« 新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(9/12更新)。先週より減ったといっても先週がひどすぎるので全然減速して見えない。韓国もコンスタントに上がってる。 | トップページ | 向日市の応急給水施設は倒れそう。。。 »

2021年9月13日 (月)

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その4) 電磁界シミュレーション(FDTD)機能を使ってKeysight ADSのMomentumの例題のフィルタ(スタブLPF)を計算。

久しぶりにQucsstudioを使ってみた。現在のバージョンはver4.2.2だが、

http://qucsstudio.de/

実は前のバージョンからマイクロストリップライン回路は電磁界シミュレーション(FDTD法)できるようになっていた。知らなかった、、、

ではモーメント法で計算するKeysightのADSのMomentumでの例題、

https://www.echopapers.com/2009/01/ads-momentum-tutorial-ads2009-and-earlier/

スタブLPF(ローパスフィルタ)を計算してみよう。

ただ、ダブルスタブとテーパがないので、そこは別の素子で簡易的に代用した。

Qucsem03

でメッシュの切り方を見る。

Qucsem01

おお、結構細かく切ってるな(なので時間がかかる、、、途中で止めたが計算は終わってた?)

結果のSパラメータ表示。まあまあMomentumと近い感じで計算できてる。

Qucsem02

マイクロストリップライン回路限定ですが、そういう回路を使っている人は

検討して見てもいいかも。

参考:

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その1)まずは何をさておきμの文字化けだけには注意。

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その2)SパラメータのTouchStoneフォーマットで出力するには?

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その3)Mixed Mode S parameterを計算

高周波回路シミュレータQucsStudioを使ってみる(その4) 電磁界シミュレーション(FDTD)機能を使ってKeysight ADSのMomentumの例題のフィルタ(スタブLPF)を計算。

« 新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(9/12更新)。先週より減ったといっても先週がひどすぎるので全然減速して見えない。韓国もコンスタントに上がってる。 | トップページ | 向日市の応急給水施設は倒れそう。。。 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(9/12更新)。先週より減ったといっても先週がひどすぎるので全然減速して見えない。韓国もコンスタントに上がってる。 | トップページ | 向日市の応急給水施設は倒れそう。。。 »

最近の記事

最近のコメント

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ