« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月31日 (水)

河童ラーメン本舗で河童ラーメン煮卵付きをいただく。私はここのラーメン一番好き。替え玉も無料。

千日前本店で河童ラーメンをいただく。二日酔いで気持ち悪くてもここのラーメンなら食べられるほど好きな味。

キムチも食べ放題で替え玉も1玉無料。

20220925-140130

 

2023年5月30日 (火)

なか卯で8種野菜の担々うどん(大)をいただく。本当に野菜たっぷりで、シーザーソースもついてヘルシー感UP。

野菜はグリーンリーフ、レタス、大根、きゅうり、人参、パプリカ、青ネギ、たけのこだそうで、そこに蒸し鶏、坦々ミンチと具が本当に多い。途中でシーザーソースを野菜にかけるとサラダっぽさが倍増。これはなかなか美味しかった。

20230501-140022 20230501-140025

2023年5月29日 (月)

旨辛牛肉たっぷりつけうどん(特盛)をいただく。つけだれがかなりあっさりしているので旨辛でラー油いれるのはアクセントになっていいかも。

最近、つけ麺にハマっっている。近所につけ麺屋が一切ないので、なか卯のこのつけうどんがかわりになるかな?と食す。

つけ麺はつけだれが濃い(濃厚で魚介とか豚骨とか)が多いが、これは想像以上にあっさりしていてこれはこれであり。

20230527-142106

でも旨辛にしてラー油を投入するとあっさりの中に深みが出てこっちのほうが好み。

20230527-142110

2023年5月28日 (日)

TensorFlow(Keras)でモデルをsaveで保存してload_modelで読み込むときに突然エラー(utf8で読めないとかディレクトリが存在しないとか)が出始めた。なんで?といろいろやると、単に日本語がフォルダ名に使われているときにエラーになるだけだった…(Windowsネイティブの場合)

最近、ずっとPythonでTensorFlow(Keras)を使っていろいろ遊んでいる。

モデルのセーブとロードは

https://www.tensorflow.org/tutorials/keras/save_and_load?hl=ja

に従って普通にできていたのだが、ある時ロードできなくなった。

例えばSavedModelフォーマットで

model.save('saved_model/my_model')
new_model = tf.keras.models.load_model('saved_model/my_model')
とすると、

Saveerror1

FailedPreconditionError: saved_model is not a directory

と出た。いや?あるやろ!

じゃあHDF5フォーマットでは?

Saveerror2

UnicodeDecodeError: 'utf-8' codec can't decode byte 0xe5 in position 45: invalid continuation byte

と出た。いやそもそもこれバイナリじゃないの?

ということで相当悩んだ…

が結果は単純で、フォルダ名に日本語が含まれているとこういうエラーが出ることがわかった。

Windowsの場合、ファイルエクスプローラーでは例えば

”ドキュメント”

というフォルダが日本語だったりユーザー名も日本語だったり

するので別にいいのか?と思っていたらこれは本当はDocumentというフォルダで、ユーザー名も実は

日本語が含まれてないということを忘れていた…(この仕様前からおかしいと思っている。実際のフォルダ名と違うのがでるのはどうなのか)

実はエラーが出始めたのはPCを変えてからで、そのときフォルダ構成も変えてたのであった。

罠が多い。

別の罠:

Tensorflow(Keras)のNormalizationで多次元配列の平均を取るのにaxisの定義がNumpyのmeanなどと違うのにハマる…タプルを使わないとだめなのか。

2023年5月27日 (土)

からやまでよだれ鶏から揚げ定食(ご飯大)をいただく。唐揚げもネギ、もやしも美味しいが揚げ豆腐?の食感が面白い。

辛い物とすっぱいものが好きなのでこれはいいな。野菜も唐揚げもたっぷり。

20230520-134705

中でも揚げ豆腐の食感が今まで食べたことのない物で面白かった。これはなんと表現したらいいのか…グミというか。

20230520-134709

2023年5月26日 (金)

「たかが殺人じゃないか: 昭和24年の推理小説」を読んだ。これはすごい…ラストで鳥肌。タイトルの意味と動機を知ったときも驚く。トリックの伏線や当時の時代背景なども詳しく面白かった!辻真先さんはサザエさんとかの脚本でしか知らなくて今まで読まなかったのが後悔。

辻真先さんと言えばもうサザエさんなどの脚本しか知らなかった…いや小説があるのは知ってましたが同姓同名だと勝手に思っていた。

初めて読んだけれど非常に面白かった!あらすじは

「昭和24年、ミステリ作家を目指している風早勝利は、名古屋市内の新制高校3年生になった。学制改革による、たった1年だけの男女共学の高校生活。そんな中、顧問の勧めで勝利たち推理小説研究会は映画研究会と合同で夏休み中の一泊旅行を計画する。顧問と男女生徒5名で湯谷温泉へ、中止となった修学旅行代わりの旅だった。

しかしそこで密室殺人に巻き込まれ。。。

またキティ台風が襲来する夜に今度は首切り事件に巻き込まれる。」

というもの。戦後間もない時代背景、学生たち、名古屋の風景、などなど舞台設定がとても丁寧で興味を引くもので、そこに伏線がはられたトリック、そして衝撃の動機が来る。そしてタイトルの意味も。

なによりラスト。本当に鳥肌が立った。ミステリの賞の3冠も納得。辻さんの書はもっと読んでいきたい。

20230524-193637

 

2023年5月25日 (木)

餃子の王将で5月限定の麻婆麵をいただく。かなり太麺で量もたっぷり。

写ってないですがフェアセットBにして小ライスと餃子も付けた。

麻婆麵としても食べられるし、そのままご飯にかけて麻婆丼としても。

辛さはあまりないのでラー油を回しかけていただく。

20230512-171030

麺がかなり太麺で食べ応えがあった。

20230512-171120

2023年5月24日 (水)

我が家の電力量計がスマートメーターになった。三菱の電力量計と日本電気の通信(920MHz帯のECHONET Lite+BルートはWi-SUN)らしい。なんでメーカーが分かれているのかはよくわからん…しかしECHONET LiteもWi-SUNも日本のみで、なかなか海外展開は難しいだろうなあ。

我が家の電力量計がスマートメーターになった。

Smartmeter

あれ?下が三菱電機で上が日本電気?

どうやら三菱電機の方が通常の電力量計で、日本電気のものがこれらしい。

https://echonet.jp/introduce/pz-000004/

Pz000004

TWL2-92は、スマート電力量メータの通信ユニットです。
需要家が使用した電力量を計測する電力量計と共に、通信機能を搭載する本機器を用いることにより遠隔での自動検針等の機能を実現します。
本機器のECHONET Lite機器タイプは、「フルECHONET Lite機器」です。
スマート電力量メータで計測した電力使用量等の情報をスマート電力量メータから宅内のHEMSコントローラに伝送するのがBルート通信で、本機器のBルート通信の下位通信層には、TTC JJ-300.10の920MHz帯無線方式A(Wi-SUN)を採用しています。本機器は、Wi-SUN通信を介して、HEMSコントローラへECHONET Liteのノードプロファイル、およびスマート電力量メータクラスで規定される情報の提供を行います。
これにより、本機器から電力使用量等の情報を受信したHEMSコントローラの機能により、家電の制御や電気使用量の見える化などが可能となります。

ECHONET LiteもWi-SUNも926.2 ~ 928.0 MHz周波数帯だそうだ。

https://www.nict.go.jp/press/2013/05/23-1.html

でBルートは家の中に向けて通信するとか。

https://www.jema-net.or.jp/Japanese/res/hems/data/hems_010.pdf

しかしECHONET LiteもWi-SUNも日本でしか使っているの見たことないし…なかなか難しいだろうな。

こういう話。

日本置いてけぼりのスマートホーム統一規格、「ECHONET Lite」はガラケーの二の舞か

吉野家で焦がしねぎ焼き鳥丼(大)をいただく。あ、これは焦がしてるのはネギだけで焼き鳥はあまりそういう感じはなかった。でもなかなか美味しかった。

すき家の同系統のものがいまいちだな、と思っていたがこっちの方が美味しかった。

ただ、やっぱり鶏はなか卯(親子丼)、松屋(ごろチキ)の方が歯ごたえがある感じで、これは柔らかすぎる気がする。

20230504-120017 20230504-120022

2023年5月23日 (火)

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(4) 10進31桁まで計算できることを生かして4段4次のルンゲクッタ法でローレンツ方程式を計算して図示してみる。テキストベース(アスキーアート)で!

さてこれまでは以下のプログラムを作ってみた。COBOLでは絶対やらないようなフラクタルとカオスのプログラム。

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(1) Windows11のWSL2でインストール、Visual Studio Codeの拡張機能を使い、10進31桁まで計算できることを生かして二次方程式で桁落ちが落ちる例題をそのまま計算。言語そのものはそんな批判されるほどのこともない気がした。

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(2)話題のMojoが例題としてマンデルブロ集合を使っているそうなので、COBOLでマンデルブロ集合を描いてみよう。ただしテキストベースで! 多重ループの練習。

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(3) ロジスティック写像の分岐図を31桁まで10進計算ができることを生かして描いてみる。テキストベースで!今回は2次元配列の練習。

今回もカオス。おなじみ4段4次のルンゲクッタ法を実装して、ローレンツ方程式を図示してみよう。

プログラムはこんな感じで。やっぱりめちゃくちゃ冗長にはなる。ユーザー定義関数もあるにはあるが古いCOBOLにはない、ということで使わなかった。

Cobol_lorenz02

でめちゃくちゃフォントを小さくしてテキストとして図示してみた。おなじみの波形が見られる。

XYは#で、XZは*で描いているがつぶれてわからん、、、が区別はできる。

Cobol_lorenz01

基本的な計算はだいたい分かった。

あとはファイル操作とかかな。

 

2023年5月22日 (月)

(5/21まで)修理のあとに エトセトラ@中之島香雪美術館を観てきた。折れ伏せというのを初めて知ったがこれは大変な労力…頭が下がる。

雨の中だったが、京阪の渡辺橋からは一切外にでないで中之島香雪美術館まで行ける。

5/21までともう終わりに近いので急いで行ってきた。

20230519-151853

どれも興味深い物だったが、中でも折れ伏せがすごかった。

20230519-152506 20230519-152737 20230519-152740

動画でどうやってるか見せてくれる。私には絶対無理な作業。

20230519-153320 20230519-153351 20230519-153522 20230519-153545

2023年5月21日 (日)

すき家でソーセージカレー(大盛)をいただく。ソーセージが大きく、パリッとしていてなかなか美味しい。

すき家のカレー、大盛にすると深皿で相当な量になる。酸味が強いカレーだが割とすき。ソーセージも大きくてパリッとしていてなかなか。

玉ネギのピクルスもついてきていいアクセント。

20230513-124026 20230513-124029

2023年5月20日 (土)

ワイルド・スピード/ファイヤーブーストをTOHOシネマズららぽーと門真のDolby Cinemaで観てきた。とんでもない数の車(とローマ)が壊れるのが大音量でもう無茶苦茶の何でもあり。量子コンピュータとアルゴリズムは訳されず。そして感想は「おい!ちょっと待て!聞いてないよー」

初めてららぽーと門真に行ってきた。まあそれは別途書くとして、今回はワイルド・スピード/ファイヤーブーストをDolby CINEMAで観てきた件。
20230519-101424 20230519-112722

プレミアムシートにした。

20230519-112827

とにかくもう無茶苦茶に車が壊されまくる。というかローマの街も壊されまくる。それがDolbyCINEMAの大音量で来るのでもうなんか息もつけないほど。まあストーリーはあってないようなものですが、とにかく次々とあり得ないアクションとカーチェイスでもうこれはスカッとする。

良かったのは狂気の悪役が似合っていたジェイソン・モモアと叔父さんだったけど、息子さんも可愛かった。登場人物と言えばネタバレで書けない人ばっかり出てきたりする。

ただ公式サイトがすでにネタバレしてるが。

https://wildspeed-official.jp/character/

で字幕で訳されてないので気になったのは量子コンピュータ、アルゴリズム(PCと訳されてた)、BBQとか。まあ影響はないけど日本人がこんなのを知らないと思われたらやだなとか。

そしてラストのエンドクレジット前。「おいおい!こんなの聞いてないよー!」という感じ。デューンと言えばネタバレになるのかな。。。

そしてエンドクレジットの途中、「まあこれが出ないとラストをこれにした意味がないよな」

と最初ので驚いたので2番目のはそこまで驚かず(途中に出てた人も何人かいたし)。

ということでネタバレにならないようにここまで。とりあえず面白かったのは間違いない。

ところであのパンツの人だれ?カメオだと思うのですが…

 

2023年5月19日 (金)

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(3) ロジスティック写像の分岐図を31桁まで10進計算ができることを生かして描いてみる。テキストベースで!今回は2次元配列の練習。

さて前回はマンデルブロ集合を描いてみた。

今回はロジスティック写像

xn+1=axn(1-xn)

 でaを増やしていったときの分岐図を描いてみよう。今回もテキストベースで。

でoccursというのを使うと配列及び多次元配列ができる。こんな感じで。配列の指定はA(i j)みたいな感じで”,”とかいらない。

Cobol_logistic2

フォントをめちゃくちゃ小さくしてテキストベースで描いたのがこれ。ちゃんと窓も見えている。

Cobol_logistic1

2023年5月18日 (木)

高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース(5/18) IEEE Microwave Magazineはグラフェンのマイクロ波応用、Microwave Journalはテラヘルツ波の発生、Next G allianceの新6Gレポート、Hexa-Xの新動画、ESAが軌道上に6Gラボ、De-embeddingって何?など。

今月のIEEE Microwave Magazineの特集はBreath of MTT。

https://ieeexplore.ieee.org/xpl/mostRecentIssue.jsp?punumber=6668

グラフェンの特集が面白かった。

A Perspective on the Recent Progress of Graphene in Microwave Applications: Problems, Challenges and Opportunities

まあアッテネータや吸収体はそうだろうな、と思いますがアンテナを作ろうとしている人が多い。

Microwavemagazinemay2023

Microwave Journalの特集は5G/6GとIMS2023。

https://www.microwavejournal.com/publications/1

テラヘルツ信号の生成が面白い。もはやフォトニクスと融合する感じなのかな。

THz Generation and Analysis with Electronic and Photonic Technologies

F1-4_20230516205901

あとAT&SがPCBに空洞(Air Cavity)を設けて低損失にしたものなど。

The Advantages of Air Cavity-Backed Transmission Lines and Antennas for mmWave Applications

 

Next G allianceの新しい6Gレポート。

ATIS’ Next G Alliance Maps the Future of 6G Vertical Applications

 

Hexa-Xの新動画、

What is 6G and what are the research challenges – the vision of the European 6G Flagship projects Hexa-X and Hexa-X-II

ESAが軌道上の6Gラボを募集。

ESA Launches Call for Participation in World’s First In-Orbit 6G Lab

 

De-embeddingって何?(Part1,Part2)

What is de-embedding and how do I perform it (part 1)?

What is de-embedding and how do I perform it (part 2)?

Oppoが半導体をやめたのとか京セラがコンシューマー向けのスマホやめるとかバルミューダ撤退とかはまあ…

 

2023年5月17日 (水)

カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpが復旧してログインや自作式の作成ができるようになった。ということで作った自作式のアクセスベスト10とお勧めを紹介。

5/16に復旧しましたが、かなり時間掛かったね。何があったんだろう。

https://keisan.casio.jp/

で新しい自作式を作ろうかとも思ったが、まずは現行のアクセスベスト10を。

Keisancasio202305161

リンクはこちら。あまり(全く)高精度計算と関係ないものが上位にあるのが何とも…

階層 ライブラリ名 編集 削除 概要 実行回数 更新年月日
趣味 運命数の計算(やりすぎコージー都市伝説より)     生年月日を一桁ずつ足したものが運命数。一桁になるまで足し続けるが、まれに一桁になる前にゾロ目(33など)になる人がいてそれは素晴らしい運命の持ち主だそうですよ(?) 4590470 2017/05/31
幾何学 円の弧長,弦長,矢高,半径のどれか2つを与えて残りを計算     弧長(円弧の長さ)L、弦長d、矢高(円弧の高さ)h、半径rのどれか2つに値を入力して、残りの2つを0と入力すると(空白にはしないでください)、その残りの2つおよび中心角を計算します。L=r*θ, d=2*r*sin(θ/2), h=r*(1-cos(θ/2))を用い、ニュートン・ラフソン法で計算しています。 ※180°以上の中心角の場合、および2つ解がある場合にも対応しました。 1614430 2022/04/07
ゲーム ガチャを何回もやってもすべて外れる確率     出現確率が1%のガチャを100回やったら1回くらい当たるとか思ってない? 全然違いますよ。 662484 2018/01/05
ゲーム NKODICE(んこダイス)もどき     Steamで話題の『NKODICE(んこダイス)』もどきです。乱数でサイコロを5個振ります。サイコロの目に「お」「ち」「う」「こ」「ま」「ん」が書かれていて、ある配列になると…? 638282 2021/06/11
電気・回路 マイクロストリップラインの特性インピーダンス     マイクロストリップラインの特性インピーダンスを計算します。 (参考文献)"Microwave Solid State Circuit Design 2nd ed.", Bahl and Bhartia, Wiley 413554 2011/11/20
統計・確率 2つの比率の差の検定     二群の比率の差の検定を行います。ABテストなどの解析に使えます。 233075 2020/07/26
物理(一般) 標高と水の沸点の関係     標高が高くなると水の沸点が下がることは知られていますが、その近似計算を行います。 187437 2014/02/07
電気・回路 NTCサーミスタの温度特性(B定数による計算)     NTCサーミスタの温度特性を R = R0 * exp (B * (1/T - 1/T0)) によって計算します。 172766 2012/08/19
統計・確率 2群の平均の差のt検定     対応のない場合の2群の差のt検定を行います。2つの標本の個数、平均、標準不偏分散をそれぞれ入力し、有意水準と等分散が仮定できるかどうか(できないときはウェルチの検定になります)を入力します。 142790 2021/08/29
統計・確率 母比率の信頼区間の推定     選挙の出口調査の得票率から当選確実かどうか?を調べるような母比率の信頼区間を推定します。 標本数(出口調査の人数)、条件を満たした数(ある候補者に投票した人数)、信頼区間のパーセント(95%など)と推定方法(WaldとAgresti-Coullより選択)を入力すると信頼区間が計算されます。 ※2020/6/24 Rと計算結果が違う件を修正しました。 138802 2020/06/24
統計・確率 サンプルサイズの決定(2つの平均の差の検定のとき)     2つの平均の差の検定時に、効果量(Δ=(μ1-μ2)/σ 平均の差が標準偏差の何倍か?)と有意水準を与えたとき、必要なサンプルサイズn(n=n1=n2,それぞれのサンプルサイズの意味)を計算します。 帰無仮説:μ1=μ2で、対立仮説としてはμ1≠μ2、μ1>μ2、μ1<μ2の3種類が選べます。 119755 2018/08/12

その他、お勧めはこんなところ。

高等数学 ペレリマン数列(2乗してもとにもどる数 天に向かって続く数)     天に向かって続く数(加藤文元さん、中井保行さん著)に出てくるペレリマン数列(2乗するともとにもどる数)の計算です。 1314 2016/09/29
物理(一般) 反磁界係数の計算(楕円体)     楕円体 x^2/a^2 + y^2/b^2 + z^2/c^2 = 1 に対する反磁界係数 Nx, Ny, Nzを計算します。 計算には二重指数積分公式(DE公式)を用いています。 18371 2012/01/17
電気・回路 マイクロストリップラインのSパラメータ(ロス込み)     HammerstadとJensenモデルでマイクロストリップラインの特性インピーダンスを計算したのち、導体損失(Morganモデルによる粗さ込み)と誘電体損失を計算し、特性インピーダンスの虚数部分も考慮してSパラメータに直しています。複素特性インピーダンスならTDRでインピーダンスが見かけ上がる現象も再現できます。 9378 2021/03/18
電気・回路 マイクロストリップパッチアンテナの設計(効率・アンテナ利得)     矩形マイクロストリップアンテナの設計を行います。基板の比誘電率、厚み、周波数を入力するとパッチの幅、長さ、入力インピーダンス、指向性、アンテナ効率、アンテナ利得(アンテナゲイン)を計算します。 31750

2018/07/10

 

 

 

2023年5月16日 (火)

松屋でねぎたっぷり牛肉スパイスカレー(大盛+サラダ付き)をいただく。確かにこれはスパイス感が今までの松屋と違ってとても強くていい。辛さも辛すぎるわけではなく(私は辛い物好きなので)、ネギや牛肉との相性もいい。

一口食べて、これスパイス感強いな!と驚く。いつもの松屋のカレーじゃない。これはいい。辛さもまあまあ(と言っても私は辛い物大好きなので、辛い物苦手な人は無理なレベルだと思う)。ネギも牛肉もカレーとの相性もよく、これはリピートしたい。

20230511-185521 20230511-185517

2023年5月15日 (月)

「レモンと殺人鬼」を読んだ。二転三転する展開、ミスリードを誘う仕掛けの数々が面白いが、どうしてもあの超有名作を思い出してしまう…

このミステリーがすごい大賞受賞ということで読んでみた。確かに面白い!展開がころころ変わって、かついろいろと仕掛けがしてあってミスリードを誘うもの。

あらすじは「十年前、洋食屋を営んでいた父親が通り魔に殺されて以来、母親も失踪、それぞれ別の親戚に引き取られ不遇をかこつ日々を送っていた小林姉妹。しかし妹の妃奈が遺体で発見されたことから運命の輪は再び回りだす。被害者であるはずの妃奈に、生命保険金殺人を行っていたのではないかという疑惑がかけられる中、妹の潔白を信じる姉の美桜はその疑いを晴らすべく行動を開始する。」

というものですが、とにかく誰も信用できないというか、誰が一体過去の誰なのかも途中まで一切わからないという凝った仕掛け。

そして衝撃のラストですが、途中であれ?こんな感じの読んだ…と思ったらあの超名作ミステリのあれでした。

まああれは印象的すぎてちょっと設定似させるとそうなっちゃうんだろうなと思ったり。でも面白かったです。

20230513-142553

2023年5月14日 (日)

恐ろしいほど美しい 幕末土佐の天才絵師 絵金@あべのハルカス美術館を観てきた。高知の夏祭りに参加したような感覚でよかった。

全く絵金さんについては知識がなかったがなかなか良かった。しかし芝居絵ってもう悲惨な状況ばっかりで、日本人(だけじゃないか)は悲劇が好きなんだなと再確認。

展示がまるで祭りのようで、久々にお祭りに参加したような気がするのも良かった。

20230513-113405 20230513-113358 20230513-113231 20230513-113011 20230513-112944 20230513-112821 20230513-112735

2023年5月13日 (土)

Powershell(Windowsのコマンドプロンプトの後継)でC#用の数値計算ライブラリMath.NET numericsを使う(2) 高速フーリエ変換(FFT)をやってグラフ化までしてみる。

前回は行列を扱ったが、今回はFFT。Visual C#の時と全く同じように、Numpyの例題を使う。

https://numpy.org/doc/stable/reference/generated/numpy.fft.fft.html

Visual Studio Codeの拡張機能を入れれば補完もやってくれるので便利。

ソースコードはこんな感じで、

Powershell_fft02

グラフはこんな感じ。CHartも使えるので普通に描ける。

Powershell_fft01

なんかもうちょっとした計算ならVisual C#もVisual Basic .NETもいらない気がしてきた…

 

 

2023年5月12日 (金)

丸亀製麵で豆乳仕立ての冷やしトマたまカレーうどん(大)をいただく。さすがTOKIO、去年のトマたまカレーうどんも美味しかったがこれもさらにスパイシーでよかった。こっちのほうがちょっと辛めなんですな。もちろん追い飯もあり。

とり天も付けてネギも多めで。冷やしとトマトはもともと合いそうだったが、そこにスパイシーさが増したカレーが入ってとてもいい。

20230502-193145

豆乳がまろやかですが、もしかしたら辛い物好きには豆乳なしの方がいいかも?

20230502-193148

2023年5月11日 (木)

やよい軒でGW付近限定のミックスグリル定食(サラダ付き)をいただく。デミハンバーグとチキンステーキ、ウインナーという豪華なもの。

特にチキンステーキが美味しそうだったので注文。大人のお子様ランチという感じでボリュームがすごい。

20230507-111318

見えにくいけどスパもハンバーグの下にある。

20230507-111321

おかずのボリュームがすごいのでご飯お替りは1回だけ。満腹でした。

2023年5月10日 (水)

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(2)話題のMojoが例題としてマンデルブロ集合を使っているそうなので、COBOLでマンデルブロ集合を描いてみよう。ただしテキストベースで! 多重ループの練習。

さてCOBOLをいまさら学ぶシリーズ第二弾。第一弾は二次方程式を桁落ちなしで計算することをやってみた。

今回は、、、そういやPythonより35000倍速いというMojoが例題にマンデルブロ集合をつかっていたということで!

https://www.modular.com/mojo

マンデルブロ集合を描いてみよう。まあグラフ表示機能はないけど、、、大昔ラインプリンタで書いた人がいるので、

13世紀の僧侶はマンデルブロ集合を描かないが、1978年にマンデルブロより先にラインプリンタでマンデルブロ集合を描いた人たちがいる。

それに倣ってテキストベースで描く。

今回、ハマったのは多重ループを回すとき。COBOLは基本、文の最後にピリオド”."をつけるが、

多重ループの時は一番最後のend-performにだけ"."を付けないとだめということ。

Cobol_mandel01_20230509204101

結果がこちら。おお、ちゃんとマンデルブロ集合っぽい。

Cobol_mandel02_20230509204101

次は何をしようか…

※さらにフォントサイズを小さくして画面サイズを大きくするとこれくらいは描ける。

Cobol_mandel03

2023年5月 9日 (火)

爆弾(呉勝浩さん)を読んだ。圧倒され、恐ろしいが面白い…些細な傷害事件で逮捕された卑屈な中年男が取調室で爆弾が爆発する、と予言し次々と本当になる。男の言動に振り回される刑事たち。人間の悪意とはと考えさせられ、そして衝撃の結末へ。2冠も納得。

ものすごく評判がいいし、ミステリ関係の賞2冠ということで読もう読もうとしていてやっとGWに時間を取って一気に読み切った。評判通り面白かった!が恐ろしくもあり、圧倒もされた。人の悪意とは?とも考えさせられる。

あらすじは

些細な傷害事件で、とぼけた見た目の中年男が野方署に連行された。
たかが酔っ払いと見くびる警察だが、男は取調べの最中「十時に秋葉原で爆発がある」と予言する。
直後、秋葉原の廃ビルが爆発。まさか、この男“本物”か。さらに男はあっけらかんと告げる。
「ここから三度、次は一時間後に爆発します」。
警察は爆発を止めることができるのか。

というもの。この男、スズキタゴスケが一体本当のことを言っているのか、嘘なのか、目的は何なのか、なぜ刑事にクイズを出すのかなど本当に何にもわからないうちに都内で爆弾が爆発し、犠牲者が次々出ていく。ぞっとします。

で、その真相もあっと言わせるもので驚愕(ネタバレになるので何も言わない…)ただ最後の方に挟まれるストーリーが、悪意の連鎖かと思いきや、希望を持たせるものでよかった…

これはお勧めです。

20230505-172816

2023年5月 8日 (月)

クスノキの番人(東野圭吾さん)を読んだ。家庭に恵まれず罪を犯して逮捕された玲斗が初めて会う伯母に助けられる。ただし願いが叶うというクスノキの番人になることを命じられ…家族の絆、痴呆症が描かれ、またミステリ要素もある(注意深く読んでいれば最後にわかるかも)よかった。

これはミステリ系ではなくてナミヤ雑貨店の奇蹟のような感動系(あんまりいい言葉じゃないですが)で、しみじみよかったです。

あらすじは「不当な理由で職場を解雇され、腹いせに罪を犯して(ここに出てくるものがデンソーの品質管理系技術者だった東野さんらしい)逮捕された玲斗。そこへ弁護士が現れ、依頼人に従うなら釈放すると提案があった。心当たりはないが話に乗り、依頼人の待つ場所へ向かうと伯母だという女性が待っていて玲斗に命令する。あなたにしてもらいたいこと、それはクスノキの番人です、と。そのクスノキは昼間はパワースポットになっていたが、夜に祈念する人にはクスノキに願えば願いが叶うという。一体クスノキとは…」というもの。

最初は読者も玲斗もクスノキが何なのか全然わからず、玲斗もあまり感情移入できないタイプだったのが、クスノキが何なのか知られるたび、玲斗が成長していってどんどん魅力的になってくる。そこに祈念に現れる人々のいろいろな思いが交錯してとてもしみじみするいいお話。

家族の絆や、痴呆症についても考えさせられる。

最後の最後には、ああ、確かに、というミステリ的な要素もある。ナミヤ雑貨店の奇蹟が良かった人にはお勧めです。

20230504-062355

2023年5月 7日 (日)

時代に逆行してCOBOL(GnuCOBOL)を学んでみる(1) Windows11のWSL2でインストール、Visual Studio Codeの拡張機能を使い、10進31桁まで計算できることを生かして二次方程式で桁落ちが落ちる例題をそのまま計算。言語そのものはそんな批判されるほどのこともない気がした。

ゴールデンウイーク中、何か言語を新しく学んでみようと思った。今ならMojoとかRUSTとかGoとかになるのだろうが...

遊びでやるのでそういうのから背を向けて、一回もどんな言語かちゃんと調べたこともないがとにかく皆の目の敵にされているCOBOLを見てみようと思った。まさに時代に逆行。でもこの手のは無くならない気もする。

使うのはGnuCOBOL。

https://gnucobol.sourceforge.io/

Windowsネイティブでも使えるみたいですが、コンパイルするのがめんどくさい。ここはWindowsのWSL2(入れてるのはUbuntu)でやってみよう。aptで入れられるし、Visual Studio Codeも使えるし。

実際、

sudo apt install gnucobol

で簡単にインストールできた。WSL2からVisual Studio Codeを使うにはこちらなど。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/tutorials/wsl-vscode

でいろいろ調べだしたのだが、とにかく情報が少ない!

Web上でも数件はもちろんあるが、JavascriptやPythonの情報量の多さと比べるともう無いに等しい。

それでもまあ雰囲気は5%くらい分かった。お金の計算に使うので10進で桁数が多いのが特徴の1つ、ということで

ここは例題として二次方程式で桁落ちが落ちる例(普通は計算式を工夫する)を工夫せずにそのまま計算してみよう。

ソースコードはこんな感じ(全く合ってる気はしないが動く…)二次方程式を計算するだけなのに長い…10進31桁のうち、21桁を小数点以下に使っている。冗長とかよく言われているそうですが、Visual Studio Codeの拡張機能でIntellisenseが効いて補完するのでほとんど自分ではうってない。

Cobol_quad02

で例題としては以下の2つを使わせてもらいました。

https://sci.nao.ac.jp/MEMBER/hnomura/numexe1/manual/4/gosa.html

http://www.crl.nitech.ac.jp/~ida/education/MaterialsDesign/1453.html

結果はこちら。桁落ちなしで計算出来ている。

Cobol_quad01

でとりあえず理解度5%の印象ですが、

この言語、とにかくちゃんと設定しないとだめなので、逆にちゃんと設定することを徹底して、それぞれのファイル間についてちゃんと使う側が規約を作っていればものすごく頑強なんじゃないだろうか。

結局、屋上屋重ねたように機能追加するなどして、ドキュメントもないなどでおかしくなっているように思う。C使おうがPython使おうTypeScript使おうが同じ話…

まあ最新の言語はそういう大規模な開発も最初からできるようになっているのだとは思いますが。

たぶん当時COBOLで作り始めた人は銀行のシステムがこんなに巨大になるとは想定してなかったんでしょうね。

 

親鸞聖人生誕850年特別展 親鸞─生涯と名宝@京都国立博物館を観てきた。これはよかった。直筆の教行信証やそれ以外の書も興味深く、承元の法難、善鸞義絶状、恵信尼消息のことも初めて知った。もちろん歎異抄もあってあの有名な部分も読んできた。

久しぶりに京都国立博物館へ。親鸞展を観に来た

20230505-092332 20230505-092421 20230505-111310 20230505-092500

 

 

 

全く浄土真宗のことを知らないので新鮮なことばかり(一応、高校は日本史選択していたのだが、完全に何もかも忘れている)。

特に興味深かったのが、

承元の法難

こんなことあったんだ。。。同じく息子を絶縁した善鸞義絶状。

https://www.shinrankai.or.jp/b/shinsyu/infoshinsyu/qa0308.htm

あと恵信尼消息(奥さんの手紙)があって初めて親鸞が存在することが確定したとか。

http://www.yamadera.info/seiten/c2/esinni_j.htm

それ以外にも親鸞ご本人の直筆による教行信証やその他の直筆の書、写本などでものすごく緻密に研究されていたことがよく分かった。

あの歎異抄もありました。じっくり読んでいた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8E%E7%95%B0%E6%8A%84

すごく見ごたえのある展示でした。

2023年5月 6日 (土)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3をIMAX 3Dで観てきた。面白かった!ロケットの過去に涙…全員に見せ場があるが特にクイルとグルート共闘とソ連の宇宙犬コスモ、Since you've been goneがかかるのが良かった。ところで安達祐実さんが若返って出てたような錯覚が…

せっかくなのでIMAXの大画面(IMAX 3D レーザー/GTテクノロジー)で観ようと109シネマズ大阪エキスポシティまで。

20230506-112653

かなり面白かった!

特にロケットの過去がめちゃくちゃ泣ける…またなんでアライグマというと怒ったりするのかもわかる。

グルートもでかくなって変幻自在で、特にクイルとの共闘シーンがめちゃくちゃかっこいい。

途中でかかるRainbowのSince you've been goneもものすごく好きな曲。

 

あとはつらつらとネタバレにならないような感想を。

・Knowhere(日本語に訳されてなかった)での日常がほのぼの感があってよかった。

・とにかく小ギャグをどんどん挟むのと、懐かし名曲が流れ続けるので飽きない。

・最強の武器ヤカの矢!

・ライカ、いや違ったコスモ(ソ連に宇宙実験させられた犬)がとてもかわいい。

・どんどんカワウソ(ライラ)かわいいというか綺麗に思えてくる。

・そういう意味では金ぴかのウォーロックもか。

・ハイ・エボリューショナリー、悪いやつすぎる…全然サノスの方がいい人。

・ロボコップ

・あれ?TOKYO MERでこの前みたシーンが…

・あれ?安達祐実さん若返って出てる?

 いや Kai Zen (カイ・ゼン)さんだそうです。小さな時からCMの子役やっていたとか。

https://www.imdb.com/name/nm10880565/

https://www.instagram.com/kai_zen_/

 写真で見るとそうでもないけど、映画中はアジア系というか日本人に見えてたりした。

・次回作はあるのかないのか、あってもあの人はでるのかどうなのか。

今年のGWで観た3本(ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー、TOKYO MER、そしてこのガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3)どれも良かった!

2023年5月 5日 (金)

あまがさきキューズモールに子供たちがつくったスイミーこいのぼりが飾ってあった。スイミー、懐かしい!SWIMMY PROJECTというのがあるそうです。

あまがさきキューズモールにて。スイミーは昔、CMでやっていて感動した覚えがある。あれなんのCMだったろう。

検索しても鯉の餌のCMしか出てこない。

20230422-111551 20230422-111554

 

スイミープロジェクトというのはこちら。

http://kobe-swimmy.com/

2023年5月 4日 (木)

劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室を観てきた。良かった…危機→解決?→いや危機→解決?→…の繰り返しのジェットコースター。涼香と音羽さんのシーン他泣けるシーンが多数でエンドクレジットは医療関係者の皆さんに感謝しかない。ジェシーも石田ゆり子さんも杏さんもよかった。

テレビドラマ版はめちゃくちゃハマっていたので映画版もぜひ観ようと観に行った。大入り満員でした。やっぱり人気ある。ザ・スーパーマリオブラザーズムービーと競ってた。

20230504-124604

とにかく最初の空港のシーンから(ギャグとかほっこりシーンははさみながらではありますが)ジェットコースター。

危機→手術→安堵→危機→手術→安堵→・・・で2時間突っ走る。面白過ぎるが疲れた…

泣けるシーンも多くあって、やっぱり涼香さんと音羽さんのシーンが泣ける。「0です!」も!まああんまりネタバレしないようにこの辺で。

ジェシーも最初頼りない役で、、、ああこれもネタバレになるのでやめとこう。よかったです。

杏さんもよかったし、もちろん我々の石田ゆり子様が可愛かった。テレビドラマ版より仲里依紗さんもものすごく可愛かった。

というか全員見せ場あったな。一人ずつ上げていくとネタバレになるので書きませんが、これはすごい。エンドクレジットは実際の救命医療にかかわっている方々の写真で、もう感謝しかないです。

とにかくテレビドラマ版見てた人は行った方がいいです。

 

Powershell(Windowsのコマンドプロンプトの後継)でC#用の数値計算ライブラリMath.NET numericsを使う(1) まずは複素行列の演算(1次方程式、逆行列、行列式)

Windowsのコマンドプロンプトがいつの間にか高機能なPowershellに置き換えていた。これは.NETのライブラリなどを直接呼び出せるらしい。てことは前々からVisual C#やVisual Basic .NETで数値計算ライブラリのMath.NET numericsを使うシリーズをやっているが、Powershellでもできそうだ、ということでトライ。以下のページを全面的に参考にしました。

PowerShell for Math.NET Numerics

ただ、

Install-Package -ProviderName NuGet -Name MathNet.Numerics

でインストールしようとしたら固まる(めちゃくちゃ遅くて動かない)…
なので別の方法、コマンドライン版のnuget.exeを使うことにする。
.\nuget.exe install MathNet.Numerics
これは一瞬で終わる。
MathNet.Numerics.5.0.0というフォルダができ、その下のlibに何種類かある。今回はnet48の下のdllを使おう。

まずはC#でも最初にやった複素行列の演算。こんな感じで。Visual Studio Codeを使うのが便利。

Powershell_matrix01 これを実行すると以下のようにC#の結果と同じになった。

Powershell_matrix02

もうなんかC#もVisual Basicもちょっとした計算にはいらない気がしてきた... 
グラフも描けそうなので次はFFTでもやってみる。

※テキストでのコード:
Add-Type -Path .\MathNet.Numerics.5.0.0\lib\net48\MathNet.Numerics.dll
$MATRIX = [MathNet.Numerics.LinearAlgebra.Matrix[Numerics.Complex]]
$VECTOR = [MathNet.Numerics.LinearAlgebra.Vector[Numerics.Complex]]

$a = $MATRIX::Build.Dense(3,3)
$a[0,0] = 2.0
$a[0,1] = 1.0
$a[0,2] = 1.0
$a[1,0] = -1.0
$a[1,1] = 1.0
$a[1,2] = -1.0
$a[2,0] = 1.0
$a[2,1] = 2.0
$a[2,2] = 3.0

$b = $VECTOR::Build.Dense(3)
$b[0] = 2.0
$b[1] = 3.0
$b[2] = -10.0

$x = $a.Solve($b)
[Console]::WriteLine($x)
[Console]::WriteLine($a.Inverse())
[Console]::WriteLine($a.Determinant())


2023年5月 3日 (水)

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(吹き替え版)を観てきた。面白かった!武闘派のピーチ姫が峰不二子のよう。マリオのラストバトル前のシーンにはホロリ…そしてラストバトルはあれを持ってくるのか!最後の最後に映るあれで映画館内の子供たちが一斉に叫んだのも面白かった。

字幕版と吹き替え版えで脚本が違うというのを聞いたがまずは多くの映画館でやっている吹き替え版から。

ジャンプするところとか本当にゲームをやっている感じで、没入感がすばらしかった。

20230503-154311 20230503-154305

今回のピーチ姫が異常に強くてかっこいい武闘派、でもしっかり可愛さを表現していてさすがIlluminationと任天堂のタッグ。なんでキノピオの中にピーチがいるのかという出自の秘密も分かります。

反面、マリオは途中まで親にも見限られていて、ブルックリンにいたときはまあろくな事してないな。

でも弟ルイージのために特訓してかっこよくなっていくところとか、ドンキーコングとの勝負もよかった。ちゃんとゲームの小道具を出しまくりで。マリオカートもいい。バイクに乗ったピーチ姫、峰不二子かと思った。

ラストバトル前のシーンではホロリとさせられたり、そのラストバトルでは最後の最後であれ使うのか!というものでこれもよかった。

クッパのピアノ弾き語りシーンには笑わされるし、ゲームの爽快感と細かいギャグとかのバランスが良くて本当に面白かったです。

音楽もゲーム音楽だけでなく、懐かしい曲が使われているのも(Take on meとか)。

最後の最後のシーンがまた面白かった。子供たちが一斉に叫んでいた。

2023年5月 2日 (火)

京都の河原町・木屋町あたりをものすごく久しぶりに夜歩く。外国人観光客がめちゃくちゃ多い(しかも全員ノーマスク)。コロナ前に戻ったようだ。日本人もマスクしてない人が6割くらいか。

久々に河原町、木屋町あたりを歩いてたら本当に外国人観光客が多いなあと。全員マスクしてないが…

しかしこれはコロナ前と同じくらいいるんじゃないか。京都が賑わうのはいいが、感染爆発とか心配。。。まあ日本人も6割くらいマスクしてないが。5/8以降、どれだけ感染が増えるのだろうか。

 20230502-195057 20230502-195317

2023年5月 1日 (月)

京都府長岡京市下海印寺の小泉川の鯉のぼりを観てきた。

毎年飾られているそうですが、見るのは初めて。やはり鯉のぼりを見るとわくわくする。

20230501-150535 20230501-150549 20230501-150619 20230501-150625 20230501-151038 20230501-151317

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

最近の記事

最近のコメント

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ