« 松屋で海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー(ご飯大盛)を食す。海老がとても多かった。 | トップページ | コラッツ予想(Collatz conjecture)の図示をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpの自作式としてUP! 証明出来たら1億円だそうですが、過去の研究結果とかタオさんの結果とか知ってからやった方がいいと思います。 »

2021年9月 5日 (日)

ExcelでWolframのデータが使えるようになっているので試す(その1 化学編 ニホニウムの情報とか金属の電気伝導率とか)

Wolframデータインテリジェンス :Microsoftで利用可能に

というのを見た。ということで試してみよう。

まず、ここから選ぶ。

Wolfram_excel01

するとWolframのメニューが出てくる。

Wolfram_excel02

まず化学をやってみよう。ニホニウム以上の元素とかどうかな。元素記号書いて、データに変換すると?

Wolfram_excel03

おお出た!ニホニウム、発見した国は日本、アメリカ、ロシアになっていた(ので一行で収まらない)。

Wolfram_excel04

よく使いそうなもの(シミュレーションの材料定数パラメータにいれたり)として

金属の電気伝導度とかもやってみる。

Wolfram_excel05

一瞬でデータが現れる。融点も表示してみた。

次は宇宙かな、、、(続く)。

« 松屋で海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー(ご飯大盛)を食す。海老がとても多かった。 | トップページ | コラッツ予想(Collatz conjecture)の図示をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpの自作式としてUP! 証明出来たら1億円だそうですが、過去の研究結果とかタオさんの結果とか知ってからやった方がいいと思います。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松屋で海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー(ご飯大盛)を食す。海老がとても多かった。 | トップページ | コラッツ予想(Collatz conjecture)の図示をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpの自作式としてUP! 証明出来たら1億円だそうですが、過去の研究結果とかタオさんの結果とか知ってからやった方がいいと思います。 »

最近の記事

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ