« 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(1/10更新) ここ数日の伸びでいうと日本が一番ひどいか。 | トップページ | 騙し絵の牙(塩田武士さん)を読んだ。大泉洋さんを主人公にあてがきし、映画版も今年公開。確かに大泉さんにしか思えない主人公で、いったい何に騙されているのかが最後までわからない。 »

2021年1月11日 (月)

文化財修理の最先端@京都国立博物館 平成知新館を観てきた。あの騎馬武者像(足利尊氏じゃなかった)の裏で弓の下絵があったり、絹を古くするのに電子ビームを使ったり、と知らなかったことがたくさん。国宝の五智如来坐像はすごい迫力。丑づくしも。

ここは予約は不要でした。あまり派手な宣伝などはしないで、今あるもので何とかいい展示をしようという

心意気が感じられてよかったです。ものすごく展示の数は多いけれど、人はものすごく少なくてゆっくり見られる。

ただ、ゆっくり見すぎると結構疲れるので、体調整えていくのがいいかも。

20210110-154853 20210110-142910 20210110-142928 20210110-143242

騎馬武者像が、昔は足利尊氏だと学校で習っていたのがひっくり返った、その絵がありました。

裏を見ると、弓の下絵があったり。

ただ、掛け軸については用語の予備知識があったほうがいいかも。私はなかったのですぐ検索した。

https://kakejikuya-nagoya.jp/yougo/

あと、絹を古くして修復するのに電子ビームつかうとかも面白かった。

膠が50年くらいしか持たないとか、いろんな知識も仕入れられた。そしてやはり1Fの仏像のコーナーは迫力がすごい。

丑づくしのコーナーも入って700円の入場料とお得です。ゆっくり見られるし。

« 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(1/10更新) ここ数日の伸びでいうと日本が一番ひどいか。 | トップページ | 騙し絵の牙(塩田武士さん)を読んだ。大泉洋さんを主人公にあてがきし、映画版も今年公開。確かに大泉さんにしか思えない主人公で、いったい何に騙されているのかが最後までわからない。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(1/10更新) ここ数日の伸びでいうと日本が一番ひどいか。 | トップページ | 騙し絵の牙(塩田武士さん)を読んだ。大泉洋さんを主人公にあてがきし、映画版も今年公開。確かに大泉さんにしか思えない主人公で、いったい何に騙されているのかが最後までわからない。 »

最近の記事

最近のコメント

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ