文化・芸術

2020年9月 5日 (土)

よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-@奈良国立博物館を観てきた。太古のすごい技術が現代でも作れるというのがうれしくなる。明日9/6まで。

行こう行こうと思っていたが、終了間近でようやく観に行けた。とても面白かった。

特に5弦の琵琶。材料から今では入手が困難(ウミガメの甲羅とか)なものをそろえ、科学的にも分析し現代に模造品を作るというもの。

しかももはや5弦の琵琶は現存してないので、調律すら不明だとか。

なら仏像館も同じチケットで入れるのでお得。明日までなのでぜひ。

20200905-152508 20200905-152512 20200905-162014 20200905-164643 20200905-162009

 

よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-@奈良国立博物館を観てきた。太古のすごい技術が現代でも作れるというのがうれしくなる。明日9/6まで。

行こう行こうと思っていたが、終了間近でようやく観に行けた。とても面白かった。

特に5弦の琵琶。材料から今では入手が困難(ウミガメの甲羅とか)なものをそろえ、科学的にも分析し現代に模造品を作るというもの。

しかももはや5弦の琵琶は現存してないので、調律すら不明だとか。

なら仏像館も同じチケットで入れるのでお得。明日までなのでぜひ。

20200905-152508 20200905-152512 20200905-162014 20200905-164643 20200905-162009

 

2020年8月23日 (日)

マンモス展@大阪南港ATCへ行ってきた。頭部冷凍標本がすごかった、、、それ以外にも仔ウマの冷凍標本とかいろいろ。

最初に大阪コロナ追跡システムへの登録をお願いされます。

やはり人はそんなには多くないのでゆっくりと見られるのは助かる。

今回初公開の冷凍標本がマンモス以外にもあってなかなか興味深い。仔ウマは舌まで残っていたとか。

20200822-122306 20200822-121702

鼻もそのまま残っていた。

20200822-121730 20200822-121825

そして、、、今回の目玉は頭部の冷凍標本。目とか耳とかがまさに生きているそのままですごかった。。。

ただし撮影禁止。代わりにATCに置いてあったレプリカを。

20200822-123934

全体の像が最後にある。

20200822-122052

思っていた以上に頭部がすごくて面白かった。機会があればぜひ。

2020年8月16日 (日)

へえ!2021年に中之島に大阪中之島美術館ができるのか!国立国際美術館、中之島の香雪美術館、大阪市立科学館とともに中之島は文化の街になるなあ。

先日、国立国際美術館へ行く途中で見つけた。本当に国立国際美術館のお隣にできるよう。

20200813-130455 20200813-140559 20200813-141319

国立国際美術館、中之島の香雪美術館、大阪市立科学館とともに中之島は文化の街になるなあ。なんか意図があるのかな。

2020年8月14日 (金)

ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ展&越境する線描 コレクション1@国立国際美術館を観てきた。うさぎを記述するひさしと団扇が面白かった。

コロナ禍になってからここに来るのも数か月ぶり。ヤン・ヴォーという人について全く予備知識なくやって来た。

20200813-130631 20200813-130938 20200813-135435

すごい名前だな、とおもったけど鏡文字というか回文になってるんですね。あ、それで鏡を使った作品が多かったのか。

正直、よくわからないものも多かったですが、鏡と壊れたような像はなかなか面白かった。

それとコレクション展もやっていて、そこの床にひかれた巨大な黒板にチョークでうさぎについて記述する展示(動画)が面白かった。

うさぎと団扇という作品。

https://www.omotenobutada-photography.jp/gallery/472

あとどう説明したらいいかよくわからないのですが、ヴォルスの版画作品集が面白かった。これは何が、とは言いにくいですが観てもらえば。

 

2020年7月25日 (土)

フランス絵画の精華 ルネ・ユイグのまなざし -大様式の形成と変容@大阪市立美術館へ行ってきた。コロナ禍が始まってから4か月くらいぶりに美術館へ行けた。良かった。

月二回くらいのペースで美術館に言っていたのですが、コロナが流行し始めてから全く行く機会がなく寂しい気がしていた。

まだ終息しているわけでもないが、気晴らしに4か月くらいぶりに美術館へ行ってきた。まずは大阪市立美術館だ。

フランス絵画はこういう気がめいっているようなときにぴったりで、絵を観たなあ!という気分にさせてくれる。

もちろん入るときは体温チェックはあるし、学芸員さんたちがカードを持ってしゃべらないように、と距離をあけて、と常に注意を向けている。

それでもやはりストレスが発散された。文化に触れられずに気がめいっている方は気を付けながら行くのがお勧めです。

20200724-133618 20200724-133707 20200724-133831 20200724-140433 20200724-140457

2020年2月29日 (土)

リニューアルされた神戸市立博物館で「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」を観てきた。竹中工務店って東京タワーや梅田スカイビルも作ってたのか。佐川美術館も。3/1までなのでお早めに。

リニューアルオープンした神戸市立博物館へ行ってきた。最初の特別展が絵画などじゃないのはかなり珍しいのでは。

20200228-115330 20200228-115341 20200228-124456 20200228-123941 

最初のほうの正福寺本堂の屋根の復元模型はすごかった。3DスキャナやCGで検証はするが、最後はやはり職人さんの加工精度で組み立てるという。

https://kobe.keizai.biz/headline/3268/

そして東京タワー、東京ドームなどをどう作ったかも面白い。特に梅田ツインビルの真ん中はリフトアップ工法で持ち上げたとか。

昔の設計図は青い紙に書かれていたのを見て、まさに青図だなと思ったり。

そして私が好きな景色の佐川美術館も竹中さんだったとか、いろんな建物をいろんな工法で手掛けられているのをみて大変面白かった。

最後の方の神戸の復興の写真にはちょっと泣けてきた、、、よく復活したなと。

3/1までなのでお早めに。

 

2020年2月 9日 (日)

カラヴァッジョ展@あべのハルカス美術館を観てきた。よかった!けど2点の目玉作品が出展できなくなったということなのでご注意。

あべのハルカスそのものに行ったのが初めて。でこの美術館へ行ってきた。

20200208-145720 20200208-145654 20200208-145649 20200208-153629

恥ずかしながらカラヴァッジョそのものを知らなかった、、、がものすごく陰影がはっきりしていて立体的で描写がリアルで一発でファンになった。

ただ、結構カラヴァッジョ自体の作品が少ない(同時代の作家の作品が多い)のでそこは残念。

”「ホロフェルネスの首を斬るユディト」および「瞑想するアッシジの聖フランチェスコ」は、イタリア側の手続き上の問題などにより展示できなくなりました。”

ということでそれは観たかったなあと(入る前に何回も念を押されます)。

でも法悦のマグダラのマリア は展示されてますし、首切られるより歯を抜かれる絵の方がいたそうだったり。

 

2020年2月 2日 (日)

ゴッホ展@兵庫県立美術館を観てきた。よかった!ゴッホとスヌーピーのコラボぬいぐるみ買った。

しばらく見ないうちにかえるが復活していた。

20200201-170159

ゴッホが同時代の画家にどう影響を受けているか?というのがわかる興味深い展示でした。

いきなりあの画風になったわけでなくて、模写や影響から変わっていったことがわかる。

20200201-170328 20200201-170332 20200201-170547 20200201-170324  20200201-170341 20200201-170632 20200201-170612 

でおみやげはスヌーピーのぬいぐるみ。1人で買える制限があるので、チケットの裏にハンコが押される。びっくりした。

 

20200201-20472120200201-204846

2019年11月16日 (土)

仏像 中国・日本@大阪市立美術館を観てきた。潜伏キリシタンのマリア観音ってのがあるのか!

最初の展示、小さな男子立像がまさにフィギュアで面白かった。

どの仏像も興味深く、おおー、と思って見てたのですが中でも全く知らなかったのが

潜伏キリシタンが持っていたマリア観音。なるほど日本人の、仏像とキリストを合体させるという

工夫がみられて面白かった。

20191116-155252 20191116-155307

 

より以前の記事一覧

最近のコメント

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ