« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

宮本むなしでうま辛 牛もつ鍋定食 もつ倍盛り・野菜大盛りをいただく。ピリ辛でとても温まる。〆のラーメンもついてくる。

何年か前に食べて、とても美味しかったので今回も注文。もつと野菜が倍とかにしても以前より少ない…が価格高騰で仕方ないのでしょう。

20240119-184153 20240119-184156

ぐつぐつ煮えた。味は以前と同じくとても美味しい。ご飯1回お替りで止めた(ラーメンがあるから)が、おじや見たいにしてもう一杯行けたかも。もったいない…

20240119-184642

2024年1月30日 (火)

#ポケモンGO 時を超えた旅、完了!サカキのカイオーガに苦労するもゼクロムでギリ倒す。フカマルゲットした。 #ドラクエウォーク 天の箱舟の車両組み立て②完了、ワイトキングがめったに出なくて苦労した…

まずはポケモンGO。何度も中断していた時を超えた旅、やっと終了。長かった…

20240129-190006

サカキのカイオーガのダメージがでかくすぐやられる。お勧めはカミツルギということでやってみたがすぐやられる。

ゼクロムでようやくギリギリ倒せた。報酬は星三つのフカマルでした。

20240129-190108

ドラクエウォークはよみがえれ天の箱舟、車両組立②修復率100%に。これはワイトキングが全然でないので苦労する…

20240129-202246

同じ日に苦労していた2ゲームが完了したのでここに記録を残しておこう。

2024年1月29日 (月)

「成瀬は信じた道をいく」を読んだ。面白かった!私の後輩になった成瀬!ファインマン物理学を読み、一瞬で素因数分解しフレンドマートでバイトする。今回の登場人物は成瀬ガチ勢の小学生、父親、クレーマー、びわ湖大津観光大使、そして最後はミステリ要素あり?

前作、「成瀬は天下を取りにいく」がとても面白かったので続編を楽しみにしていた。

期待以上に面白かった!

20240128-171455

https://amzn.to/47UmWqz

ブックカバーも成瀬仕様でした。

20240128-171424

中表紙はフレンドマートの制服の成瀬でした!

大学に合格し(私の後輩になった!学部もたぶん同じ理学部)、さらに滋賀愛が爆発している!

ファインマン物理学を読み、一瞬で素因数分解をし、線形代数の授業でケイリー・ハミルトンの定理を知って感銘を受けるという理系の人にもハマる描写が面白い。今回は5篇で、内容は

ゼゼカラのコアなファンの小学生が出てくる「ときめきっ子タイム」、受験に向かう娘を心配する「成瀬慶彦の憂鬱」(あかりはディープインパクト…)、フレンドマートでバイトする成瀬とクレイマーの主婦のお話「やめたいクレーマー」、そして成瀬がびわ湖大津観光大使になる「コンビーフはうまい」(なんのゴロなんだ…)、最後は成瀬が書置きを書いていなくなる「探さないでください」。この最後のはミステリ要素というか、あっと驚く真相。でもよく読むと最初からヒントが出ていたという…これまでの4篇で出てきたメンバーも次々(もちろん島崎みゆきも)出てきて成瀬を探すのがよかった。

さらに続編を読みたい。

2024年1月28日 (日)

「法月綸太郎の消息」を読んだ。ホームズ&ブラウン神父、ポアロの数々の作品から晩年の真相を探るメタミステリ2編だが、さすがのマニアックさで私は全くついていけない…あとマツコ・デラックスの声で聞こえていたり。その間の二編の安楽椅子探偵ものは面白かった。

法月さんの深いミステリの知識があればこその2編ですが、海外ミステリにものすごく疎い私は全く分からなかったり。

内容は

綸太郎が挑むのは、ホームズ探偵譚の異色作に隠された作者コナン・ドイルをめぐるトラップ。ポアロ最後の事件に仕組まれた作者アガサ・クリスティーの企み。そして、父・法月警視が持ち込む不可解な謎。ロジックを駆使して名探偵が鮮やかに「真実」に迫る、本格ミステリの純粋かつ新たな魅力に満ちた作品集。 」ということですが、ポアロの話に出てくるある人がマツコ・デラックスにしか思えなかったり!

20240123-201523

https://amzn.to/3tUspzL

ただそのメタミステリの間に挟まれた2編の安楽椅子探偵ものは凝っていて面白かった。

2人が別々の場所で死んでいたが遺書が入れ替わっていた「あべこべの遺書」と

殺していないのに自首してきた男が、そのあとで殺したといった女性が実際に殺された「殺さぬ先の自首」

でした。でも法月警視がなんかうちの親父くらい年取っている感じが切ない…

2024年1月27日 (土)

映画「ゴールデンカムイ」を観てきた。評判通りとても面白かった!とにかくリアルなアクションがすごい!山田杏奈さんの変顔もよかったしアシㇼパのㇼを発音していた。泣けるシーンも笑えるシーンも、チプタプももちろんあり。そして熊が怖い…が狼はかわいい。

原作は一応最後まで読んだくらいのうすーいファンですが、実写化はうまくいかないだろうと思っていた。しかし評判がとてもいいので観に行ってみると、これがめちゃ面白かった!

20240127-132931

まあ登場人物に違和感がない。杉元(山﨑賢人さんかっこよすぎ)アシパ(山田杏奈さんちゃんとㇼの発音してた!。倭人はアシリパと発音してたけど)がそのものにだんだん思えてくる。白石も笑える、さすが矢本さん。

舘ひろしさんはさすがのかっこよさだし、何より玉木宏さんの狂気の演技がすごかった。

そして広大な北海道の雪の中でのアクションが本当にすごい。リアルだった。水に落ちるのは北海道民でもドン引きだって聞いた。

食べ物はチプタプも含め、全部美味しそう。団子も美味しそうだったがあれをリアルでやるとドン引きだ…

序章で登場人物のお目見えのはずだがもうすでにクライマックスのようなテンション。そして泣けるシーンも…

笑えるシーンは劇場全部笑ってたのはすごい。そして1点、エンドクレジットの最後までたたない方がいいです。

続編はいつやるんだろう(というか何本やるのかな)。また観に行きたい。

2024年1月26日 (金)

Pythonの高周波用ライブラリscikit-rfを含んだコードをPyinstallerでEXE化するときFileNotFoundError が出て動かない…が何とかなった。がファイルサイズがでかい…あとspecファイルにonefileしようとしてこれもハマる(option(s) not allowed)が、これは完全に勘違いしていた。

Pythonの高周波用ライブラリにscikit-rfというのがあってとても便利に使っている。

https://scikit-rf.org/

自分で使う分にはいいのだが、人に使ってもらうときにexeファイル化しないとなかなかつらい。特に一切Python使えない人にいろんなライブラリをバージョン合わせてpipしてもらうとかは難しい…

ということでexeファイル化するものを探した。いろいろあるが情報が多いのはPyinstaller。

https://pyinstaller.org/en/stable/#

しかし他のライブラリはうまくいってそうなのにscikit-rfに関する部分だけFileNotFoundエラーになる。

これはどうしたら…と思ったらGitHubで答えられていた。

こちら。specファイルの書き換えが必要です。

FileNotFoundError when I run exe file #276

やってみよう。

こんな簡単なコード(touchstoneファイル読み込んでSパラメータをプロット)で、

Scikitexe03

こういうexeファイルができて

 

Scikitexe02

実行するとちゃんと表示。うまくいった。

Scikitexe01

 

でもSpecファイルを書き換えた後、Pyinstaller main.spec --onefile

みたいなことを書くと

それはnot allowedだというエラーが…なんで?と思ったら、

pyi-makespec --onefile test1.pym

みたいにしてspecファイルを作った時点でもうonefileの部分は書き込まれているので不要でエラーになってました。
これでやっと動いた。しかしこんな簡単なものでも84MBか…

2024年1月25日 (木)

ソースコードという名前のエンジニア向け日本酒が発売、ラベルにコードが書いてある…のをBingのAIチャットに解読してもらった。基本、JavaScriptを難読化していて、+!![]は1、~~[]は0、joinで数字をまとめてfromCodePointでUnicode文字にして出力している。

エンジニア向け日本酒「ソースコード」発売 ラベルには“ソースコード”で隠しメッセージ

という記事を見た。なんだこのラベル…JavaScriptであるということだけはわかるが…

ということでBingのAIチャットに聞いてみた。

javasciriptのこのコードの解説をしてください。
console.log(String.fromCodePoint([!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![],!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![],].join("")))

こんにちは、これはCopilotです。JavaScriptのコードについてお尋ねですね。😊

このコードは、次のような処理を行っています。

  • !![]は、空の配列を論理否定演算子!で二回否定することで、trueに変換します。
  • trueは数値に変換すると1になります。したがって、!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![]1+1+1+1+1+1と同じで、6になります。
  • 同様に、!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![]1+1+1+1+1+1+1と同じで、7になります。
  • [!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![],!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![],]は、[6,7]という配列を作ります。
  • .join("")は、配列の要素を文字列に変換して、引数で指定した文字列(この場合は空文字列)で連結します。したがって、[6,7].join("")"67"という文字列になります。
  • String.fromCodePointは、引数で指定したコードポイントに対応する文字列を返します。コードポイントとは、文字を表す数値のことです。例えば、String.fromCodePoint(65)"A"という文字列になります。
  • このコードでは、String.fromCodePoint("67")という引数を渡しています。この場合、"67"は数値に変換されて67になります。そして、コードポイント67に対応する文字は"C"です。
  • console.logは、引数で指定した値をコンソールに出力します。コンソールとは、ブラウザの開発者ツールにある画面のことです。
  • したがって、console.log(String.fromCodePoint([!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![],!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![]+!![],].join("")))は、"C"という文字列をコンソールに出力します。

このコードは、JavaScriptの特徴を利用して、わざと分かりづらく書かれたものです。実際には、console.log("C")と書けば同じ結果になります。

Sourcecode01

ではこのコードを解説してください。
console.log(String.fromCodePoint([+!![],+!![],~~[],].join("")))

このコードも前のコードと同様に、JavaScriptの特徴を利用して、わざと分かりづらく書かれたものです。次のような処理を行っています。

  • +!![]は、空の配列を論理否定演算子!で二回否定することで、trueに変換し、さらに単項プラス演算子+で数値に変換します。したがって、+!![]1になります。
  • ~~[]は、空の配列をビット単位の否定演算子~で二回否定することで、0に変換します。ビット単位の否定演算子は、数値を32ビットの符号付き整数に変換してから、ビットを反転します。空の配列は数値に変換すると0になり、そのビットを反転しても0になります。
  • [+!![],+!![],~~[],]は、[1,1,0]という配列を作ります。
  • .join("")は、配列の要素を文字列に変換して、引数で指定した文字列(この場合は空文字列)で連結します。したがって、[1,1,0].join("")"110"という文字列になります。
  • String.fromCodePointは、引数で指定したコードポイントに対応する文字列を返します。このコードでは、String.fromCodePoint("110")という引数を渡しています。この場合、"110"は数値に変換されて110になります。そして、コードポイント110に対応する文字は"n"です。
  • console.logは、引数で指定した値をコンソールに出力します。
  • したがって、console.log(String.fromCodePoint([+!![],+!![],~~[],].join("")))は、"n"という文字列をコンソールに出力します。

このコードは、console.log("n")と書けば同じ結果になります。

Sourcecode02

なるほど…というかこれメッセージが現れるだけなのか?とりあえず最初の5文字だけは見えた。瓶がじゃまで…

Congr

Sourcecode03

追記:

Pythonでこの難読JavaScriptのコードを再現するコードを書いて(何をしていることやら)

Sourcecode05

ラベルと見比べた結果、

Sourcecode04

Congratulations!

を繰り返してるな…

…いや違う!

ネタバレは避けるがまだ先があった!

 

ヒントはこれ。

 

2024年1月24日 (水)

富の分布(最初に同じお金を持っていて、任意の2人でじゃんけんで勝った人が負けた人から1つもらうとだんだん指数分布になる)をPythonでGIFアニメにしてみた。

ロボ太さん(渡辺先生)のこの話をみて、

 

奥村先生のこの解説も見たということで、

https://okumuralab.org/~okumura/python/wealth.html

PythonでGIFアニメにしてみた。時間がかかるのでN=100で。

クリックで始まります。確かに指数分布ぽくなる。

Tomi2

2024年1月23日 (火)

茨木市の佐和良義神社でお参り。さわらぎ、と読みます。

南茨木駅から歩いてこちらまで。ここに来るのも久しぶり。

20240120-121704 20240120-121723 20240120-121726 20240120-121735 20240120-121750 20240120-121754 20240120-121844

2024年1月22日 (月)

足の神様 服部天神宮でお参り。巨大な下駄と、小さな下駄が風鈴のようにたくさん飾られていた。

実家に正月に帰ったとき、父親の足が相当悪くなっていた…コロナの後遺症らしい。

気休めにしかならないが、足の神様、服部天神でお参りしてきた。

20240121-124737 20240121-124744 20240121-124804 20240121-124823

 

巨大な下駄と、

20240121-124816

小さな下駄がたくさん。

20240121-124835 20240121-124838 20240121-124921

2024年1月21日 (日)

かつやでかつやのトリプルカツ定食をいただく。豚、鶏、牛が入ってもう何が何だか…かつやらしいトンチキなメニュー。でも美味しいです。

丼にした方が見た目が面白そうだが、豚汁がデフォルトで着くのと、たぶん汁がご飯にしみすぎになる?と思ったので定食で。

20240120-115330 20240120-115332

思っていた以上に何が何だかわからなくなった。親子丼、牛丼、カツ丼が混然と…思いついてもやらないようなメニューだがさすがはかつや。

でも美味しいのは美味しかったです。

 

2024年1月20日 (土)

神田天満宮(寝屋川)でお参り。大阪府天然記念物のクスノキがある。

こちらに来るのも久しぶり。

20240106-155157 20240106-155202 20240106-155217 20240106-155347 20240106-155350

ここのくすの木は大阪府天然記念物だそうだ。

20240106-155355

2024年1月19日 (金)

松屋で炙り十勝豚丼をいただく。香ばしいお肉がものすごい枚数入っていた。これはいいな。

あまり量とか硬さとか期待してなかったけれど、これは枚数がめちゃくちゃ多いし、まあまあ柔らかかった。

香ばしいし、これは美味しい。

20240113-090040 20240113-090044

2024年1月18日 (木)

むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。(青柳碧人さん )を読んだ。面白かった!かぐや姫の設定をうまく使ったトリックとか衝撃の結末のぶんぶく茶釜やわらしべ長者、ループものまでバラエティに富んでいる。

今回、ものすごくバラエティーに富んでいて面白かった。

20240115-181035

https://amzn.to/3vBp1Ko

https://amzn.to/3vyqhOy

内容は

・かぐや姫は、求婚してきた男に無理難題の品物を持ってこさせるがそれがうまいトリックになっていて面白かった。

・ループ物+おむすびころりん

・わらしべ長者、だが途中まで全く意味が分からなかった。最後に「ああ!そういうこと!」と納得

・猿蟹合戦は、、、もう悪役が悪いやつすぎる。

・ぶんぷく茶釜は猿蟹合戦と続き。この真相が一番驚いた。

これはお勧めです。

2024年1月17日 (水)

高周波(RF・マイクロ波・ミリ波・5G)関連ニュース2024年1月17日 IEEE Microwave Magazineの特集は相変化材料(PCM)の高周波応用,Microwave Journalは軍でRFoFが使われる、Wi-Fi CERTIFIED 7™が発表、AkoustisのWi-Fi7用フィルタ、NXPの新ミリ波レーダチップなど。

相変化材料(PCM)は最近ずっと注目している。

https://ieeexplore.ieee.org/xpl/mostRecentIssue.jsp?punumber=6668

GeTeを使ったスイッチやSAWとVO2の組み合わせなど面白い特集。

Microwavemagazine202401

Microwave Journalはレーダとアンテナ特集。

https://www.microwavejournal.com/publications/1

The Role of RFoF in an Autonomous Military Future

RF on Fiberが軍用で使われるとは知らなかった。

F8

iFixitがCES2024での最低の製品を選んでいた。ゼンハイザーのイヤホンは修理不可能とか…

https://www.ifixit.com/News/88815/the-worst-in-show-2024-losers-are-in

Wi-Fi Allianceが Wi-Fi 7を正式発表。

Wi-Fi Alliance®、「Wi-Fi CERTIFIED 7™」を発表

Wifi7

AkoustisのWi-Fi 7用のフィルタが採用になったそうだ。

Akoustis Receives Wi-Fi 7 Design Win from Tier-1 Enterprise Wi-Fi AP Provider

その他、CESに合わせて各社がWi-Fi 7商品を出してる。

MediaTek announces the first wave of Wi-Fi Alliance® Wi-Fi CERTIFIED 7™ Products

Quectel unveils Wi-Fi 7 modules for next-generation connectivity

Samsungは6Gの覇権を狙う…

Samsung Move Hints at 6G Trend Getting Hotter

NXPの1チップミリ波レーダ:

NXP Extends Industry-First 28 nm RFCMOS Radar One-Chip Family to Enable ADAS Architectures for Software-Defined Vehicles

Nxpradar

2024年1月16日 (火)

2024年度大学入学共通テスト 情報関係基礎の魔方陣のプログラムをPythonで書く。宇宙人と宇宙船の問題や、島と妖精のゲームとかいろいろ工夫して興味を引くようなものにしているな。

共通テストの情報関係基礎の問題を見た。

https://www.asahi.com/edu/kyotsu-exam/shiken2024/mondai_day2_r8wv8d72jz/johokankei.html

宇宙人と宇宙船、島と妖精のゲームとかなかなか面白い問題作ってるな。

プログラムは魔方陣を作るもので、これならPythonで簡単にできるというのでやってみた。

例題にあったN=3の結果はこちら。

Pythonmahoujin01

ちゃんと和は一定。

Pythonmahoujin02

N=19でもやってみた。

Pythonmahoujin03

検証用のプログラムも作った。ちゃんと魔方陣ができている。

Pythonmahoujin04

2024年1月15日 (月)

万豚記 京都 錦小路店で麻婆豆腐、肉ミックス(牛・豚・ホルモン)をいただく。土鍋であつあつで、ものすごい肉の量。麻婆豆腐そのものの量もたっぷり。

久々に万豚記へ。麻婆豆腐を頼んだが、以前と比べてパワーアップしていた。

まず土鍋になったのと、トッピングが選べるようになっていた。せっかくなので肉ミックスをいただく。牛・豚・ホルモンがたっぷりトッピングされていた。

20231208-190040

量もたっぷりで、これはかなり満足度高し。ご飯大盛にしてちょうどよかった。

20231208-190041

2024年1月14日 (日)

布施戎神社でお参り。大きなえべっさんの像がある。今朝、ぽのぼの茂で取り上げられていて早速行ってきた。

今朝、TOKIO城島 ほのぼの茂を見ていたら布施のことをやっていた。そういや長いこと行っていないなということで訪問。

20240114-123431 20240114-123513 20240114-124015

ここだ!

20240114-124057

この長い釣り竿をどうやってつくっているかを城島さんが熱く語っていた。

20240114-124111 20240114-124202 20240114-124213

2024年1月13日 (土)

アクアマン/失われた王国をDolby CINEMA 3Dで観てきた。アトラクションのようでいいのだが前作よりスケールダウンかな…ギネスビールとチーズバーガーが観たら食べたくなる…はずがあれはどうなんだとか。ただシン博士はいい役だな。

TOHOシネマズ門真のDolby CINEMA 3Dで観てきた。

20240113-101247 20240113-101257 20240113-101306

プレミアムシートにしました。

20240113-101437

まあストーリーは…あってないようなものというか、ですがアクションがアトラクションのようでそれは楽しい。

赤ちゃんも可愛い。

が、あれはいらんだろう(ってみた人しかわからない)。あれがなければギネスビールとチーズバーガーの売り上げが上がったと思うのだが…

ただ弟がまた活躍したのだけはよかった。あとモモア専用栄養士がいたのもエンドロールで観て笑った。

2024年1月12日 (金)

東照山 大仙寺(兵庫)で墓参り。祖母のお墓がある。

実家に帰っていたのでここで墓参り。

20240108-160210

まあまあすごい坂を車で登らないといけない(狭いし)。

20240108-160217 20240108-160257

タヌキの置物がたくさんありました。昔はなかったな。

20240108-160308 20240108-160826 20240108-160829

2024年1月11日 (木)

正月実家に帰っていたのでもう売ってなさそうな物理の本を見る その2 シッフ、メシア、朝永振一郎さんの量子力学、最近復刻したノイマンの量子力学の数学的基礎、ランダウリフシッツ統計物理学など。シッフのを見てシュレディンガー方程式を解いてGIFアニメにしたり。

前回に引き続き今回は主に量子力学編。シッフ、メシア、朝永さんの量子力学はそれぞれ特色があって面白い。が、一番読んだのはJ.J.サクライの現代の量子力学。

20240108-142442

ノイマンの量子力学の数学的基礎は最近新装版が出ましたが、これは当時から古書店で買った年代物。

https://amzn.to/3vqSxm1

ランダウ・リフシッツの統計物理学も。

で、シッフの本で手書き?でシュレディンガー方程式の波束の散乱の話が出ていて、それをExcel VBAで計算してみたことも。

時間依存シュレーディンガー方程式(波束のトンネル効果)をExcel VBAで計算(ルンゲクッタ8次)してGIFアニメに。

クリックでGIFアニメが始まります。

Tunnel

2024年1月10日 (水)

2024年京都 八坂神社でお参り→祇園えべっさんのパレード(蛭子船巡行)を見る。

今年初めて八坂神社でお参り。

20240109-145553 20240109-145613 20240109-145829 20240109-145830 20240109-145833

で、出たところで偶然、祇園えべっさんの巡行に出会う。

20240109-150159 20240109-150201 20240109-150227 20240109-150244 20240109-150303

これは幸先がいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年1月 9日 (火)

正月実家に帰っていたのでもう売ってなさそうな物理の本を見る その1(シナジェティクスの基礎、協同現象の数理、相転移と臨界現象、相転移の統計熱力学、非平衡系の秩序と乱れ、ロシアのせいでこっちの印象が薄らいだプリゴジンの構造・安定性・ゆらぎ)

正月に実家に帰っていたので、自分の部屋にあった学生時代の本をパラパラ見ていた。

多分もう売ってなさそうだなーと思う本で相転移とか協同現象を扱った本を第一弾として。

20240108-143318

この中では相転移と臨界現象が、繰り込み群以前の話を勉強するのに使っていたのと、当時ちょっとシナジェティクスのオレンジの本がずらっと書店に並んでいたことがあったが、今は一切見ないので懐かしくなって。この本に書いてある反応拡散方程式ものはよくシミュレーションの勉強につかっていたりする。

ギーラー・マインハルト方程式というのを知ったのもこの本。

https://koji.noshita.net/materials/compbio/compbio2018/11/11_dist.pdf

そして構造・安定性・ゆらぎは…あのロシアのプリゴジンのせいでこっちの印象が薄れてしまったのに憤慨していたという…

 

 

2024年1月 8日 (月)

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人 (東野圭吾さん)を読んだ。武史は阿部寛さんがしゃべっているようにしか思えなく(風貌違いますが)。コールド・リーディング、盗聴、スマホすり替えの何でもありの元マジシャンがコロナ禍に苦しむ町で自身の兄の死の謎を解く。

阿部寛さんはもう加賀恭一郎を演じているのでこれはないだろうが、途中から探偵役の武史が阿部寛さんがしゃべっているとしか読めなくなっていったという…ものすごく映像化はやりやすそうなのだが、誰が武史を演じるのだろうとか早くも思ったり。

20240107-161235

https://amzn.to/4aJUMB7

あらすじは

「結婚を控えた神尾真世に「父が殺害された」と警察から連絡が入った。真世は仕事と結婚準備を抱えたまま、寂れた故郷へ降り立つ。そこは人が滅多に訪れない小さな観光地で、ようやく射した希望の光すら新型コロナウイルスの蔓延により奪われた町だった。殺害現場となった実家に赴くと、警察官ではない、謎の人物が入り込んでいて――。真っ当ではない手段も厭わない、破天荒な”黒い魔術師”が犯人と警察に挑む!」

ということですが、その謎の人物が真世の叔父で殺された父の弟、武史。アメリカでマジシャンとして活躍していたが、なぜか帰国し、その過去に触れられたくない模様。

その武史が口車、というかコールドリーディングを駆使し関係者にしゃべらせ、盗聴器をあちこちに仕掛け、刑事のスマホを素早くすり替えて情報を得たりする。帯に書いてあるように謎解きのためなら手段を選ばずという探偵は今の時代にあっていると思う。

殺された父は教師で、真世も教えられていた。その真世の同級生たちの中に犯人がいるのか?それとも…という謎と幻ラビ=幻脳ラビリンスという架空のアニメ化もされた大人気コミックがどうかかわるか、そしてドラえもんまで関わり、最後の外連味たっぷりの謎解きも面白い。続編もすぐでるということでそれも読む。

しかし幻ラビ、誰かコミカライズしないかな…

2024年1月 7日 (日)

20240107は素数。2024年1月はこの日のみ素数(素数(素因数分解)カレンダーをPython in Excel (PY関数を使うとExcelのセルにPythonプログラムがかける)で作成)

以前、

Python in Excel(PY関数を使うとExcelでPythonコードがかける)を使う(その3)20231017は素数なので、素数(素因数分解)カレンダーを、SymPyで素因数分解してデータ並び替え、Excelで積み上げ棒グラフにしてプロット。Pythonで積み上げ棒グラフは面倒なのでこれは楽。

というのをやってみたが、2024年1月はどうなるか見てみた。

結果はこちら。

Primenumbercalender202401

今月は20240107のみが素数です。

Pythonプログラムは

import numpy as np
import sympy
import matplotlib.pyplot as plt

p_all = []
d = range(20240101,20240132)
for i in d:
  p = [i]
  for key, value in sympy.factorint(i).items():
    for j in range(value):
      p.append(key)
  p_all.append(p)
p_all

とSymPyを使えば非常に簡単にできるが、積み上げ棒グラフに数字を書いたりするのがめんどくさいのでそこはExcelでやっている。

 

 

 

2024年1月 6日 (土)

2024年のマグロの初競り価格は1億1424万円、1999年からの価格の推移をリニアスケールとログスケールでプロット。2036年までの予測をExcelの予測ツールでやってみた。

毎年やっているマグロの初競り価格プロット。

今年は1億1424万円で4年ぶりに1億円を超えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5e359c4191297ed9f9a6dffa846d16bf2f0f0e8

まずリニアスケール。

2024linear

ログスケール。

2024log

割ときれいな振動をしているのでExcelの予測ツールで2036年まで予測してみた。7年周期でピークがある。

まあさすがにここまでは上がらないだろうが…

2024

2024年1月 5日 (金)

2024年は伊勢神宮(内宮から歩いて近鉄宇治山田駅まで)みやげセンター王将、箕曲中松原神社、沢村栄治の像を見る。

内宮でお神酒も買って今日の業務は終了。

みやげセンター王将には初めて入ってみた。なかなか美味しそうなものがいろいろ。

20231229-143716 20231229-143730

宇治山田駅の近くの箕曲中松原神社でお参りし、

20231229-152718 20231229-152727 20231229-152733 20231229-152835 20231229-153056

沢村栄治の像を見てきた。この辺り出身だそうです。

20231229-153155 20231229-153159 20231229-153202

2024年1月 4日 (木)

2024初詣は伊勢神宮(最後に内宮へ)毎年恒例でお神酒を買うが、値上げ無しの1000円のままでした。

実は2024初詣ではなくて、2023年の年末に行っていたのだった。ただしそれでもすごい人出。もし本当に正月ならこんなもんじゃないでしょうが…

20231229-133910 20231229-133931 20231229-134131 20231229-134136 20231229-134141 20231229-134315

で最後に正宮でお参りして、お神酒を買った。値上げなしの1000円でした。

20231229-134837 20231229-134841

2024年1月 3日 (水)

Scratch(プログラム言語)でさや香のネタ、見せ算の1桁の計算を20回やってタイムを競うものを作ってみた。Web版が人気なので全くの二番煎じですが…

見せ算、このWebがものすごく早くできてきて人気。

https://gamein.enigmahouse.jp/g/sprint-answer/misezan

今日たまたままたScratchでいろいろ遊ぶのをやりだしたので、二番煎じではあるがリハビリも兼ねて似たようなものを作ってみた。

これです。

https://scratch.mit.edu/projects/945968855/

Scratchmisezan_20240102215901 Scratchmisezan2

吹き出しが重なるので猫の位置関係が漫才っぽくなくなった…なんか方法あるのかな。

Web版と違って入力後にエンター押す必要があるのでタイムは遅くなるかも。

 

過去のもの:

M-1グランプリ2023でのさや香の決勝ネタ、見せ算が計算できる自作式をカシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP!ただ特殊例がネタででてきたものしか対応してない…誰か厳密な演算規則を作ってほしい。165と392とかどうなるの?

ExcelのLAMBDA関数を使って見せ算関数(さや香の2023 M-1決勝ネタ)を作る。基本、=見せ算(x, y)のような形で計算するが、第三引数を付けて =見せ算(x, y, 美女)とすると大学院レベルの計算になる!Excel LabsのLAMDAエディタ、進化してLAMBDAと書かなくていい

 

2024年初詣は伊勢神宮(外宮から歩いて内宮へ)古市参宮街道を歩き、長峯神社→ジブリのような麻吉旅館→浅香つゞら稲荷→月読宮→猿田彦神社→さるめ神社へ。

今回は古市参宮街道を通って外宮から内宮まで歩く。

20231229-120224 20231229-120523 20231229-120648

長峯神社。

20231229-120945 20231229-121016

麻吉旅館。千と千尋の神隠しのようだ。

20231229-121340 20231229-121350 20231229-121356 20231229-121358 20231229-121420 20231229-121440 20231229-121451

階段を降りると浅香つゞら稲荷。

20231229-121612 20231229-121616 20231229-121634

そして月読宮。

20231229-130103

4つ宮があって順番があるのだが間違えていた…

20231229-130253 20231229-130255

そして猿田彦神社へ。

20231229-131916 20231229-132446

さるめ神社。

20231229-132513

新海誠監督も奉納されていた。

20231229-132726

ではようやくここから内宮へ(続く)。

2024年1月 2日 (火)

ものすごく久しぶりにScratch(プログラム言語)を使って、辰年ということでドラゴンカーブを描いてみる。再帰も使えるというのを知らなかった!奥村先生のPythonプログラムがそのままScratchに移植できた!知らない間に進化してる。

辰年ということでドラゴンカーブを描いてみようと思ったが、PythonとかJavaScriptだとありきたり…

ここは久しぶりにScratchでやってみよう。

元ネタは奥村先生のこれ。

https://okumuralab.org/~okumura/python/dragoncurve.html

再帰をどう処理しようかなと思っていたら、

なんと普通に再帰使えるということを知った。知らなかった…

https://en.scratch-wiki.info/wiki/Recursion

だったらPythonプログラムほとんどそのまま移植できるじゃないかということでやってみた。

こちら。

https://scratch.mit.edu/projects/945902396/

画面はこんな感じで、

Scratch_dragoncurve

GIFアニメにもしてみた(クリックで始まります)。

Scratchdragoncurve

長い間触ってない間にいろいろ知らないことが増えてるので、ちょっとまた何かやってみたい(続く)

2024年初詣に伊勢神宮へ(まずは外宮)。外宮前にはポケモンのマンホール(リーシャンとミジュマル)がある。

外宮前のバス停のところにポケモンマンホールがあります。

20231229-112540

で外宮まで。

20231229-112753 20231229-112953 20231229-113129

正宮でお参り。

20231229-113219

毎年撮影しているパワースポット?

20231229-113503

そしてここから内宮まで行くが、今年はちょっと違うルートで(続く)。

2024年1月 1日 (月)

2024年明けましておめでとうございます。今年の年賀状の辰はBingのImage Createrで日の出をバックに天に登る姿を描いてもらった。

年賀状に載せる写真は、毎年その干支にちなんだ神社仏閣で写真を撮ったものを使っていたが、

今年は生成AIに作ってもらった(行っている暇がなかった…)まあまあイメージしていた絵になったかな。

Oig1 Oig4 Oig2 Oig3

 

 

 

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

最近の記事

最近のコメント

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ