニク三昧。ブレスケアがついてくるのも納得。 »

最近の記事

最近のコメント

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ