« 松のやでポルチーニ香るフォアグラ入りクリームコロッケ定食をいただく。ちょっと固めの部分とトロっとした部分がいいアクセントでおいしい。 | トップページ | ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。 »

2022年3月 1日 (火)

π型・T型アッテネータ(インピーダンス整合)の設計をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpの自作式としてUP!

たまたまちょっと必要になってインピーダンス整合パッドの抵抗値を計算していた。

ついでなんでカシオの高精度計算サイトにもあげておこう。

計算式は

π型

https://www.electronics-tutorials.ws/attenuators/pi-pad-attenuator.html

T型

https://www.electronics-tutorials.ws/attenuators/t-pad-attenuator.html

を参考に。

回路図はQucsStudioで書いてみた。

Attenuator01

計算式へのリンクはこちら:

 π型・T型アッテネータ(インピーダンス整合)の設計

説明:


インピーダンスが整合できる減衰器(アッテネータ)を設計します。π型かT型かを選び、減衰量、入力インピーダンス、出力インピーダンスを入力すると3つの抵抗値が計算できます。

画面:

Attenuator02

 

« 松のやでポルチーニ香るフォアグラ入りクリームコロッケ定食をいただく。ちょっと固めの部分とトロっとした部分がいいアクセントでおいしい。 | トップページ | ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松のやでポルチーニ香るフォアグラ入りクリームコロッケ定食をいただく。ちょっと固めの部分とトロっとした部分がいいアクセントでおいしい。 | トップページ | ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。 »

最近の記事

最近のコメント

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ