« 角宮神社(すみのみや)でお参り。主のような黒猫がいた。 | トップページ | NKODICE(んこダイス)というのを見て、キヨシ関数みたいだな、、、と思ったのでカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに”NKODICE(んこダイス)もどき”を作ってみた。5つがある配列になると??? Scratchでもやってみた。 »

2021年6月 2日 (水)

Python+SympyでSパラメータの1ポートキャリブレーション(3つの校正スタンダードを使う)の一般式を計算する。

通常、1ポートキャリブレーションはオープン・ショート・ロードの校正スタンダードを使う。

ただ、一般の反射係数のものを使いたいことがある。今回はそれをSympyで計算しよう。

校正スタンダードの1ポートSパラメータ(反射係数)の真値と測定値(それぞれ3つ)をA1,A2,A3とM1,M2,M3とする。

Actual と Measuredの意味合い。

そうすると2ポートエラーモデルを 

| e00  e01|

|e10   e11|

としたとき、真値と測定値の関係は

Mi = e00 + (e01*e01) * Ai / (1 - e11 * Ai)

とかける。

3つ式ができるので、エラーモデルの変数について解く。

こんな感じで計算できた。

Sympy_oneport

« 角宮神社(すみのみや)でお参り。主のような黒猫がいた。 | トップページ | NKODICE(んこダイス)というのを見て、キヨシ関数みたいだな、、、と思ったのでカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに”NKODICE(んこダイス)もどき”を作ってみた。5つがある配列になると??? Scratchでもやってみた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 角宮神社(すみのみや)でお参り。主のような黒猫がいた。 | トップページ | NKODICE(んこダイス)というのを見て、キヨシ関数みたいだな、、、と思ったのでカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに”NKODICE(んこダイス)もどき”を作ってみた。5つがある配列になると??? Scratchでもやってみた。 »

最近の記事

最近のコメント

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ