« 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(4/4更新) フランス・ドイツの増え方がエグイが日本・韓国もやはり増加中。イギリスの減速がすごいな。 | トップページ | 松屋でさばの味噌煮御前(定食にとろろ追加と豚汁変更したもの)、ご飯特盛でいただく。生姜がとてもきいた味噌煮でこれはかなり美味しい。 »

2021年4月 5日 (月)

円と接線を使った1枚の絵でsin/cos/tan/sec/csc/cotを表すもの、複素数を使って接線のパラメータ表示(z=exp(iθ)+i exp(iθ) t )で計算してみる。

昨日、円と接線を使った1枚の絵でsin/cos/tan/sec/csc/cotを表すのを見た。

 

 

Geogebraでも描いてみた。

Photo_20210405205901

もちろん普通に相似とか利用して計算すればいいですが、今回は複素数を使った計算をやってみよう。和、積の公式とか全部複素数にすると簡単に求まるのでその延長で。

まず円上の点は

z=exp(iθ)とかけて、

接線は、傾きはexp(i(θ+π/2))=i exp(iθ)になるので(大きさは1になっている)、

円上の点を通ってこの傾きの直線をパラメータ表示(tを使う)すると、

z=exp(iθ)+i exp(iθ) t = (cosθ - t sinθ) + i (sinθ + t cosθ)

となる。

y=0になる点はt=-sinθ/cosθ = - tanθ

なので、接点と、接線を伸ばしてx軸とぶつかる間の距離はtanθ。

原点から接線を伸ばしてx軸とぶつかる点の間の距離は

cosθ - (-tanθ)*sinθ = cosθ + (sinθ)^2/cosθ =((cosθ)^2+ (sinθ)^2)/cosθ = 1/cosθ = secθ

x=0になる点はt=cosθ/sinθ = cotθ

なので、接点と、接線を伸ばしてy軸とぶつかる間の距離はcotθ。

原点から接線を伸ばしてy軸とぶつかる点の間の距離は

sinθ + (cotθ)*cosθ = sinθ + (cosθ)^2/sinθ =((sinθ)^2+ (cosθ)^2)/sinθ = 1/sinθ = cscθ

とかなり簡単に求められる。

« 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(4/4更新) フランス・ドイツの増え方がエグイが日本・韓国もやはり増加中。イギリスの減速がすごいな。 | トップページ | 松屋でさばの味噌煮御前(定食にとろろ追加と豚汁変更したもの)、ご飯特盛でいただく。生姜がとてもきいた味噌煮でこれはかなり美味しい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス、中国、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスでの感染者数を指数関数&ロジスティック関数&Log-Logプロットでべき関数フィッティングした(4/4更新) フランス・ドイツの増え方がエグイが日本・韓国もやはり増加中。イギリスの減速がすごいな。 | トップページ | 松屋でさばの味噌煮御前(定食にとろろ追加と豚汁変更したもの)、ご飯特盛でいただく。生姜がとてもきいた味噌煮でこれはかなり美味しい。 »

最近の記事

最近のコメント

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ