« 2021年3月 | トップページ

2021年4月

2021年4月23日 (金)

麺匠 たか松(KAWARAMACHI)でつけ麺大盛を食す。

石臼挽き全粒粉を使っているということで、これは一瞬ざるそばにも見えるが全く違って美味しいです。

20210122-143655

このすだちがまたいいんですよね。刻みたまねぎも美味しい。

20210122-143913

最後のスープ割まで美味しく頂きました。

20210122-143915 20210122-145546

2021年4月22日 (木)

京都駅近鉄みやこみちの四川料理 洛楽で酸辣湯麺をいただく。量も多く、辛さと酸っぱさがちょうどいい。

ここの酸辣湯麺、とても好きなんですよね。量もすごい。

ちょっと酢とラー油をさらに調整もできます。

20210306-140616 20210306-140617

2021年4月21日 (水)

日乃屋カレー(なんばウォーク店)で名物カツカレー(大盛無料)をいただく。確かに上等カレーとは違う感じの甘辛い面白い味。天かすガーリックがいいアクセントになる。

評判がいい日乃屋カレーがなんばウォークにいつの間にかできていた、ということで訪問。カツカレーにした。ライス大盛も無料なのでそちらで。

20210403-135526

ぱっと見、上等カレーっぽいし、甘辛いのも似てますが全然違う感じの味で面白い。

20210403-135527

この卓上にある天かすガーリックというのが面白いアクセントになっていてこれはよかった。

20210403-134924

2021年4月20日 (火)

大阪王将で元気盛り ハッスル麻婆カツライス(ご飯大盛)を食す。すごい量でした。麻婆よりもカレー風味が強いかな。

大阪王将は最近いつも攻めたネーミングの新作を出してきてる。今回は麻婆好きな私にはうれしいメニュー、

だとおもったらあまり麻婆感はなくてカレー感のほうが強いかな。カレーも好きなので問題なし。

20210418-122533 20210418-122529

凄い量で最後結構きつかった(大盛にしたし)が完食。

2021年4月19日 (月)

高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2021年4月19日 IEEE Microwave Magazineの記事で細胞の特徴づけにマイクロ波、Microwave Journalの特集は機械学習を使ったアンプ設計、QorvoがBAW技術を新型コロナウイルスの抗原検査に、など。

IEEE Microwave MagazineはIMS2021特集だが、記事としてテラヘルツ通信とGaNのMIMOアンテナアレイに加えて細胞の記事が出ていて面白い。

https://ieeexplore.ieee.org/xpl/mostRecentIssue.jsp?punumber=6668

 

Microwavemagazine_apr2021

Microwave Jornalの特集はアンプと発信器だが、機械学習を使ったアンプ設計の話が。ただこれは機械学習なのか最適化なのかという、、、まあ言葉がはやっているからと。後はモデリシックスのLNAモデリングやUWBバンドパスフィルタなど。

https://www.microwavejournal.com/publications/1

Microwavejournal_apr2021

QorvoがBAW技術を新型コロナウイルスの抗原検査に使う。これはいいな。

Qorvo® Biotechnologies Receives FDA Emergency Use Authorization (EUA) for Rapid COVID-19 Antigen Testing

RESONANTの発表。

RESONANT CUSTOMERS SHIP RECORD 8.6 MILLION RF FILTERS LEVERAGING ISN® DESIGN TECHNOLOGY IN FIRST QUARTER OF 2021; REPRESENTING YEAR OVER YEAR GROWTH OF 437%

同じくAkoustisの発表。

Akoustis Announces Two New WiFi 6E XBAW Coexistence Filters with Enhanced 5 GHz Spectrum Use and Receives First Order from Tier-1 OEM

2021年4月18日 (日)

NHKスペシャル 新型コロナ 全論文解読2〜AIで迫る 終息への道〜を見てリアルタイムTweet実況してました。スレッド貼っときます。

これです。第一回もたどれます。

 

新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(4/18更新)日本、完全に第四波来てるな。韓国もドイツもフランスもひどい伸び。

まずはリニアスケール。連日大阪で1000人超え、というのもあり完全に第四波が始まっているようだ。

イギリスがやはり陽性者を抑え込めているのはすごいな。アメリカも。

しかし韓国、フランス、ドイツは日本と負けず劣らず伸びている。

Coronaww202104183

ログログプロット。日本の傾きが一番急。

Coronaww202104181

日本の詳細ログログプロット。やはり第四波がこのスケールでも見えだした。

Coronaww202104182

 

 

2021年4月17日 (土)

すき家でやきそば牛丼オムカレーMIX(特盛)を食す。意外に違和感ない。

先日、やきそば牛丼を食べてかなり美味しかったので今度はさらにカレーとオムが乗ったやきそば牛丼オムカレーMIXを。

20210417-154108

混ぜすぎだろ、と思う方もいるだろうが結構違和感ない。カレーは何とでも相性がいいので。

20210417-154111

ただ量が半端ない。特盛にして多すぎた、、、普通盛でも十分満足かも。

2021年4月16日 (金)

すき家でやきそば牛丼(特盛)をいただく。関西人は焼きそば定食(焼きそば+ご飯)があるので全然違和感ない。

本当はやきそば牛丼オムカレーMIXを注文しようとしたらオムが切れた、ということでやきそば牛丼に。

まあこれにカレー+オムレツはやりすぎ感があるので実は神のお告げだったかも。

20210413-182429 20210413-182426

しかし全く違和感なく美味しい。関西人はお好み焼き定食とか焼きそば定食とか普通だし、ちょっと肉が多めの焼きそば定食感。

ただ炭水化物の量は半端ないが、、、

2021年4月15日 (木)

かつやで牛春雨プルコギとメンチカツの合い盛り定食(ご飯大盛)を食す。プルゴギの味が濃い!のとメンチカツがなぜか甘い。

予想以上に味の濃いプルコギでした。なのでご飯大盛で正解。味変のコチュジャンもいいです。

しかしメンチカツがサクサクなのはいいのですが、なんか異常に甘い??ソースかな。まあ美味しいですが。

定食にして丼にしないのは豚汁も欲しいからでしたが、豚汁も美味しかった。

20210411-133737 20210411-133740 20210411-133742

2021年4月14日 (水)

2つのSパラメータのカスケード接続による合成をWolframAlphaに手伝ってもらって計算した。

ちょっと新人教育用の資料で必要になって手計算しようと思ったら、、、全く自信がない。のでWolframAlphaに手伝ってもらおう。

一つ目のSパラメータ(Sa)は入射波をa1, a2、反射波をb1, b2とすると(行列をテキストで書く、、、)

|b1|=|Sa11   Sa12| |a1|

|b2|  |Sa21   Sa22| |a2|

二つ目のSパラメータ(Sb)は入射波をa3, a4、反射波をb3, b4とすると

|b3|=|Sb11   Sb12| |a3|

|b4|  |Sb21   Sb22| |a4|

カスケード接続すると、a2=b3, b2=a3なので、、、とここからWolframAlphaの登場。

記号を認識してくれないので記号を簡略化する。a1=x1, Sa11=p1, Sb11=q1,… b4=y4

とかおく。

y1=p1 x1+p2 x2, y2=p3 x1+p4 x2,x2=q1 y2+q2 x4, y4=q3 y2+q4 x4

となるが、このままは計算してくれない。なのでまず後ろの2式からx2,y2を計算する。

solve x2=q1 y2+q2 x4, y4=q3 y2+q4 x4 for x2, y2

といれると、

Wolframalpha_spara01

x2 = (-q1 q4 x4 + q1 y4 + q2 q3 x4)/q3 , y2 = (y4 - q4 x4)/q3 , q3!=0 , q1!=0

と計算してくれる。これを最初の2式に(これは手というかコピペで)入れて、さらにWolframAlphaに

solve y1=p1*x1+p2*(-q1*q4*x4 + q1*y4 + q2*q3*x4)/q3, (y4 - q4*x4)/q3=p3*x1+p4*(-q1*q4*x4 + q1*y4 + q2*q3*x4)/q3

としてみると?

Wolframalpha_spara02

p4 q1!=1 , y1 = p1 x1 + (p2 (p3 q1 x1 + q2 x4))/(1 - p4 q1) , p2!=0 , y4 = (p3 q3 x1 + x4 (-p4 q1 q4 + p4 q2 q3 + q4))/(1 - p4 q1) , q3!=0

と答えが得られた。a1=x1, Sa11=p1, Sb11=q1,… b4=y4をメモ帳の置換で戻すと

b1 = Sa11 a1 + (Sa12 (Sa21 Sb11 a1 + Sb12 a4))/(1 - Sa22 Sb11)
b4 = (Sa21 Sb21 a1 + a4 (-Sa22 Sb11 Sb22 + Sa22 Sb12 Sb21 + Sb22))/(1 - Sa22 Sb11)

と得られる。

ここまでくれば後は手でまとめて、綺麗に書き直すと

Wolframalpha_spara03

 

とできた!もうちょっと頑張ればWolframAlphaで1行でできるかもしれない。

では次は(続く)。

 

 

 

やよい軒で牛カルビ&ホルモン味噌炒め定食を食す。ホルモンもたっぷりでとても好きな味。ご飯が進む。

肉の量がわからなかったのでカルビ&ホルモンの2種盛りにした。予想以上にホルモンがたっぷりでうれしい。

味噌味も味変のコチュジャンも美味しい。ご飯が進んでお代わりして、めったにないけどもう一回おかわり、、、

しそうになった。(食べると苦しくなるのが見えてるのでなんとか踏みとどまった)

これはリピートすると思う。

20210410-122223

20210410-122226 20210410-122230

2021年4月13日 (火)

S社がA社のスマホの機能をパクった、と英訳しようとして「パクる」をGoogle翻訳すると英語で「Pakuru」と出た、、、なんだこりゃ。でも韓国語だと「표절」(盗作)に。落ちがついた。

会社内の海外向けの技術情報交換掲示板に

Samsung’s Galaxy SmartTag Plus with UWB to track items with AR is out April 16th

この裏話を書こうとしていて(AppleがUWB機能を入れたらすぐにSamsungがいろいろ書けないようなことして機能を入れて、AppleのAirTagが出る前にUWBタグだした、という話)、最初はimitateという言葉で書こうとしたんですが、日本語のパクるのイメージと違うな、

英語でどういったらそのニュアンスが出るんだろう、とGoogle翻訳したら、

 

Pakuru

我が目を疑った、、、え?Pakuru?

ちなみにパクリもPakuriになった。

Google翻訳、たまにこういうのあるなあ。

留年のプロも直ってないし。

Photo_20210412195101

でも、韓国語翻訳すると

Pakuru2

표절

というのは盗作という意味だそう。最初のS社の話で落ちがついた、という話、、、

ちなみに中国語だと帕库鲁

となって音訳してしまってる、、、

2021年4月12日 (月)

Scratch(プログラム言語)でJuan attractorを描く。

このTweet経由で

 

Juan attractorというのを知った。

http://paulbourke.net/fractals/juan2/

これはScratchで簡単に描けそうだな、ということで久々にやってみた。

これです。

https://scratch.mit.edu/projects/514362575/

動かすとこんな感じ。クリックするとGIFアニメが始まります。

Scratch_juan

新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(4/11更新)日本は陽性者50万人を超え第四波の始まり、というかイギリス以外は全部増えだしてる。

まずはリニアスケール。日本は50万人超えた。しかも増加率も増えていてもう第四波といっていいのでは。

それは日本だけに限ったことではなくて韓国、フランス、ドイツも増えてる。イギリスが目に見えて増加速度が減ってるのがすごいな。ワクチンの効果か。

Coronaww202104113

ログログプロット。この期間ではどの国も同様な傾き。そろそろ期間変更しないと実情に合わなくなってるかな。

Coronaww202104112

日本の詳細ログログプロット。このスケールでもそろそろ第四波に分けないといけないかもしれない。

Coronaww202104111

2021年4月11日 (日)

3乗すると(奇数回べき乗すると)元に戻る数59161727622001114846846461792218008213239954784512519836425781249(2乗すると元に戻る数はペレリマン数列)

この面白いツイートみた。

 

以前、加藤文元さんの本を読んで、2乗するともとに戻る数を知った。

ペレリマン数列(2乗するともとに戻る数)の計算をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP!(加藤文元さんの天に向かって続く数より)

これもなんか意味があるのかな?と思ったが、その前にもっと桁数増やせるのかな?が気になった。

でやってみた。

やったのはカシオの高精度計算サイトのフリー計算であたりをつけて、

https://keisan.casio.jp/calculator

PARI/GPで表示した。

で見つけたのが58213239954784512519836425781249。これがカシオの高精度計算サイトの130桁で5乗まで計算できるぎりぎり。
最初からPARI/GP使っていればもっと桁数増やせたが、、、※最初の値は5じゃなくて0でした、、、後の方に修正した値付けた。

とにかくべき乗を表示してみた。

49

確かに奇数回べき乗すると元に戻る。そして偶数回なら1か。やっぱりなんか意味ありそう。

x^3=xとなるようなxをさらに桁数上げて調べてみた。下二桁が49,51,99で始まるものになるようだ。

x1=0838272377998885153153538207781991786760045215487480163574218751
x2=9161727622001114846846461792218008213239954784512519836425781249

x3=9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999

になる。

2021年4月10日 (土)

出雲大社大阪分祠へ行ってきた。やはり大きなしめ縄があった。

南海の初芝駅から歩いてここまで。

20210403-165216

分祠とは言ってもとても立派です。
20210403-164504 20210403-164124 20210403-164157

もちろん大きなしめ縄もある。

20210403-164246 20210403-164340 20210403-164653 20210403-164757 20210403-164806

2021年4月 9日 (金)

南海初芝駅付近の前ヶ池に神々しく翼を広げる鳥が石の上に止まっていた。Google画像検索するとミミヒメウと出た。

最初、オブジェかな?と思っていたら動いてびっくりした。こんなかっこよく止まるのはすごいな。

Google画像検索するとミミヒメウとでた。

20210403-161928

20210403-161935

20210403-161834

ここには本当のオブジェもある。パンダが怖い、、、

20210403-162041 20210403-162048 20210403-162054 20210403-162105 20210403-162100

2021年4月 8日 (木)

南海の萩原天神駅(はぎはらてんじん)で降りて萩原天神(萩原神社)でお参り。

久しぶりに南海電車に乗った。で降りたのは萩原天神駅。はぎわらでもおぎわらでもなくてはぎはらなんですね。

20210403-15424020210403-154327 20210403-154442 20210403-154447 20210403-154531 20210403-154605

まだ桜が残っていた。

20210403-154554

さてここから(続く)

2021年4月 7日 (水)

高校事変Xを読んだ。もう魁男塾とかドラゴンボールとかそんな感じになってるな。。。そして次巻ではおそらく松岡作品の全ヒロインが集合すると思う。

前に原爆まで出てもう「強い奴のインフレ」(by さるマン)に行きついたこのシリーズですが、ラスボスを出したのと、敵を傭兵にして舞台を海外に移して結衣が勝てない感を出してリセットされてます。が、2km走るだけで対応してたりするので、ドラゴンボールの精神と時の部屋に入ったようだ、、、それと、本作で「探偵の探偵」との繋がりがはっきりしました。

あらすじは

「慧修学院高校3年の生徒たちが国際交流のためにホンジュラスを訪問。そのさなか、メキシコの過激派組織ゼッディウムに襲撃される。背後には結衣の兄、架禕斗(この漢字出せないよ、、、)の姿があった。そのころ日本では、凛香の母親の市川凛(これが探偵の探偵で出てきた悪人)が怪しい動きを、、、」

というもの。ラスボスが兄弟姉妹というのはたまにありますが、確かに行きついた結衣の強さに対抗しようと思うと兄弟姉妹を出すしかないという納得の展開。そして探偵の探偵と結びついたことで、これも探偵の鑑定のような感じで次のお話、松岡作品の全ヒロイン(万能鑑定士Q,水鏡推理などなど)でそうな雰囲気。この本も最後に過去作品の最新作の宣伝も出てます。千里眼の復活も。

さすがを「小説家になって億を稼ごう」を書いた松岡さんで売り上げが上がる方法を知ってますな。

 

20210403-211520

 

2021年4月 6日 (火)

松屋でさばの味噌煮御前(定食にとろろ追加と豚汁変更したもの)、ご飯特盛でいただく。生姜がとてもきいた味噌煮でこれはかなり美味しい。

松屋で鯖味噌?とちょっと訝しく思ったが珍しいので注文。

もろみ味噌がかかっているのもありますが、それよりしょうがの利き方が非常によく、おいしかった。

さらに松屋さん豚汁はいつも熱々で熱々でいいです。

とろろとの相性も良く、ご飯特盛で正解でした。最後はご飯に余った味噌を乗せて全部いただいた。

20210327-150528 20210327-150535 20210327-150532 20210327-150533

2021年4月 5日 (月)

円と接線を使った1枚の絵でsin/cos/tan/sec/csc/cotを表すもの、複素数を使って接線のパラメータ表示(z=exp(iθ)+i exp(iθ) t )で計算してみる。

昨日、円と接線を使った1枚の絵でsin/cos/tan/sec/csc/cotを表すのを見た。

 

 

Geogebraでも描いてみた。

Photo_20210405205901

もちろん普通に相似とか利用して計算すればいいですが、今回は複素数を使った計算をやってみよう。和、積の公式とか全部複素数にすると簡単に求まるのでその延長で。

まず円上の点は

z=exp(iθ)とかけて、

接線は、傾きはexp(i(θ+π/2))=i exp(iθ)になるので(大きさは1になっている)、

円上の点を通ってこの傾きの直線をパラメータ表示(tを使う)すると、

z=exp(iθ)+i exp(iθ) t = (cosθ - t sinθ) + i (sinθ + t cosθ)

となる。

y=0になる点はt=-sinθ/cosθ = - tanθ

なので、接点と、接線を伸ばしてx軸とぶつかる間の距離はtanθ。

原点から接線を伸ばしてx軸とぶつかる点の間の距離は

cosθ - (-tanθ)*sinθ = cosθ + (sinθ)^2/cosθ =((cosθ)^2+ (sinθ)^2)/cosθ = 1/cosθ = secθ

x=0になる点はt=cosθ/sinθ = cotθ

なので、接点と、接線を伸ばしてy軸とぶつかる間の距離はcotθ。

原点から接線を伸ばしてy軸とぶつかる点の間の距離は

sinθ + (cotθ)*cosθ = sinθ + (cosθ)^2/sinθ =((sinθ)^2+ (cosθ)^2)/sinθ = 1/sinθ = cscθ

とかなり簡単に求められる。

新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(4/4更新) フランス・ドイツの増え方がエグイが日本・韓国もやはり増加中。イギリスの減速がすごいな。

まずはリニアスケール。イギリスが目に見えて減速しているのは続いている。しかしフランス、ドイツがひどい。

日本も報道されているように増えている。韓国も実は何げに全然減速してない。

Coronaww202104041

各国のログログプロット。なんやかんやで各国の傾きこのスケールだと似てきてる。

Coronaww202104042

日本の詳細ログログプロット。このままいくと第四波がすぐやってくるな。まん延防止等重点措置がどこまで効果がでるのか。

Coronaww202104043

2021年4月 4日 (日)

長岡天神(八条ヶ池)の夜桜ライトアップをiPhone 12 Pro Maxで撮影(2021/4/3)

桜は散り始めていますが、十分綺麗なライトアップ。

さすがはiPhone 12 Pro Maxのカメラ。何の設定もしなくても普通に綺麗に撮影できた(リサイズしてますが)。

20210403-193506 20210403-193516 20210403-193426 20210403-193334 20210403-193403 20210403-193326

2021年4月 3日 (土)

ココイチで牛カレー(ぎゅうかれー)+やさい、400gの2辛を食す。かなりコクがあって美味しい。

一見していつものポークカレーと違う、濃い色で味も予想通りコクがあって美味しかった。

肉も結構はいってる。やさいを入れてさらに美味しく(やさいいれないとちょっと具が少ないかも)。

20210328-135824 20210328-135827

2021年4月 2日 (金)

分数階微分(Fractional Calculus)の計算をPythonのdifferint(Riemann-Liouvilleの定義で計算するもの)でやってみる。

たまたま非整数階微分のことを調べていて、

整数階でない微積分法について

を見ていた。昔、非整数階の拡散方程式(∂u/∂t = D∂^α u / ∂u^α )を計算したことがありますが、

その時とは違うRiemann-Liouvilleの定義で計算しようと思った。

こういうのは絶対Pythonでやっている人がいるだろう、と思ったら、やっぱりあった。こちら。differint。

https://pypi.org/project/differint/

では早速やってみる。

f(x)=x

X

f(x)=sin(x)

Sin

f(x)=exp(-x^2)

Exp

なるほど直感的にもそんな感じだ。なぜこれを調べていたかというと(続く)。

2021年4月 1日 (木)

京都の猿ラインへ行く(その3) 猿ヶ辻(京都御所)  何度も見ていた光景なのに、なんでこんな形か全然疑問に思ったことがなかった。

最後は猿ヶ辻。御所には何度も言っているのに、そしてこれよく考えるとおかしい形なのに疑問にも思わず、理由を知らなかった。
こういう理由です。

https://ja.kyoto.travel/glossary/single.php?glossary_id=387

そう知ってみると見方が違うな。

20210327-154135 20210327-154139 20210327-154252

猿ライン3か所回ってかなり歩き回って疲れたがすっきりした。まあこれが御利益と言えばそうか。

滋賀にもいつかいきたい。

 

 

« 2021年3月 | トップページ

最近の記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ