« 高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2021年1月13日 IEEE Journal of Microwaves創刊、CES2021でQorvoやSkyworksがFEM関連の出展、ミニサーキットの60GHz LTCCパッケージ、など。 | トップページ | 無限に続く円周率Πで、1桁ずつ違う方向に動かすとランダムウォークのようになるというRandom Walk of Pi をScratch(プログラム言語)で作った。 »

2021年1月14日 (木)

ノーマンズランド(誉田哲也さん、姫川玲子シリーズ文庫最新作)を読んだ。まさかあの国家犯罪と結びつくとは、、、犯人に対して複雑な思いを抱く作品。そして最後まで正体が明かされない人物とは?

これは最初は何の変哲もない殺人事件(殺人が変哲もないというのもおかしいですが)から始まり、政治家が絡んできてあれ?と思ったらあの国家犯罪(詳細はネタバレになるのでかきません)と結びつくというすごい作品。

あらすじは「東京葛飾区のマンションで女子大生が殺害された。特捜本部入りした姫川玲子班だが、容疑者として浮上した男はすでに別の男を殺した件で逮捕されていた。しかしその情報は不自然なほどに遮断され、捜査は行き詰まる。一体事件の背後に何があるのか?そして二十年前の少女失踪事件との関係はあるのか?」

というもの。その少女失踪事件との結びつきと言うのが驚く。それを小説に持ってくるとはさすが誉田さん。なので犯人がその立場に自分が立ったらどうするかと考えると複雑な気持ちに。シリーズの恒例?のグロシーンもあるけど、、、

しかし死体写真を見ながらハンバーガーを普通に食べる姫川さんにも笑う。

そして最後まで正体が明かされない(ずっと出ているのに)もまあその人しかいないと途中で思うけど驚く。

今後のシリーズでも重要人物になるのだろう。楽しみ。

20210111-154903

« 高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2021年1月13日 IEEE Journal of Microwaves創刊、CES2021でQorvoやSkyworksがFEM関連の出展、ミニサーキットの60GHz LTCCパッケージ、など。 | トップページ | 無限に続く円周率Πで、1桁ずつ違う方向に動かすとランダムウォークのようになるというRandom Walk of Pi をScratch(プログラム言語)で作った。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2021年1月13日 IEEE Journal of Microwaves創刊、CES2021でQorvoやSkyworksがFEM関連の出展、ミニサーキットの60GHz LTCCパッケージ、など。 | トップページ | 無限に続く円周率Πで、1桁ずつ違う方向に動かすとランダムウォークのようになるというRandom Walk of Pi をScratch(プログラム言語)で作った。 »

最近の記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ