« ExcelでWolframのデータが使えるようになっているので試す(その1 化学編 ニホニウムの情報とか金属の電気伝導率とか) | トップページ | 新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(9/5更新)。緊急事態宣言で本当にわずかに増加が減った、がログログプロットで比較すると一番傾きが急。 »

2021年9月 5日 (日)

コラッツ予想(Collatz conjecture)の図示をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpの自作式としてUP! 証明出来たら1億円だそうですが、過去の研究結果とかタオさんの結果とか知ってからやった方がいいと思います。

こういう記事が出ていた。

数学者も恐れる「ハマると病む難問」 解けたら1億円、企業が懸賞金

ああ、これでまた角の三等分ができるとか、フェルマーの定理が証明できたとかいう(数学の専門的な教育受けたことない)人たちが証明できたとか騒ぐんだろうなあ、とか思ったり。どこで間違っているかは類型化されてると聞いたことがある。

まあまずはQuanta magazineのこれを読もう。

Mathematician Proves Huge Result on ‘Dangerous’ Problem

それはそれとして色んな数で見てみると面白いということで自作式を作った。

これです。

 コラッツ予想(Collatz conjecture)の図示

説明:

任意の正の整数 n をとり、
n が偶数の場合、n を 2 で割る
n が奇数の場合、n に 3 をかけて 1 を足す
という操作を繰り返すと1になる、というコラッツ予想を図示します。n=27なら111回繰り返しで1になります。
証明できたら1億円だそうです。

n=27でやってみると面白いです。

Collatz

n=271114753なら279回。

Collatz2

n=9749626154 でも248回。

Collatz3

さらにn=931386509544713451だと2283ステップで1になる。

Collatz4

さらにn=5977996304343501855なら2389ステップでようやく1になる。

Collatz5

この長いシーケンスはこちらを参照:

3x+1 Delay Records

« ExcelでWolframのデータが使えるようになっているので試す(その1 化学編 ニホニウムの情報とか金属の電気伝導率とか) | トップページ | 新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(9/5更新)。緊急事態宣言で本当にわずかに増加が減った、がログログプロットで比較すると一番傾きが急。 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ExcelでWolframのデータが使えるようになっているので試す(その1 化学編 ニホニウムの情報とか金属の電気伝導率とか) | トップページ | 新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(9/5更新)。緊急事態宣言で本当にわずかに増加が減った、がログログプロットで比較すると一番傾きが急。 »

最近の記事

最近のコメント

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ