« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月31日 (木)

あれ?住吉大社(種貸社)って一寸法師の発祥の地なの?知らなかった。

住吉大社内を散策していてこちらまで(種貸社)。

20220316-133628 20220316-133631

え!一寸法師発祥の地なの?知らなかった。

20220316-133702

でかいお椀があります。

20220316-133704 20220316-133709

2022年3月30日 (水)

「店長がバカすぎて」(早見和真さん)を読んだ。とても面白かった!書店を舞台にしながらもちゃんとミステリ要素があって、私もそれ途中でやってみていて、字が合わないな、違うなと思っていた。しかも巻末に謎の特別付録が!

早見さんの作品を読むのは初めてだけれどめちゃくちゃ面白かった。要所要所で笑わせにくるし、情景がありありと浮かぶし、何よりこれはミステリにもなってるのと、本への愛があふれてる。

あらすじは

「二十八歳の谷原京子は吉祥寺の書店の契約社員。超多忙なのに薄給、お客様からのクレームは日常茶飯事。店長の山本猛は名前ばかり勇ましいが非敏腕で、人をイライラさせる天才。小説家のサイン会、書店の社長、出版社の営業などから次々を災難を持ち込まれた京子は、、、」

というもの。

でミステリ要素ですが、途中でみんなやってみると思うんですが私もやってみて、あ、字が違うか、、、とスルーしていたのがそれさえも最初に伏線があったと!ミスリーディングさせる部分も多く、この点でも面白かった。

あと謎の巻末付録があります。どういうこと?

でもこれ新作でるのか!ぜひ次も読みたい。

20220326-164044

2022年3月29日 (火)

新型コロナウイルス ワクチン接種後の体温の時間変化(1回目&2回目ファイザー、3回目モデルナ)をグラフにしてみた。3回目のモデルナも最高37.5℃に収まった。ただ体中が痛い、、、

この前の日曜日に3回目のワクチン接種をしてきた。

1回目、2回目はファイザー、3回目はモデルナ。1回目は体温はほとんど上昇せず。2回目は38℃まで上がったが10時間程度では収まった。

では3回目は?というグラフ。

3

心配していた体温上昇はほとんどなし。ただ、早い段階で37.5℃くらいまで上がって、かつ20時間くらい37℃程度にはなっているのが今までとは違う感じ。

しかし体温はいいけど、うった左腕と左胸、腰がやたら痛くなった。。。まあそれでも2日後にはほぼ大丈夫になりました。

 

2022年3月28日 (月)

印象派・光の系譜@あべのハルカス美術館を観てきた。ちょうどミステリと言う勿かれで整くん(菅田将暉さん)が大阪で印象派展観てきてたので思い出して。

今日で最終回のドラマ「ミステリと言う勿れ」をずっと見てた(原作も最初のほうは読んでた)。かなり面白かったです。

で整くんが東京で行けなかった印象派展を大阪で観てきてるのですが、それであべのハルカス美術館で印象派展やってるの思い出していってきた。庵野秀明展の前売り券を買うのにめちゃくちゃ人が並んでたみたいですが、こちらはちょうどいいくらいの混み具合。

20220326-125726 20220326-125747 20220326-125800

イスラエル博物館から日本に来るのは初めてらしい。で8割くらいは日本初公開だとか。6点だけ写真が撮れます。

このモネの睡蓮の池はやはりいいな。

20220326-122943

ゴーガンも。

20220326-123725

ゴッホも。

20220326-123851

レッサー・ユリィの作品2点。初めて見たけどこれはなかなかいいな。

20220326-124214 20220326-124253

ルノワール。

20220326-124548

ゴッホ、ゴーガン、ルノワールの他の作品も多数で、またコロー、ピサロなどの絵も見られて満足。

ドービニーの花咲くリンゴの木が一番気に入った。

2022年3月27日 (日)

新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(3/27更新)韓国の陽性者数1000万人超えてる!国民5人に1人はかかってる!日本の倍になりそうな勢い。中国も垂直増加。

まずは各国のリニアスケール。

韓国の人口って5000万人くらいだったとおもいますが、1000万人以上かかってる!集団免疫獲得に近づいているといえばそうなんだろうが。。。日本の倍に迫る勢い。中国もさすがに増えていると報告。こう見るとあれだけひどかったアメリカが落ち着いてる。

Wwcovid202203271

 

次は各国のログログプロット。これで見ても韓国は異常だなあ。

Wwcovid202203273

 

日本のワクチン接種者数と陽性者数のログログプロット。3回目接種が増えてきたか。実は私もさっきうってきた。来週はこの中の1人に入る。

 

Wwcovid202203272

日本の詳細ログログプロット。もうちょっと減ってほしいところで、これでまん延防止解除してもいいのだろうか。

 

Wwcovid202203274

2022年3月26日 (土)

ニチレイの冷凍若鶏の唐揚げ(特から)の電子レンジの調理時間、個数で変わるがほしい個数の時間がないので3次関数でフィッティングして求める。あと500Wと600Wの時間差は単純に600/500にはなってない。

このニチレイの唐揚げ買ったのだが、

20220326-175234

個数で調理時間が変わるが、、、ほしいのは5個とか6個だった。。。

20220326-175253

しかたないのでフィッティングした。線形だと結構ずれるので3次関数で(まあ4点しかないから必ずその点通るが)。

Karaage1jpg

で、よくW数で時間が変わるがそれはW数の比率かければいいという話がある。そういうもんでもないだろうと

思うが、やっぱり実際やってみると結構線形からずれてる。

Karaage2jpg

丸亀製麵で坦々まぜ釜玉うどん(ひと口ごはん付き)大をいただく。これは結構ちゃんと辛さがあって美味しい。特に最後にご飯を入れるのがいい。

ちくわ天とかしわ天も付けました。ネギも多めに。

20220321-141349_20220326170001

これ、いろんなものが混ざっているがそれが調和していて、かつ辛みもあってかなり美味しかった。

20220321-141346_20220326170001

最後に残ったたれにご飯を投入するとさらに味がはっきりわかっていい。

神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)でお参り。長居公園から住吉大社までの間。

住吉大社まで歩いているときに見つけた。読み方が難しいですが由緒ある神社だそうです。

https://www.kamisumudi-jinjya.or.jp/

20220316-123839 20220316-123848 20220316-123908 20220316-123922 20220316-124013

2022年3月25日 (金)

住吉大社を出ておいとしぼし社でおもかる石を持つ。

前に来たときはコロナで封鎖されてましたが、今回は普通に行けました。

20220316-132325 20220316-132339 20220316-132536

さて持ってみると、、、案外2回とも軽かったり。

20220316-132634

2022年3月24日 (木)

住吉大社でお参り(長居公園から歩いて)

長居公園(大阪市立自然史博物館)のあとはここまで歩く。まあまあ距離合って疲れる、、、

20220316-130937 20220316-130944 20220316-130957 20220316-131016

この橋がいつ来ても(というか年齢を重ねるたびに)どんどん恐ろしくなってくる。こけたらどうしようとか。

20220316-131052

でも景色は最高にいいです。

20220316-131131 20220316-131134 20220316-131231 20220316-131241 20220316-131528 20220316-131736

ではここから(続く)

2022年3月23日 (水)

挑む浮世絵 国芳から芳年へ@京都文化博物館を観てきた。怖い絵の部分は通路がスキップできるようになっていたのにびっくり!でもその部分が今まであまり見たことのない凄惨な絵でよかった。あとあのでかい髑髏はいつ観ても面白い。

久しぶりに京都文化博物館へ行ってきた。写真OKでした。

20220321-121729

この髑髏が衝撃的で好き。

20220321-123918

あとは怖いからスキップできるよコーナがあってそこにはかなり血みどろの怖い絵がたくさんある。

これなんか首が布に包まれてこたつの上に乗ってたり、

20220321-124122

これが一番残酷っぽい。

20220321-124641 20220321-124747

雨が降っているように見せる技法も。

20220321-125138

これが大ヒットしたらしい土蜘蛛、だけど判じ物はよくわからなかったり、、、

20220321-132242

スズメはなんかかわいい。

20220321-132510

一ツ家はとても悲惨な話、、、

20220321-133119 20220321-133150

これこのまま少年漫画の主人公になりそうだと思った。

20220321-134433

よし!

20220321-134449

どれもなかなか面白かった。こうやって弟子が続くのはすごいな。後進を育てることは大事。。。

2022年3月22日 (火)

iPhone SE3(2022), iPhone SE2(2020), iPhone8のMLB(Main Logic Board)を比較する。

iPhone SE3が早速分解されていた。

https://www.youtube.com/watch?v=2RuyPlR0Dwk

SE3はSE2と同じく、iPhone8ベースで、大きく変わっているのはメインロジックボード(MLB)がほとんどで、

その他の部品はできるだけiPhone8のものを使いまわして低コスト化している。こんな3世代にわたって

同じものを使いまわすのはAppleでは珍しい。

でMLBの比較。iPhone SE2とiPhone8はiFixitから持ってきた。

https://www.ifixit.com/Teardown/iPhone+SE+2020+Teardown/133066

https://www.ifixit.com/Teardown/iPhone+8+Teardown/97481

まず一見してモジュールやフラッシュメモリが一回り以上小さくなっていることがわかる。

コンデンサもパワーインダクタも増えてる。違いをこれ以上言うのはアレなので裏側。

Iphonese20221

裏側はA15が乗っているはず、、、だけど動画ではそこまで分解されてない。実はモジュールも大幅に刷新されてるが。

でもその他のコネクタ位置とか全部一緒。

Iphonese20222

iPhone SE4とか出るときはどうすんだろう。まさかまだiPhone8ベースじゃないだろなあ。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(13) 工程能力指数Cpkと平均と標準偏差、最大、最小、変動係数CVを一度に求める関数DataAnalysisを作った。=DataAnalysis(データ範囲, 上限値, 下限値)のようにつかう。

製品を製造する場合、工程能力指数Cpkというものがよく用いられる。

こことか参照。

https://www.factory-agent.com/articles/design/2569/

Cpk>1.33なら十分、とか1.67ないとだめとかいろいろ言われる。

基本は社内の工程管理に使うものだが、お客さんによっては全データとCpkも提出を要求されることがある。

※そんなことをいうお客さんは某超大手しかないが、、、

まあ一回フォーマット作っておけば毎回それの使いまわしでいいが、ちょっとだけ計算したいときとかに

簡単にCpkまで出せると便利、ということでやってみた。ついでに最大、最小、CVも。

こんな感じで、DataAnalysis(データ範囲, 上限値, 下限値)として使う。

Lambda_cpk3

DataAnalysis = LAMBDA(data, USL, LSL,
                LET(ave, AVERAGE(data),
                    sig, STDEV.S(data),
                    Cpk_u, (USL-ave)/(3*sig),
                    Cpk_l, (ave-LSL)/(3*sig),
                    Cpk, MIN(Cpk_u,CPk_l),
                    maxvalue, MAX(data),
                    minvalue, MIN(data),
                    CV, sig/ave,
                    s,SEQUENCE(6),
                    IFS(s=1, ave,
                        s=2, sig,
                        s=3, Cpk,
                        s=4, maxvalue,
                        s=5, minvalue,
                        s=6, CV
                    )
                )
            );
こう使う。=DataAnalysis(データの並び,上限値,下限値)で一気に計算できる。

Lambda_cpk1 Lambda_cpk2_20220322212501

過去にやったもの:

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった。4段4次のルンゲクッタ法がワークシートだけ(VBA使わずに)で簡単に計算できるようになった。まずはローレンツ方程式を計算してみる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(2) 5次のルンゲクッタフェールベルグ法でローレンツ方程式をワークシートだけで(VBA使わずに)計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(3) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてワンライナー(1セル)で数値積分(シンプソンの積分公式)を計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(4) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてクロソイド曲線を計算するオリジナルの関数を作る。セルに=Clothoid_X(A2)とか入れるだけで計算できる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(5)なんと再帰まで使える。階乗とフィボナッチ数列で試してみた。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(7) 離散フーリエ変換(DFT=Discrete Fourier Transform)(修正版)と逆変換(IDFT)をLAMBDA、LET、SEQUENCE、MAKEARRAY、MAP、複素数関数(IMEXP,IMPRODUCTなど)を組み合わせてVBAも分析ツールもなしに関数として実現する。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(8) 4段4次のルンゲクッタ法をLAMBDAだけ(VBAもセルの計算も使わずに)で実現、RK4(t, x, y, z)だけで次の時間ステップが計算できるようにした。例はもちろんローレンツ方程式。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにした。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(10) Sパラメータのような複素数データの実部・虚部のRIとデシベル、位相のdBを2列を選択するだけで dB2RI(範囲), RI2dB(範囲)でLAMBDA, MAKEARRAY,LETを使って相互に計算できるようにする。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(11) 複数のセルの並びから1つ飛ばしとか2つ飛ばしとかでデータを取り出す関数PickOut(範囲、何行ずつか、何列ずつか)を作った。よく変なデータの並びで取り出すのがめっちゃ困ることがあるので。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(12) VBAを使わずに複素行列の積、逆行列などをLET, MAKEARRAY, INDEXと実行列のMMULT, MINVERSEなどを組み合わせて実現する(IMMULT, IMINVERSE)

 

「同志少女よ、敵を撃て」を読んだ。評判通りめちゃくちゃ面白い!ドイツ・ソ連の戦争中に母親も村人も殺され、女性狙撃兵となったセラフィマのお話。リュドミラ・パヴリチェンコって実在するのか!しかし、、、ロシアのウクライナ侵攻のせいで複雑な気分にも。

ずっと前から書店で平積みになっていて、気になっていた作品をようやく読めた。これはめちゃくちゃ面白いです。

あらすじは

「独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの村が突如現れたドイツ兵たちに襲われた。母親も仲のいい村人たちも惨殺され、自らも殺される瞬間赤軍の女性兵士イリーナに助けられる。しかし彼女は母親の死体を焼き払った。

イリーナに戦いたいか、死にたいかと問われ、母を撃ったドイツ狙撃兵と母を焼き払ったイリーナを殺すために、セラフィマはイリーナが教官を務める訓練学校に入り、女性狙撃手となる。そしてセラフィマはスターリングラードの前線へ、、、」

というもの。

とにかく戦争ものということもあって畳みかけるようなスピーディーな展開で、また若い女性だけの狙撃部隊での人間関係なども面白い。

セラフィマが初めて人を殺したときから、大量に殺した人数を競うようになり、、、最後に一体何のために戦うのかを思い出すのも印象深い。

同じ村の仲のいい男の子で周りからは結婚すると思われていたミハエルと戦場で出会い、ってところでは想像していたのとまったく違う結末でこれも驚く、、、

そして母を撃ったドイツ兵には彼なりのストーリーもあるのも。

あと驚いたのはドイツ兵を何人も狙撃した伝説の女性狙撃手が実在してたこと!

リュドミラ・パヴリチェンコ

あと角度でもミルという単位があるとか!(長さは知ってた)

ミル (角度)

とにかく面白いのでお勧めなんですが、ロシアがウクライナに侵攻したせいでなんか純粋に楽しめない部分がちょっとあったり。

とにかくもうまずは休戦してほしい。

20220321-160648

 

 

2022年3月21日 (月)

松のやでわらじかつ丼(かつ2枚丼&ご飯大盛)をいただく。かつが大きいのはもちろんだが、刻み柚子が非常にいいアクセントになってる。

さすがにかつがでかい!それが2枚!で上に乗っているのが刻み柚子で、これがいい味変のアクセントになる。

ただ、さすがに量が多いので、卓上のソースを何種類か併用してさらに味変で。

20220320-125451

20220320-125459

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(12) VBAを使わずに複素行列の積、逆行列などをLET, MAKEARRAY, INDEXと実行列のMMULT, MINVERSEなどを組み合わせて実現する(IMMULT, IMINVERSE)

Excelでは行列の積や逆行列が計算できる(MMULT, MINVERSE)。そして複素数も計算できる(IMSUM, IMPRODUCTなど)。

しかし複素行列が扱えない。LAMBDAが使えるようになったのでMAKEARRAYやINDEXを組み合わせてやってみよう。

こんな感じです。

Lambda_complex_mat_formula1
Lambda_complex_mat_formula2
Lambda_complex_mat_formula3
テキストでも書いておくと、まず複素数の行列を実部と虚部に分ける関数を作ってから積、逆行列の関数を定義してます。
RealMat = LAMBDA(A, 
            LET(r, ROWS(A),
                c, COLUMNS(A),
                MAKEARRAY(r,c,
                LAMBDA(r, c, 
                IMREAL(index(A, r,c))
                )
            )
        )
    );

ImagMat = LAMBDA(A, 
            LET(r, ROWS(A),
                c, COLUMNS(A),
                MAKEARRAY(r,c,
                LAMBDA(r, c, 
                IMAGINARY(index(A, r,c))
                )
            )
        )
    );

IMMULT = LAMBDA(A, B, 
          LET(Ar, RealMat(A), 
              Ai, ImagMat(A), 
              Br, RealMat(B),
              Bi, ImagMat(B),
              Cr, MMULT(Ar, Br)-MMULT(Ai,Bi),
              Ci, MMULT(Ar,Bi)+MMULT(Ai, Br),
              r, ROWS(A),
              c, COLUMNS(B),
              MAKEARRAY(r,c,
              LAMBDA(n,m,complex(index(Cr, n,m),index(ci,n,m))
              )
            )
        )
    );


IMINVERSE = LAMBDA(A, 
          LET(Ar, RealMat(A), 
              Ai, ImagMat(A), 
              Br,MINVERSE(Ar+MMULT(MMULT(Ai, MINVERSE(Ar)),Ai)),
              Bi, -MMULT(MMULT(MINVERSE(Ar),Ai),Br),
              r, ROWS(A),
              c, COLUMNS(A),
              MAKEARRAY(r,c, 
                LAMBDA(n,m, 
                    COMPLEX(index(Br, n,m),index(Bi,n,m))
                )
              )
            )
        );

IMMSUM = LAMBDA(A, B, 
          LET(Ar, RealMat(A), 
              Ai, ImagMat(A), 
              Br, RealMat(B),
              Bi, ImagMat(B),
              Cr, Ar+Br,
              Ci, Ai+Bi,
              r, ROWS(A),
              c, COLUMNS(B),
              MAKEARRAY(r,c,
                 LAMBDA(n,m,complex(index(Cr, n,m),index(ci,n,m)))
              )
            )
        );

IMMSUB = LAMBDA(A, B, 
          LET(Ar, RealMat(A), 
              Ai, ImagMat(A), 
              Br, RealMat(B),
              Bi, ImagMat(B),
              Cr, Ar-Br,
              Ci, Ai-Bi,
              r, ROWS(A),
              c, COLUMNS(B),
              MAKEARRAY(r,c,
                LAMBDA(n,m,complex(index(Cr, n,m),index(ci,n,m)))
                )
            )
        );
積を計算した事例:

Lambda_complex_mat1

逆行列を計算した事例:

Lambda_complex_mat2

 

一応Python(Numpy)であってるか確かめた。

C=np.array([[1+2j,3+4j,5+6j],[3+4j,1+2j,5+6j],[5+6j,3+4j, 1+2j]])

array([[1.+2.j, 3.+4.j, 5.+6.j],
       [3.+4.j, 1.+2.j, 5.+6.j],
       [5.+6.j, 3.+4.j, 1.+2.j]])
array([[-0.105     +0.09833333j,  0.08333333-0.08333333j,
         0.06166667-0.06833333j],
       [ 0.145     -0.15166667j, -0.16666667+0.16666667j,
         0.06166667-0.06833333j],
       [ 0.02      -0.02666667j,  0.08333333-0.08333333j,
-0.06333333+0.05666667j]])

よし、合ってる。
フーリエ変換、ルンゲクッタ、積分、複素行列の扱いまでできるようになったので
Excelだけで結構いろんな数値計算できるんじゃないだろうか。

VBAでやる場合はこちらも参照:


Excel VBAで複素数演算(一次方程式・FFT他, Numerical Recipes移植)、フィッティング(非線形含む)、ルンゲクッタ8次(DOP853)などが使えるライブラリ その1:複素数演算の基礎

過去にやったもの:

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった。4段4次のルンゲクッタ法がワークシートだけ(VBA使わずに)で簡単に計算できるようになった。まずはローレンツ方程式を計算してみる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(2) 5次のルンゲクッタフェールベルグ法でローレンツ方程式をワークシートだけで(VBA使わずに)計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(3) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてワンライナー(1セル)で数値積分(シンプソンの積分公式)を計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(4) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてクロソイド曲線を計算するオリジナルの関数を作る。セルに=Clothoid_X(A2)とか入れるだけで計算できる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(5)なんと再帰まで使える。階乗とフィボナッチ数列で試してみた。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(7) 離散フーリエ変換(DFT=Discrete Fourier Transform)(修正版)と逆変換(IDFT)をLAMBDA、LET、SEQUENCE、MAKEARRAY、MAP、複素数関数(IMEXP,IMPRODUCTなど)を組み合わせてVBAも分析ツールもなしに関数として実現する。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(8) 4段4次のルンゲクッタ法をLAMBDAだけ(VBAもセルの計算も使わずに)で実現、RK4(t, x, y, z)だけで次の時間ステップが計算できるようにした。例はもちろんローレンツ方程式。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにした。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(10) Sパラメータのような複素数データの実部・虚部のRIとデシベル、位相のdBを2列を選択するだけで dB2RI(範囲), RI2dB(範囲)でLAMBDA, MAKEARRAY,LETを使って相互に計算できるようにする。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(11) 複数のセルの並びから1つ飛ばしとか2つ飛ばしとかでデータを取り出す関数PickOut(範囲、何行ずつか、何列ずつか)を作った。よく変なデータの並びで取り出すのがめっちゃ困ることがあるので。

2022年3月20日 (日)

スマホRF駆け出しエンジニアの豆知識: 番外編:ミリ波AiP(Qualcomm QTM545)のパッチアンテナにマジックで印をつけるのやめろ!(Samsung Galaxy S22のiFixit分解みて)そしてミリ波でもロスがない魔法ののりプリット。

iFixitでSamsung Galaxy S22の分解してるのみたけど、、、

https://www.ifixit.com/News/57567/galaxy-s22-teardowns-apple-is-making-samsung-sweat

マジックでミリ波AiP(Antenna in Package)、QualcommのQTM545のパッチアンテナにマジックで印付けてる!

Galaxys22_qtm

これねー、知っている人は知ってるんだけどマジックの成分でものすごく高周波で損失が大きい成分が入っていて

これやっちゃだめなんですよ。

で思い出した昔ばなし。

ミリ波でちょっと何か部品をくっつけたい(誘電体共振器とか)というときがある。

ああいうとき、アロンアルファが最悪で、これも高周波でとんでもなくロスが大きい成分が入っている。

一方、ほぼロスに影響がない接着剤がある、、、

それはプリット!

(一部で魔法ののりと呼ばれていたとかなんとか)

これならミリ波でもつかえますよ。植物由来成分だからなのかな、、、(というか金属成分を含まず、かつ誘電率がとても低いという話だが)

https://bungu.plus.co.jp/pritt/product/

Pritt

新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(3/20更新)韓国の陽性者数、日本をはるかに超えてまだまだ増加中。中国もとうとう垂直増加と発表してる。

まずは各国のリニアスケール。とにかく韓国の増加がおかしい。もうコロナ対策あきらめたのか?このままじゃ本当にドイツとかを抜くぞ。

そして中国もオリンピックが終わって隠蔽しなくなったのかどうなのか急増。

Wwcovid202203201

次は各国のログログプロット。

このスケールでも韓国の異常さが際立つ。中国もこのスケールで見えるようになってきた。

Wwcovid202203203

日本のワクチン接種者数と陽性者数のログログプロット。ようやく三回目の接種が伸びてきている感じ。

Wwcovid202203202

日本の詳細ログログプロット。この増加でよくまん延防止解除したな、という気もする。

Wwcovid202203204

2022年3月19日 (土)

大阪市立自然史博物館の本館(常設展示)を観てきた(特別展、植物のあと同じチケットで観られます)。恐竜やマンモス、クジラの骨はいつ観ても面白い。ロジスティック関数とシーモンキーも。

「植物」のあとはこちらまで。久々に来たなあ。

20220316-110833 20220316-110950

いつ観てもこの部屋はすごいな。

20220316-111546 20220316-111701 20220316-112042 20220316-112124 20220316-112201

上から見るとさらによし。

20220316-112220

リュウグウノツカイも。

20220316-113349 20220316-113357

ここでロジスティック関数をみるとは!

20220316-113535

シーモンキーも懐かしー。

20220316-113627

2022年3月18日 (金)

大阪市立自然史博物館で特別展「植物 地球を支える仲間たち」を観てきた。ちょうど「愛なき世界」を読んだところだったのでABCモデルとか面白かった。ラフレシアもショクダイオオコンニャクも実物大の模型初めて見た。あと光合成のゲームが面白い。

長居公園を歩いた後は大阪市立自然史博物館で植物を観に来た。

20220316-102626

ショクダイオオコンニャクでかいな!

20220316-103731

ラフレシアも。

20220316-104009

キソウテンガイ、すごい名前だ。

20220316-104337

ちょうど、

 愛なき世界(三浦しをんさん、中公文庫上下巻)を読んだ。植物(シロイヌナズナ)を研究する博士課程の女性に恋をした洋食屋見習いのお話で面白かった!自分の院生時代を思い出したり。そして身につまされるゾッとするミスも、、、フェルミの植物学者の言葉やExcelが勝手に遺伝子の名前を変える話を思い出した。

というところだったのでこのABCモデルが面白かった。

20220316-104713 20220316-104847

青いバラも。

20220316-104857

青い菊は知らなかった。

20220316-104938

世界初公開だという植物化石も。

20220316-105231

食虫植物!

20220316-105810

ハエがいる、、、

20220316-105838

20220316-105934

そして写真撮り忘れたけど光合成ファクトリー。

https://kougousei-factory.com/

どれもなかなか面白かった。特別展に続いて本館へ(続く)。

2022年3月17日 (木)

長居公園を歩く(2022/3/16)桜がちらほらで、すでに花見をしている人たちがいたり。

大阪市立自然史博物館で開催されている「植物」を見に長居公園まで。時間が少しある(予約制)のでぶらぶら歩いた。

20220316-095730 20220316-095848 20220316-095908 20220316-100512 20220316-115600

あれ?もう桜咲きだしてるの?

20220316-115628 20220316-115636

この下で花見をしている人たちがいたり。

20220316-115643

というところでちょうどいい時間になった。ここから(続く)。

2022年3月16日 (水)

高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2022年3月16日 IEEE Microwave Magazineでミリ波非接触コネクタ記事あると思ったらFCCでApple Watchの60.5GHzの診断用Dockの内部が、Microwave JournalでRogersの3Dプリンタ使うレンズ、GSAから世界のスペクトル、Infineonから睡眠モニターレーダ、など。

今月のIEEE Microwave MagazineはFlexible Electronics, Photonics, and Connectors。

https://ieeexplore.ieee.org/xpl/mostRecentIssue.jsp?punumber=6668

どれも興味深いが、ミリ波非接触コネクタ記事を取り上げよう。

Millimeter-Wave Contactless Connectors: From Fundamental Research to Commercialization

LG(スマホからは撤退)が2画面スマホのディスプレイのコネクタとして60GHzのKeyssaのコネクタを使っていたのは有名だが、、、

Microwavemagazineapr2022

取り上げた理由は昨日これを書いたから。

Apple Watch Series7の60.5GHzの診断用隠し通信機能、診断用のDockの内部構造もFCCで昨日公開。ミリ波AiP(Antenna in Package)はWatchと同じっぽい。それがフレキに実装されてる。そしてDockにはアンテナ用の窓が開いていた。

Applewatch_dock1_20220315203801

Microwave Journalの特集はTest & Measuremt。

https://www.microwavejournal.com/publications/1

5Gの測定の話もあるが、個人的に面白かったのはRogersの3Dプリンタで作った傾斜材料レンズ。

Online Spotlight: A Gradient Index Lens to Enable 180-Degree Field-of-View in a Phased Array System

F3_20220315204401

実は大昔、もっと原始的な方法で同じようなことをやっていたことがあったり。

GSAで世界のスマートフォンで使われる周波数帯のまとめ。

Spectrum Positions March 2022

Infinionのプレスリリース。

Infineon and Sleepiz enable high-precision sleep monitoring at home based on radar technology

Huaweiらの5G Advancedのホワイトペーパー。

Huawei, China Mobile, and Industry Partners Unveil 5G-Advanced Technology Evolution White Paper 2.0

Ossiaのワイヤレス電力伝送。これ本当はどのくらいの実力なんだろう。

Wireless Power is Already Changing the World

2022年3月15日 (火)

Apple Watch Series7の60.5GHzの診断用隠し通信機能、診断用のDockの内部構造もFCCで昨日公開。ミリ波AiP(Antenna in Package)はWatchと同じっぽい。それがフレキに実装されてる。そしてDockにはアンテナ用の窓が開いていた。

さて以前、

 Apple Watch series7 の60.5GHz通信(診断用)、分解写真からどこにアンテナ(パッチアンテナ)があるかを推定してみた。

というのを書いた。診断用ということはドックもあってそれも通信してるはずで、FCCにもBCGA2687というIDで出てたが、
なぜか公開が3/13になっていて(Watch自体はずいぶん前に公開されているのに!)、それをまたなぜか私が覚えていたので見てみた。

これ。フレキの上にAiPが実装されている(パッチアンテナ1個っぽい)

Applewatch_dock1

でWatch内部のAiPと比べてみてもほとんど一緒(色違い)。同じもの使ってるっぽいな。

Applewatch_dock2

でドックにはこのパッチアンテナ用の穴が開いている。LGは何だろう、、、LGが作ってる?

Applewatch_dock3

 

2022年3月14日 (月)

松屋でチキンとチーズのラタトゥイユカレー生野菜セット(大盛)をいただく。チキンがあまり推されてないのはなんで(半熟玉子が推されている)?

松屋のトマトカレーは美味しい、というのはあったのでラタトゥイユもおいしいだろうということで注文。鶏肉好きなのでチキンで。

ただ、無印か半熟玉子しか重点的にかかれてない。

https://www.matsuyafoods.co.jp/matsuya/news_lp/220301.html

もしかしてチキンは仕入れの関係であまり出せないのかな?ゴロゴロチキンと同じ感じのチキン(量は少ないが)でとてもおいしいのに。

20220313-133145 20220313-133150

2022年3月13日 (日)

新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(3/13更新)韓国の陽性者数、日本も超え、世界で韓国だけが急増化してる。なんで?イギリス超えそう…

まずは各国のリニアスケール。韓国だけが急増している。そして日本を数日前に超えた。大統領選挙も終わったし、もうちょっと何とか対策とってもらいたいところ。

Wwcovid202203131

各国のログログプロット。これで見ても韓国の異様さがわかる。これじゃイギリス超える勢いだ。

Wwcovid202203133

次は日本のワクチン接種者数と陽性者数のログログプロット。ようやくワクチン接種者数がわかるくらいの増加をしてきた。私も3回目そろそろ案内来るんじゃないかな。

Wwcovid202203132

日本の詳細ログログプロット。ちょっとだけ増加が抑えられているようにも。

Wwcovid202203134

2022年3月12日 (土)

ザ・バットマンをIMAXレーザで観てきた。3時間あっという間なくらい面白かった!特に最後の展開はうるっと来た。ファルコーネがスタンリーにしか見えなかったり、キャットウーマンかわいいなと思ったらレニー・クラヴィッツの娘さんか!

楽しみにしていたザ・バットマン、せっかくなんで109シネマズ大阪エキスポシティのIMAXの大画面で観てきた。

20220312-130959 20220312-131011 20220312-131022

このポスターもらった(折れたけど、、、)。

20220312-181005

ダークな雰囲気がやはりとてもかっこいい。暗いシーンや雨のシーンが多くて、特に真っ暗ななかで

銃の明かりだけで状況がわかるシーンがいい。

しかしリドラーひどいな、、、最後のほうは特にえ!って感じで、最後の1時間が本当の闘いだったという。

でもそのおかげで非常灯のシーンとか、救助のシーンがうるっと来た。

キャットウーマンかわいい!と思ってこの女優さん誰だっけ?とエンドクレジット見たら、、、、あ!レニー・クラヴィッツの娘さんか!と驚く。

それより、ずっとファルコーネがマーベルのスタンリーがカメオで出てるとしか見えなかったり。。。

カーチェイスシーンは今まで見た映画で一番えげつない気がする、、、高速を逆走はやめろ!

バットマン映画で一番好きなのはダークナイトで、次がジョーカーなんですが、これもその次ぐらいに面白かった。

2022年3月11日 (金)

尼崎の上坂部西公園をぶらぶら歩く。

ものすごく久しぶりにこちらへ。

20220305-130036 20220305-130056 20220305-130116

野鳥が有名なんですが、一羽も見つけられず、、、

20220305-130132 20220305-130201 20220305-130235

花々がきれい。

20220305-130245 20220305-130332 20220305-130338 20220305-130518

2022年3月10日 (木)

餃子の王将で京都先行発売の辣菜麺(ラーサイメン)をいただく。辛さといい、野菜の多さといいこれはすごく好きな味。

辣菜麺(ラーサイメン)、京都先行発売ということでこれはいかねば!と思っていてようやく行けた。

辛さもいいし、野菜も多いし、これはおいしい!いい意味で王将っぽくない。

値段はちょっとお高めだがその値打ちありです。

20220306-134150

 

2022年3月 9日 (水)

ExcelのLET関数、SEQUENCE、QUOTIENTなどを組み合わせてある範囲のセルから、2行おきとか3列おきとかでデータ取り出せるようにする(昨日LAMBDAでやったやつのLETのみ版)

さて昨日はこういうのをやってみた。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(11) 複数のセルの並びから1つ飛ばしとか2つ飛ばしとかでデータを取り出す関数PickOut(範囲、何行ずつか、何列ずつか)を作った。よく変なデータの並びで取り出すのがめっちゃ困ることがあるので。

ただ、まだLAMBDAが使える人が少ないんじゃないかと思う。例えば、私の家のPCでは使えるが、会社のPCでは使えない。

会社のPCでもLETまでは使える、ということでやってみよう。

こんな感じで、最初のsに範囲を、nに飛ばす行を、mに飛ばす列を記載する。

Let_pickout1

テキストデータ:

=LET(s,A1:I9,
  n, 2,
  m, 2,
  r, ROWS(s),
  c, COLUMNS(s),
  rs, IF(MOD(r,n)=0,r/n,QUOTIENT(r,n)+1),
  cs, IF(MOD(c,m)=0,c/m,QUOTIENT(c,m)+1),
  mat, SEQUENCE(rs,cs),
  rr, QUOTIENT(mat-1,rs)+1,
  cc, MOD(mat-1,cs)+1,
  INDEX(s, rr*n-(n-1), cc*m-(m-1))
)

すると、2行2列飛ばしや

Let_pickout2

4行3列ずつ飛ばすとかが簡単にできる。

Let_pickout3

これはLAMBDA使ったやつより実用的かな。

かつやで親子丼とタレカツの合い盛り丼(ご飯大盛)+とん汁(小)をいただく。これはかなり好きな味。ちゃんと三つ葉もあるし、カツもおいしい。ご飯大盛でちょうど位の具の量でした。

この組み合わせはどうなんだろうと思ったが、これは当たり。どっちもおいしい。

20220302-133810

卵とろとろで肉も大きい親子丼部分と、サクサクかつのコントラストでご飯が進む。大盛でちょうどいいくらい。

20220302-133813

2022年3月 8日 (火)

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(11) 複数のセルの並びから1つ飛ばしとか2つ飛ばしとかでデータを取り出す関数PickOut(範囲、何行ずつか、何列ずつか)を作った。よく変なデータの並びで取り出すのがめっちゃ困ることがあるので。

たまにExcelでデータもらうんだけど、ほしいデータがセルに連続で入ってなくて変な書式で2つおきにはいっていたり、

空白が数行あってまたデータ、とかなぜこんなことをするのか理解に苦しむことがある。

解析したりするのにわざわざ連続に直してとかめっちゃストレスたまるので、ここはExcelの新機能LAMBDAを使って楽をしよう。

PickOutという名前を付けた。

こんなの。

Lambda_pickout1

PickOut
 = LAMBDA(s, n, m, 
    LET(r, ROWS(s), 
        c, COLUMNS(s),
        rs, IF(MOD(r, n)=0, r/n, QUOTIENT(r,n)+1),
        cs, IF(MOD(c, m)=0, c/m, QUOTIENT(c,m)+1),
        MAKEARRAY(rs,cs,
            LAMBDA(rr, cc, 
                INDEX(s, rr*n-(n-1),cc*m-(m-1)))
            )
    )
);
最初の引数がに範囲指定を、その次に何行ごとに抜き出すか、その次に何列ごとに抜き出すかを入れる。
例えば9行9列のデータから、2行2列ごとにデータを抜き出すにはこうする。
Lambda_pickout2
4行3列ごとはこう。
Lambda_pickout3
これでイライラすることがなくなる?

過去にやったもの:

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった。4段4次のルンゲクッタ法がワークシートだけ(VBA使わずに)で簡単に計算できるようになった。まずはローレンツ方程式を計算してみる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(2) 5次のルンゲクッタフェールベルグ法でローレンツ方程式をワークシートだけで(VBA使わずに)計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(3) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてワンライナー(1セル)で数値積分(シンプソンの積分公式)を計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(4) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてクロソイド曲線を計算するオリジナルの関数を作る。セルに=Clothoid_X(A2)とか入れるだけで計算できる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(5)なんと再帰まで使える。階乗とフィボナッチ数列で試してみた。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(7) 離散フーリエ変換(DFT=Discrete Fourier Transform)(修正版)と逆変換(IDFT)をLAMBDA、LET、SEQUENCE、MAKEARRAY、MAP、複素数関数(IMEXP,IMPRODUCTなど)を組み合わせてVBAも分析ツールもなしに関数として実現する。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(8) 4段4次のルンゲクッタ法をLAMBDAだけ(VBAもセルの計算も使わずに)で実現、RK4(t, x, y, z)だけで次の時間ステップが計算できるようにした。例はもちろんローレンツ方程式。


ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにした。

 

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(10) Sパラメータのような複素数データの実部・虚部のRIとデシベル、位相のdBを2列を選択するだけで dB2RI(範囲), RI2dB(範囲)でLAMBDA, MAKEARRAY,LETを使って相互に計算できるようにする。

 

 

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。

 

松屋でカルボナーラハンバーグ定食(ご飯特盛無料)をいただく。カルボナーラかというとちょっと違う気もするが、クリーミーでおいしい。

松屋さんはよく攻めたメニュー出してる。カルボナーラとハンバーグの組み合わせは想像できなかった。

20220226-140723

カルボナーラ感はあんまりないが、むしろクリームソースと半熟卵のハンバーグだと思えばなかなか美味しかった。

ご飯も特盛無料でした(食べ過ぎて夜もおなかがすかない、、、)。

20220226-140726

2022年3月 7日 (月)

新型コロナウイルス、日本の陽性者数&ワクチン接種者数総計をプロット&中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの陽性者数もプロット(3/6更新) 韓国の陽性者数、もう日本と並ぶくらいに急激に増えてる。どうなってんだ?

まずは各国のリニアスケール。韓国、いつの間にこんなに増えた?日本と並ぶレベルの陽性者数になってきてる。日本も増えているとは言え、ちょっとだけ減速はしてるのに。

Wwcovid202203061

ログログプロットで見ると余計に韓国の増加が目立つ。

Wwcovid202203062

次は日本のワクチン接種者数と陽性者数のログログプロット。うーん、まだまだワクチン三回目が増えていかないな。私も案内が来たらすぐに打つ気でいる。

Wwcovid202203063

日本の詳細ログログプロット。これまでの増加と比べても異次元で増えていってるのがわかる。

Wwcovid202203064

2022年3月 6日 (日)

「ナイル殺人事件」を観てきた。エジプトの神殿がすごくて見とれる。そしていつワンダーウーマンかブラックパンサーに変身するんだとか思ったり、、、また今風にものすごく多様性を出してる。カボチャの話が出るので次はアクロイド殺し?

「1917 命をかけた伝令」のような塹壕のシーンから始まったと思ったら、、、ポアロが口髭を生やしている理由が明らかに。

20220305-095058

そしてなかなかに過激なダンスから、、、舞台はエジプトへ。

ピラミッドとスフィンクスにまず見とれ、、、そしてアブ・シンベル神殿がさらにすごくて見とれる。

まさかロケじゃないだろな、とか思ったら実物大のセットだったとか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c04159b673932bc1014c97601266b52b94ad7137

でもう犯人にかかわるようなことはネタバレしないようにかかないですが、

ガル・ガドットが出てるとどうしてもワンダーウーマンにいつ変わるんだろうとか、

ワカンダの王女も出てて。

しかし国籍とか関係性とか本当に今風にアレンジしてたな。

犯人というかトリックはわかりやすい伏線がいくつも用意されてるのですぐわかる、、、のか

私が子供のころ読んだのをうっすら覚えていたのか定かじゃないものの、まあ悲惨な結末です。

でもカボチャの話とか田舎に引っ越す話をしているということは次はアクロイド殺人事件であっても

よさそう。どうやって映像化してみんなを納得させられるか全くわからないですが。

2022年3月 5日 (土)

「Wordleもどきの5つの数字あてNumberle」をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP!Wordleにはまっているのでそれを何とか似たようなものを作れないかを考えて…

最近、Wordleにはまっている。

https://www.nytimes.com/games/wordle/index.html

で、カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpに

キヨシ関数(ズン・ズン・ズン・ズンドコ)

NKODICE(んこダイス)もどき

の自作式をUPしている私としては、何とか似たようなもの作れないかな…と考えた。

で、できたのがこちら。5つの数字あてNumberle。

リンク:

Wordleもどきの5つの数字あてNumberle

説明:

5文字の英単語を当てるWordleにはまってますが、それを数字で行うゲームを作りました。
5桁の数字を1桁ずつ入力してください。位置と数字が当たっていると〇が、数字は当たっているが位置が違うときは△が、位置も数字も間違っているときは×が表示されます。
日付が変わると問題も変わります。

画面:

Numberle01

本家とは比べようもないほど面白くないが、まあ頑張ったんで、、、

2022年3月 4日 (金)

大英博物館 ミイラ展 古代エジプト6つの物語@神戸市立博物館を観てきた。最近3つくらいミイラ展見てきたが、CTスキャンの性能が一番よくわかる展示。古代の人も歯では苦しんでたんだなとか。

最近、ミイラ展が結構多くて、ここ一年で観てきたのは3つ目くらいかな。コロナ禍でも借りやすいのかな?

20220302-102443 20220302-102450 20220302-102456 20220302-102600 20220302-102608

6体のミイラの展示と、それを詳細にCTスキャンで調べた映像のセットですが、そのCTスキャンの性能がすごい。

死因や、髪の毛が残っているところ、癌のあとや副葬品をスキャンして3Dプリンタで作ったもの、などいろいろあり。

展示よりも映像に力を入れている感じでした。

最後の6体目の若いミイラだけは写真OKでした(が死体でもあるのでなんか撮りにくい、、、)

代わりにロゼッタストーンとツタンカーメンのマスクのレプリカを。

20220302-113403 20220302-113529

なかなかまん延防止の中出かけられないですが、時間帯予約が基本なので混雑はしてませんでした。

コロナでぜひとは言いにくいですが、なかなか興味深かったです。

2022年3月 3日 (木)

愛なき世界(三浦しをんさん、中公文庫上下巻)を読んだ。植物(シロイヌナズナ)を研究する博士課程の女性に恋をした洋食屋見習いのお話で面白かった!自分の院生時代を思い出したり。そして身につまされるゾッとするミスも、、、フェルミの植物学者の言葉やExcelが勝手に遺伝子の名前を変える話を思い出した。

いやーこれ面白かったです。お話そのものもそうですが、ちょくちょく挟まれるおもしろ文章(本村さんのおもしろ行動とか藤丸くんのおとぼけとか)がまた面白い。研究室の雰囲気もいいし、自分の院生時代(まああんな感じではない研究室でしたが)を思い出した。

本文に出てくる専門的なこともちゃんと巻末の付録で説明してくれてますし、それもよかった(まあ検索しながらよんでたんですが。私は物理学科で全くこの辺りのこと知らなかったので、、、エッペンチューブとかチビタンとか。モノタロウで買えるそうだ!)

https://www.monotaro.com/k/store/%E3%83%81%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%B3%20%E9%81%A0%E5%BF%83%20%E6%A9%9F/

ボルテックスも買える。

https://www.monotaro.com/k/store/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%BC/

あらすじは

「シロイヌナズナの研究に没頭して、恋愛・生殖に興味ゼロの博士課程の大学院生、本村紗英に洋食屋の見習い、藤丸陽太が恋をした。

でも本村は殺し屋のような教授、松田、サボテン一筋の後輩男子、加藤らの面々に囲まれ、愛しい葉っぱの研究に没頭中。

そんな中、本村をどん底に叩き落した大失敗が、、、」

というもの。大失敗、これはちょっと身につまされるというか、フェルミがこんなたくさんの素粒子の名前が覚えられるなら植物学者にだってなれたはずだ、といったのを思い出した。

あと遺伝子の名前がExcelで日付に代わるという話もあったなあ。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1270172.html

20220302-170259

植物学や研究に全く興味なくてもとにかくお話が面白いので(途中の松田先生のお話もぐっとくる)、

ぜひおすすめです。

 

2022年3月 2日 (水)

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9の追記)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにしたので、それをMAP関数を使って3次元グラフにしてみる。

さて、ちょっと前に

 ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにした。

というのを書いた。せっかくなんで3次元グラフにしてみよう。

まず複素数のマップデータが必要だが、それは

LET(n,200,MAKEARRAY(n,n, LAMBDA(x,y, LET(xmax,E2,xmin,D2,ymax,G2,ymin,F2, COMPLEX(xmin+(xmax-xmin)*(x-1)/(n-1),(ymin+(ymax-ymin)*(y-1)/(n-1)))))))

のようにすると一気にnxnの複素数のマップデータが得られる。

これに=Zeta(B2)とかしていくだけ。まあ結構時間掛かりますが最終的にこんなのが得られた。

Excellambdazeta01 Excellambdazeta02

Excelのセル入力だけでマクロも使わず描いたとは思えない図になったり。

 

 

過去にやったもの:

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった。4段4次のルンゲクッタ法がワークシートだけ(VBA使わずに)で簡単に計算できるようになった。まずはローレンツ方程式を計算してみる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(2) 5次のルンゲクッタフェールベルグ法でローレンツ方程式をワークシートだけで(VBA使わずに)計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(3) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてワンライナー(1セル)で数値積分(シンプソンの積分公式)を計算

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(4) LET、SEQUENCE、IFSと組み合わせてクロソイド曲線を計算するオリジナルの関数を作る。セルに=Clothoid_X(A2)とか入れるだけで計算できる。

ExcelでLAMBDA関数が突然使えるようになった(5)なんと再帰まで使える。階乗とフィボナッチ数列で試してみた。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(7) 離散フーリエ変換(DFT=Discrete Fourier Transform)(修正版)と逆変換(IDFT)をLAMBDA、LET、SEQUENCE、MAKEARRAY、MAP、複素数関数(IMEXP,IMPRODUCTなど)を組み合わせてVBAも分析ツールもなしに関数として実現する。

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(8) 4段4次のルンゲクッタ法をLAMBDAだけ(VBAもセルの計算も使わずに)で実現、RK4(t, x, y, z)だけで次の時間ステップが計算できるようにした。例はもちろんローレンツ方程式。


ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(9)リーマン・ゼータ関数ζ(z)をLAMBDA、REDUCE、SEQUENCE、複素数関数を組み合わせて=Zeta(1/2+2i)などで計算できるようにした。

 

ExcelでLAMBDA関数が使えるようになった(10) Sパラメータのような複素数データの実部・虚部のRIとデシベル、位相のdBを2列を選択するだけで dB2RI(範囲), RI2dB(範囲)でLAMBDA, MAKEARRAY,LETを使って相互に計算できるようにする。

 

2022年3月 1日 (火)

π型・T型アッテネータ(インピーダンス整合)の設計をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpの自作式としてUP!

たまたまちょっと必要になってインピーダンス整合パッドの抵抗値を計算していた。

ついでなんでカシオの高精度計算サイトにもあげておこう。

計算式は

π型

https://www.electronics-tutorials.ws/attenuators/pi-pad-attenuator.html

T型

https://www.electronics-tutorials.ws/attenuators/t-pad-attenuator.html

を参考に。

回路図はQucsStudioで書いてみた。

Attenuator01

計算式へのリンクはこちら:

 π型・T型アッテネータ(インピーダンス整合)の設計

説明:


インピーダンスが整合できる減衰器(アッテネータ)を設計します。π型かT型かを選び、減衰量、入力インピーダンス、出力インピーダンスを入力すると3つの抵抗値が計算できます。

画面:

Attenuator02

 

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

最近の記事

最近のコメント

2022年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ