文化・芸術

2021年1月11日 (月)

文化財修理の最先端@京都国立博物館 平成知新館を観てきた。あの騎馬武者像(足利尊氏じゃなかった)の裏で弓の下絵があったり、絹を古くするのに電子ビームを使ったり、と知らなかったことがたくさん。国宝の五智如来坐像はすごい迫力。丑づくしも。

ここは予約は不要でした。あまり派手な宣伝などはしないで、今あるもので何とかいい展示をしようという

心意気が感じられてよかったです。ものすごく展示の数は多いけれど、人はものすごく少なくてゆっくり見られる。

ただ、ゆっくり見すぎると結構疲れるので、体調整えていくのがいいかも。

20210110-154853 20210110-142910 20210110-142928 20210110-143242

騎馬武者像が、昔は足利尊氏だと学校で習っていたのがひっくり返った、その絵がありました。

裏を見ると、弓の下絵があったり。

ただ、掛け軸については用語の予備知識があったほうがいいかも。私はなかったのですぐ検索した。

https://kakejikuya-nagoya.jp/yougo/

あと、絹を古くして修復するのに電子ビームつかうとかも面白かった。

膠が50年くらいしか持たないとか、いろんな知識も仕入れられた。そしてやはり1Fの仏像のコーナーは迫力がすごい。

丑づくしのコーナーも入って700円の入場料とお得です。ゆっくり見られるし。

2021年1月10日 (日)

つなぐ TSUNAGU―THE POWER OF KOBE CITY MUSEUM@神戸市立博物館を観てきた。栗花落(鬼滅の刃のカナヲの苗字)が神戸に実際にあって、かつその由来に驚く。また伊能忠敬の北海道地図の正確さにも。予約制でものすごくすいていました。

予約制でメールアドレスを登録する必要があります。そのおかげか、ものすごく人が少なくて全く密にならないでゆっくり見て回れました。

栗花落っていう苗字が実際に神戸にあったのを知って驚く。ただ、読み方はカナヲのつゆり、じゃなくてつゆ、でした。

20210109-145449 20210109-140954

伊能忠敬の北海道地図もあったが、めっちゃ正確。昔の世界地図では日本が三角形でZimpaguになっていたが、、、

20210109-141014 20210109-143206 20210109-140724

こんなにゆっくり見て回れたのは久しぶりでよかった。ただ、もう緊急事態宣言が出そうなのでぜひ行ってとは言いにくいですが、、、

2021年1月 4日 (月)

善峯寺でお参り2021。景色がすごい。しかし下からずっと徒歩で登っていったのでさすがに疲れた、、、

そういや善峯寺には1回しかいったことないな、と思い立って訪問。

下から、というかはるかかなたの自宅から歩いて行った。かなり登るので最後はへろへろになった。。。

20210102-142754 20210102-142931

日本一の松がある。

20210102-143318 20210102-143404 20210102-143517 20210102-143544

ああ、松の日本一って横に伸びるほうか。

20210102-143553 20210102-143602

幸福を招くお地蔵さんがある。

20210102-143937 20210102-143942

登るだけあって、景色はどんどん壮大になっていきます。

20210102-144054 20210102-144122 20210102-144313 20210102-144328 20210102-144812 20210102-144820

ここからまた徒歩で帰る。疲れた、、、

2020年11月29日 (日)

天平礼賛@大阪市立美術館を観てきた。紫紙金字経がとてもきれい。

非常に人が少なく、ゆっくりと見て回れた。

紫紙金字経や紺紙銀字がとても綺麗で、かつすごく綺麗な字が書かれていて素直にすごいなと思った。

20201128-162039 20201128-152633

20201128-162018 20201128-162020

最後の方の仏像の後ろを見てちょっと笑ったり。

そして新世界を突き抜けて帰ってきました。人出はやはり少なかったですね。

(私もどこにも寄ってない)

20201128-162623 20201128-162106 20201128-162555 20201128-162647 20201128-162659 20201128-162722

2020年11月 7日 (土)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展@国立国際美術館へ行ってきた。ローチケで予約しても入るまで長蛇の列だったが、入ったら実は結構ゆったりと観られるのでとてもよかった。ゴッホ、フェルメール、レンブラントなどの日本初公開の絵画が一杯で満足。ただポリュフェモスを嘲るオデュッセウスの巨人はどこ?

チケットは基本、当日券は売ってなくてローソンチケットで買うことになっていたので結構安心していたら、

大勢の人が並んでいて長蛇の列。予約時間になるまでは入れないことを厳密に守っている。中は大混雑?

と思ったらそうやって厳密に時間管理をしているおかげで混雑もなく、ゆったりと観られた。

やはりゴッホのひまわり(署名がある)や、フェルメールのヴァージナルの前に座る若い女性(その楽器初めて知った)、

レンブラントの自画像、ルノワールの劇場にて(初めてのお出かけ)(これめっちゃかわいらしかった)などなどいろんな絵が観られて

満足でした。

20201106-114911 20201106-120241 20201106-120638 20201106-120658

しかし!

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス》

という絵の巨人がどこにいるかわからない!!!!しばらくずっと見ていた。なんとなくここかなー、とわかったくらい。

 

2020年10月31日 (土)

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展@兵庫県立美術館へ行ってきた。コロナ禍の中、たくさんの感じのいい洋服やデザインが並び、明るくなる展示でした。フィボナッチ数列を基にした建物もあったり。そして女性比率がメチャ高い。

全く予備知識なく行ってきました。ただチケットが予約制でE-Ticket(QRコード)じゃなくて紙で(ローソンなどのLoppi)で持って行かないといけないのがちと不便でしたが。

ただ、内容はとてもよかった。とにかく明るくなる。華やかな洋服や生地、デザインが並んで楽しい。

最初のタンバリンの刺繍から、続く壁一面の服でおおっ!と思わず思ったり。

 

20201031-130627 20201031-131128 20201031-131623 20201031-131703 20201031-131129 20201031-133320

これがフィボナッチ数列を基にしたというshell house。

20201031-133509 20201031-133508

この言葉いいなあ。

20201031-133615 20201031-133524

 

20201031-133545 20201031-133552 20201031-130156 20201031-130144

そして内容からもわかるように女性、しかもかなりおしゃれな女性比率めちゃくちゃ高かったです。

 

 

2020年10月25日 (日)

バンクシー展 天才か反逆者か@大阪ATCギャラリーへ行ってきた。面白かったが、来場者がみんな写真を撮って展示から距離を取るので全く歩けない状態になったり。

大阪南港のATCでやってるバンクシー展へ行ってきました。なかなか面白かった。

写真撮影OKということなので撮って来た写真の一部を。

20201024-125208 20201024-125344 20201024-125354 20201024-130437 20201024-131414 20201024-130834 20201024-131923 20201024-132245

この2つが好きだなあ。手りゅう弾(火炎瓶?)の代わりに花束を投げるのと、ミッキーとドナルドが、、、というやつ。

20201024-132400 20201024-132518

そしてチャーリーブラウンが、、、なにやらしてんだ。

20201024-132809

やはり赤い風船と少女の絵は印象的。

20201024-132941 20201024-132917

最後:

20201024-133051

すごく面白かったんですが、撮影OKなので、来ている人がみんな写真を撮るのに少し距離を置いて立つじゃないですか。そうすると通路の真ん中に人が集まる形になりますよね。で、撮影の前を横切るのもなんなので、、、ということで全く動けない状態に、、、

人の数以上に動けない展覧会でした。

2020年10月18日 (日)

皇室の名宝@京都国立博物館を観てきた。さすがに皇室はすごいお宝を持ってるなあ。伊藤若冲の鶏にくぎづけになったり。

雨の中行ってきました。予約が必要です。

20201017-142859 20201017-142935 20201017-143019 20201017-143228

予約が必要で雨なんで人少ないかな?とおもったけれどめちゃくちゃ多かった。

しかも動かないし喋っている人が多すぎる、、、みんな最近油断してんじゃないのコロナに。

まあそれはそれとして内容は豊富で、あの蒙古襲来の絵図とか、伊藤若冲の鶏とか様々なものがあった。

さすがに皇室。

 

2020年9月 5日 (土)

よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-@奈良国立博物館を観てきた。太古のすごい技術が現代でも作れるというのがうれしくなる。明日9/6まで。

行こう行こうと思っていたが、終了間近でようやく観に行けた。とても面白かった。

特に5弦の琵琶。材料から今では入手が困難(ウミガメの甲羅とか)なものをそろえ、科学的にも分析し現代に模造品を作るというもの。

しかももはや5弦の琵琶は現存してないので、調律すら不明だとか。

なら仏像館も同じチケットで入れるのでお得。明日までなのでぜひ。

20200905-152508 20200905-152512 20200905-162014 20200905-164643 20200905-162009

 

よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-@奈良国立博物館を観てきた。太古のすごい技術が現代でも作れるというのがうれしくなる。明日9/6まで。

行こう行こうと思っていたが、終了間近でようやく観に行けた。とても面白かった。

特に5弦の琵琶。材料から今では入手が困難(ウミガメの甲羅とか)なものをそろえ、科学的にも分析し現代に模造品を作るというもの。

しかももはや5弦の琵琶は現存してないので、調律すら不明だとか。

なら仏像館も同じチケットで入れるのでお得。明日までなのでぜひ。

20200905-152508 20200905-152512 20200905-162014 20200905-164643 20200905-162009

 

より以前の記事一覧

最近の記事

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト
無料ブログはココログ