« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand&Prince)を使う(その17) 4つの羽をもつFour-wing attractorを描く。ところでMatplotlib3.4.0からfig.gca(projection=”3d”)が警告が出てfig.add_subplot(projection=”3d”)にしないとだめっぽい。 | トップページ | 和泉中央駅近くの中央公園をぶらぶら。メアンダパターンのようなうねった道があった。 »

2021年10月14日 (木)

ローレンツ方程式3種類(通常のLorenzモデル、 Lorenz84モデル、Lorenz96モデル)をPython+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)で計算(その18)

このサイトを見ていて、

https://www.dynamicmath.xyz/strange-attractors/

Lorenz84というモデルがあることを知った(って上のサイトは誤植でLorenz83と書いてありますが)。

こんな式:

Lorenz84e1

http://analog-ontology.blogspot.com/2015/02/lorenz-84-system.html

そういや36変数のLorenz96モデルも計算したことがある。

Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand Prince)を使う(その4) ローレンツ96モデル 36変数の方程式 

dx_i/dt=(x_i+1 - x_i-2)*x_i-1 -x_i +F 

という式です。

で通常のLorenz方程式は

Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand&Prince)を使う(その2) やはり最初はローレンツ方程式。

で計算したので、全部まとめてDOP853で計算して図示してみる。

通常:

Lorenz_dop853_20200623205801_20211013201701

Lorenz84

Lorenz84

Lorenz96

Lorenz96_20211013201701

もう少し長生きしてもらえれば今年のノーベル物理学賞も受賞のはず、ということで返す返すも残念。。。

« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand&Prince)を使う(その17) 4つの羽をもつFour-wing attractorを描く。ところでMatplotlib3.4.0からfig.gca(projection=”3d”)が警告が出てfig.add_subplot(projection=”3d”)にしないとだめっぽい。 | トップページ | 和泉中央駅近くの中央公園をぶらぶら。メアンダパターンのようなうねった道があった。 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Python+Scipyでルンゲクッタ8次のDOP853(Dormand&Prince)を使う(その17) 4つの羽をもつFour-wing attractorを描く。ところでMatplotlib3.4.0からfig.gca(projection=”3d”)が警告が出てfig.add_subplot(projection=”3d”)にしないとだめっぽい。 | トップページ | 和泉中央駅近くの中央公園をぶらぶら。メアンダパターンのようなうねった道があった。 »

最近の記事

最近のコメント

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ