« 玩具修理者(小林泰三さん)を読んだ。わずか数十ページで衝撃を受けるタイトル作とか量子力学の波動関数の収束!がテーマになっている「酔歩する男」(こんな状況になったら絶対やな作品)収録。 | トップページ | 松屋でごろごろチキンのバターチキンカレーをいただく。非常に濃いバターの風味。 »

2021年7月15日 (木)

「夫の骨」を読んだ。9つの短編集だが、どれも家族の秘密(特に女性)を描いた結末が予想できないもので、最初から最後まで嫌なもの、最初嫌だけど救いがあるもの、などバラエティに富んだ9編。日本推理作家協会賞受賞も納得。

突然亡くなった夫の遺品を整理するうちに乳児の骨を見つける、、、という表題作を始め、振り込め詐欺にひっかかったおばあちゃんの話、と思いきやさらに裏がある話、妹に劣等感を持つ姉だが実は、、、や引き込もりの娘がダムに捨てたかったものは?などバラエティに富んだ9編の短編集。どれも読んでて苦しくなるようなお話で、ストーリーと文章がすごい。女性の描き方が特に。

矢樹純『夫の骨』(祥伝社文庫)が 第73回日本推理作家協会賞・短編部門受賞!

ということで去年からようやく注目された作家さんだったというのを知らなかった。また別の作品も読んでみたい。

20210627-092837

« 玩具修理者(小林泰三さん)を読んだ。わずか数十ページで衝撃を受けるタイトル作とか量子力学の波動関数の収束!がテーマになっている「酔歩する男」(こんな状況になったら絶対やな作品)収録。 | トップページ | 松屋でごろごろチキンのバターチキンカレーをいただく。非常に濃いバターの風味。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玩具修理者(小林泰三さん)を読んだ。わずか数十ページで衝撃を受けるタイトル作とか量子力学の波動関数の収束!がテーマになっている「酔歩する男」(こんな状況になったら絶対やな作品)収録。 | トップページ | 松屋でごろごろチキンのバターチキンカレーをいただく。非常に濃いバターの風味。 »

最近の記事

最近のコメント

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ