« ドロシイ殺し(故・小林泰三さん)を読んだ。アリス殺しシリーズ第三弾。今回はオズの魔法使いだが、オズの魔法使いってこんなにシリーズ作品が出てるのをそもそも知らなかった。しかも動機がある意味実話に基づいているとは、、、また別の作品とのリンクも。 | トップページ | 「夫の骨」を読んだ。9つの短編集だが、どれも家族の秘密(特に女性)を描いた結末が予想できないもので、最初から最後まで嫌なもの、最初嫌だけど救いがあるもの、などバラエティに富んだ9編。日本推理作家協会賞受賞も納得。 »

2021年7月14日 (水)

玩具修理者(小林泰三さん)を読んだ。わずか数十ページで衝撃を受けるタイトル作とか量子力学の波動関数の収束!がテーマになっている「酔歩する男」(こんな状況になったら絶対やな作品)収録。

ドロシイ殺し、を読んで、玩具修理者と繋がっているということで(怖そうで読んでなかった、、、)今回読んでみた。

表題作のあらすじは「玩具修理者はなんでも直してくれる。どんな複雑なものでも。たとえ死んだ猫だって。壊れたものを全部ばらばらにして、奇妙な叫び声とともに組み立ててしまう。ある暑すぎる日、子供の私は誤って弟を死なせてしまった。親に知られずにどうにかしなくては。私は弟を玩具修理者のところに持っていくが、、、」

というもの。もう玩具修理者の修理方法がぐちゃぐちゃどろどろ、弟の治し方も、、、だが一番恐ろしいのは最後のページ。

ああ、そうくるのか、、、とぞっとする。

でもう一作衆力されているのはなんと!量子力学の波動関数の収束、観測、時間は連続か離散的か?などの物理をモチーフとした酔歩する男。

これは魔物や悪魔が出てくるよりはるかに恐ろしい、、、

ドロシイ殺しで、あれ?これ何?と思った疑問が全部この本でわかるので、先にこっちから読むのもお勧めかも。

20210713-205640

« ドロシイ殺し(故・小林泰三さん)を読んだ。アリス殺しシリーズ第三弾。今回はオズの魔法使いだが、オズの魔法使いってこんなにシリーズ作品が出てるのをそもそも知らなかった。しかも動機がある意味実話に基づいているとは、、、また別の作品とのリンクも。 | トップページ | 「夫の骨」を読んだ。9つの短編集だが、どれも家族の秘密(特に女性)を描いた結末が予想できないもので、最初から最後まで嫌なもの、最初嫌だけど救いがあるもの、などバラエティに富んだ9編。日本推理作家協会賞受賞も納得。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドロシイ殺し(故・小林泰三さん)を読んだ。アリス殺しシリーズ第三弾。今回はオズの魔法使いだが、オズの魔法使いってこんなにシリーズ作品が出てるのをそもそも知らなかった。しかも動機がある意味実話に基づいているとは、、、また別の作品とのリンクも。 | トップページ | 「夫の骨」を読んだ。9つの短編集だが、どれも家族の秘密(特に女性)を描いた結末が予想できないもので、最初から最後まで嫌なもの、最初嫌だけど救いがあるもの、などバラエティに富んだ9編。日本推理作家協会賞受賞も納得。 »

最近の記事

最近のコメント

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ